「バッハ大先生」への想い

図書館で借りてきた、バッハの「クリスマスオラトリオ」のCDを聴きながら今日の記事を書いてます。
仕事が一年で一番忙しい時期に入り、体調もいまいち優れなくて(年齢的なもののようですのでご心配なく。
でも永遠の20代なんじゃ?という突っ込みはナシでお願いしますよ・笑)、クリスチャンと言うのにクリスマスを待ち望む心の余裕もなかなか持てないので、せめてこうやってムードを高めていかないとね。

恥ずかしながら、クリスマスオラトリオって全曲通して聴くのはこれがはじめてかも。
教会の奏楽者というとこういう宗教音楽に精通しているようなイメージがありますが、実際教会でバッハの賛美歌を歌ったり弾いたりする機会ってあまりないのですよ。(少なくともタワシが今まで所属したことのある教会はどこも、パイプオルガンはもちろんのこと、いわゆるチャーチオルガンもなくて、逆に(?)ドラムやベースやキーボードなどを使っていイマふうの賛美を捧げているのが普通でした)

こういう曲を聴こうと思うようになったこと自体、タワシ的にはちょっとした変化です。
「バッハとの距離」が近くなったことの表れかなとも思います。

タワシにとってバッハはずっと「尊敬する作曲家」の筆頭だったことは確かです。
まさに「バッハ大先生」!
彼の作品の量と質、その引き出しの豊かさを思うとき、「人間ワザじゃないよ~」といつも思います。
でもそれゆえに敷居の高い存在であったのも、また確か。
しかも以前のタワシはとにかくロマン派の音楽が好きで好きな「ロマン派偏愛」人間だったので、バロック音楽と言えば有名曲を中心にたまに聴くという程度でした。
そして自分で弾くのはもっと敬遠してました。ポリフォニーをちゃんと美しく弾けるなんて「特殊な能力」としか思えなかった。

変わったのは、やはりネット上、あるいはリアルでのピアノ仲間との交流のおかげです。
特に「れんしうかい」に行く度に、オショーズ(お師匠様s)が本当に楽しそうにバロック音楽を弾くのを目の当たりにして、バロックって意外といいな~、と思うようになってきました。
「バロックの花束」コンサートに参加したのも大きかったですね。
タワシが弾いたのはバッハの曲ではなかったけど、バロックとの距離が近づけば、当然バッハも以前より親密な作曲家になってきますよね。

ただ・・・どうしても弾く気になれないのがインベンションなんです。
タワシの練習曲(=ハノンやチェルニーなどの機械的なエチュード)への苦手意識(というか嫌悪感?)は尋常じゃないのは皆さんご承知のとおりですが、タワシの中ではどうしてもインベンションがその系列に思えてしょうがないのですよ。
もちろん聴く分には平気です。いくつかの曲は音楽的にもホントに美しいと思います。でも自分で弾く気にはやはりなれません。
今インベンションに取り組んでいる、あるいはこれから弾こうとしているお友達には「タワシの分まで頑張ってね~」と心からエールを送ります(笑)

前回のシューイチで1番をアップした「6つの小前奏曲」は、せっかくの機会ですから残りも真剣に取り組んでみたいなと思います。
もちろん他にも初級~中級の入り口あたりのレベルで弾ける曲がまだまだたくさんあると思うので、知名度にこだわらずいろいろ弾いてみたいなあ。
今のところ「元気で明るい」のだけがとりえのタワシバッハですが、来年はもう一段階高いところを目指したいです。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

NoTitle

別にインヴェンション無理して彈かなくてもいいですよ~。組曲系とか平均律からまずは2声の曲を拾ってやってみるといいかも。

初めまして

私はタワシさん、初めまして。こんにちは。

とても丁寧に作られているブログですね(^^)
いささか自分のブログが薄っぺらく思えて恥ずかしくなりました。
YouTubeでの演奏を数曲と直近の記事にあった演奏も拝聴しました。
「さとうきび畑」は特に感動してしまいました。

私は楽譜を読めないし、専門的な知識は皆無なので、特に歌詞のない音楽やクラッシックは気分に合わせてフィーリングで聴いています。

それでも心癒される音色に出会ったときには幸福感を感じるのですが、幅がもう少し欲しいので、またこちらにお邪魔して勉強させて頂きますね。

穏やかで素敵な演奏をありがとうございます。
クリスマスの演奏、頑張って下さいね(*^_^*)

知識に欠ける人間ですが、よろしくお願いします。

yogotoyaさん>

そういえば、夜毎屋さんもインベンションはあんまり好きではないとおっしゃってましたよね。
みんなしきりとインベンションを薦めるので、正直、辟易したりすることもあるんですよ~。
インベンションにこだわらなくてもいいといってもらえるとなんかほっとします。
ポリフォニーの練習じたいは大事だと思ってますのでバッハや他のバロック作曲家の作品には親しんでいたいです。

ΑЛЗХさん>

はじめまして!ようこそ、わがブログへいらっしゃいませ~♪

>とても丁寧に作られているブログですね(^^)
~いえいえ、いつもほとんど書きなぐり状態ですよ。その証拠に、皆さん認めていますが、誤字脱字がひどいです。誤変換女王なんて呼ぶ人もいるんですよ!

>YouTubeでの演奏を数曲と直近の記事にあった演奏も拝聴しました。
「さとうきび畑」は特に感動してしまいました。
→つたない演奏を聴いてくださって感謝します。
さとうきび畑は練習30分でアップしちゃったのでちょっとお恥ずかしいのですが、演奏はさておき、曲自体がいいですよね~

>私は楽譜を読めないし、専門的な知識は皆無なので、特に歌詞のない音楽やクラッシックは気分に合わせてフィーリングで聴いています。
→私も基本的に音楽はフィーリングだと思ってます。
ときどき、下手に知識ばかりあって、かえって音楽を純粋に楽しむことの出来なくなっている人にお目にかかりますが、それって寂しいですよね。

>穏やかで素敵な演奏をありがとうございます。
クリスマスの演奏、頑張って下さいね(*^_^*)
→こちらこそ、訪問&暖かいメッセージありがとうございます!キャンドルサービスもそろそろ曲を本気で決めてがんばりますね!
こちらのブログへもまたいつでもお気軽に遊びに来てくださいね☆

NoTitle

タワシさん バッハのインベンションはタワシさんの腕でしたら
全然Okかと思いますけど
好きではないというと弾く気にはなりませんよね~。
逆に 私はインベンションは大好きなのに
まだ1曲しか弾けてなくて 残り14曲もありますが・・・
まあ そのうちボチボチとやっていこうかと思ってます。

演奏会もたくさん出演されてるようで、タワシさんはタワシさんの音楽でみなさんを魅了させてあげて欲しいと思います。
私は ロマン派の作曲家のほうが好きだけどそれを弾くにつけても
とにかく勉強していかないと弾けないので健康第一でレッスンに行かなくては・・・と思ってる今日この頃です。

NoTitle

私は知識の無さからバッハといえばインベンションと思っていた(小さい頃に知った身近なバッハ先生だったので)のですが、膨大な宗教音楽の合間にほんのちょっとした気晴らし程度(なのかどうか分かりませんが・・笑)に作ったのがインベンションやダンス音楽の組曲系(フランスだのパルティータだの)なんですね。

いつか「主よ~xxx」(みたいな長いタイトルの…笑)宗教音楽を弾いてみたいですが、私にはそちらの方が敷居が高いなぁ、今のところ。あまり知らないというのも大きいですが。とにかくいーーっぱい曲がありすぎて。笑

タワシバッハ、というかタワシバロックは良いですね~憧
年末はお忙しいと思いますが、クリスマスに教会での演奏もあるでしょうし、よかったら練習録音などもアップしてね~♪

こんにちは

しばらくお邪魔しない間にクリスマスヴァージョンですね。
素敵♪
バッハ先生いいですね。落ち着きます。
Johann Sebastian Bach
フランス語ではバックと呼びます。

タワシさんの奏でるバッハ、これから色々と聴けそうな気配ですね♪
とても楽しみにしています!

インベンションが弾けるようになれば他のバッハやバロック作品に対しての選択肢が増える、そんなふうに個人的には感じました。
エチュードが進むのとでは、重みが全然違うような(負け惜しみ…?笑)。
ただ、タワシさんみたいに音楽経験が豊富で、音楽で楽しむ術を身につけていらっしゃる方にとっては、インベンションを全曲弾く時間があるのならもっと他に弾くべきバッハ作品はあるでしょう、という感じなのでしょうね♪

曲の発掘力にも長けているタワシさん、本当に尊敬します。

NoTitle

 こんにちは。インヴェンションがらみの記事となると…どうしてもコメントに参加したくなってしまいます。^^お邪魔します。

 バッハに関心があり、またその他にも色々とポリフォニーの曲を弾いているならば、無理してインヴェンションにこだわらなくてもいいのかも知れませんね。私自身はインヴェンションがとっても好きで、むしろあれを弾きたくてピアノ教室の扉を叩いたようなところがあるくらいですけれど。
 インヴェンションはもともと教育的な目的で作られた曲集でもあり、適切な難易度がまとまった曲数で本になっていますから、教本として使うには便利で、それで普及しているという側面もあるのかも知れないなぁ、とも思います。

のん

>「バッハとの距離」が近くなったことの表れかなとも思います。

おお!すばらいいですね♪
これからもバッハ録音が増えるのが楽しみです。

>ただ・・・どうしても弾く気になれないのがインベンションなんです。

確かにインベンションよりは6つの小前奏曲とかの方が
弾いていて楽しいかもしれませんね^^
弾く気にならない無理して弾く必要はないと思いますよー

ちなみにインベンションを擁護させてもらうと(笑)
私は一応インベンションが終わってから
(まだまだ勉強が足りませんけど)
インベンションのおかげで
バッハの引き出しが少し増えているんだな
っていう気がしています♪


ゆめゆりさん>

>バッハのインベンションはタワシさんの腕でしたら
全然Okかと思いますけど
好きではないというと弾く気にはなりませんよね~。
→ぜんぜんOKじゃありませんけど・・・でもだからこそ本当はやれば得るところも多いのかなと思います。
ただどうしてもその気になってくれなくってね~(苦笑)

>逆に 私はインベンションは大好きなのに
まだ1曲しか弾けてなくて 残り14曲もありますが・・・
まあ そのうちボチボチとやっていこうかと思ってます。
→ゆめゆりさんはインベンションお好きなのですね。いいことです!これからまだまだお楽しみがありますね。それが終わったらシンフォニアもありますよ~♪

>演奏会もたくさん出演されてるようで、タワシさんはタワシさんの音楽でみなさんを魅了させてあげて欲しいと思います。
→たくさん出演しているイメージがありますか!?そうでもないんですよ
仲間うちの 弾き合い会みたいなのはかなり出ていますが、レッスンを受けてないので発表会はありませんし、基本的にステージで弾くのは苦手なので。
でも気心の知れた人たちの間だったら、いつでもよろこんで弾きますヨ~

Sleepingさん>

>私は知識の無さからバッハといえばインベンションと思っていた(小さい頃に知った身近なバッハ先生だったので)のですが、膨大な宗教音楽の合間にほんのちょっとした気晴らし程度(なのかどうか分かりませんが・・笑)に作ったのがインベンションやダンス音楽の組曲系(フランスだのパルティータだの)なんですね。
→へ~え、バッハと言えばインベンションですか!!(ちょっと驚)
小さいころからインベンション弾いてたんですね。やっぱり、ソナチネに入って早々に教室を辞めた私とは違うな~
バッハの曲には宗教音楽とそれ以外の世俗音楽ですが、本人の中でどれだけ両者の間に垣根、と言うか、音楽に向かう時の気持ちの隔たりがあったのかはわかりませんよね。
少なくとも「宗教音楽が真剣で世俗音楽がお遊び」ということはなかったような気がします。

>いつか「主よ~xxx」(みたいな長いタイトルの…笑)宗教音楽を弾いてみたいですが、私にはそちらの方が敷居が高いなぁ、今のところ。あまり知らないというのも大きいですが。とにかくいーーっぱい曲がありすぎて。笑
→私も、聴いたことのある曲でさえ、バッハの膨大な作品のほんの一部です。本当にバッハに限らず昔の作曲家は一般に多作でしたね。

>タワシバッハ、というかタワシバロックは良いですね~憧
年末はお忙しいと思いますが、クリスマスに教会での演奏もあるでしょうし、よかったら練習録音などもアップしてね~♪
→バロックは、装飾音の問題はじめ、まだまだ私には勉強しなければならないことが多すぎです。
でも本人が楽しんで弾いていれば、聴く人にも何かしら伝わるものがあると信じます。
年末年始、シューイチはいつまで続けられるかなあ~、
タワシファン激減(←もともとそんなにいない?)必至のものすごく悲惨な練習録音を公開しちゃうかも。
まあ出来る限り(無理のない程度で)がんばります!

kazkolineさん>

お久しぶりです!

>しばらくお邪魔しない間にクリスマスヴァージョンですね。
素敵♪
クリスマスバージョンのテンプレ、素敵なのがたくさんありますが、この時期しか使えないですからね~
いよいよ迷ってこれにしました!

>バッハ先生いいですね。落ち着きます。
Johann Sebastian Bach
フランス語ではバックと呼びます。
→バッハ先生やっぱりファンが多いんですね。
さすが音楽の父です!
私も、今後もっともっとバッハ大先生と親しくなっていきたいなと思います。

ruvhanaさん>

>タワシさんの奏でるバッハ、これから色々と聴けそうな気配ですね♪
とても楽しみにしています!
→そうですね~私の実力でも弾ける曲と言うと、ごく限られてしまうと思うんですが、それでも、まだ弾いたことも(&聴いたことも)ないものも含めて、いろいろチャレンジする余地があると思うので、がんばりますよ~♪

>インベンションが弾けるようになれば他のバッハやバロック作品に対しての選択肢が増える、そんなふうに個人的には感じました。
エチュードが進むのとでは、重みが全然違うような(負け惜しみ…?笑)。
→いえいえ、負け惜しみなどではなくて本当におっしゃるとおりだと思うんですよ。
多くの上級者さんからそういう発言を聞いています。
インベンションを弾く事に、こんなに抵抗を感じるのは、あくまでごくごく個人的な、特殊な事情によるものです。

>ただ、タワシさんみたいに音楽経験が豊富で、音楽で楽しむ術を身につけていらっしゃる方にとっては、インベンションを全曲弾く時間があるのならもっと他に弾くべきバッハ作品はあるでしょう、という感じなのでしょうね♪
→とてもそんな立派なこといえる存在じゃないですよ~私は!ただ、昔のハノンやチェルニーの記憶と重なり、基礎練習をする気にならないという、なんともわがままでだだらしないヒトです。
もうちょっとruvhanaさんの中のイメージのタワシと、実像としてのタワシの差を埋めてくださるようにお願いします・・・(苦笑)

やぢまさん>

>こんにちは。インヴェンションがらみの記事となると…どうしてもコメントに参加したくなってしまいます。^^お邪魔します。
→どうぞどうぞ~インベンションがらみの記事といわずいつでも絡みに来てください。

>私自身はインヴェンションがとっても好きで、むしろあれを弾きたくてピアノ教室の扉を叩いたようなところがあるくらいですけれど。
→そうだったんですか!インベンション好きな人ってうらやましいです。
インベンション弾きたくてピアノ教室の扉を叩いた、なんていえたらカッコいいなあ(憧)

>インヴェンションはもともと教育的な目的で作られた曲集でもあり、適切な難易度がまとまった曲数で本になっていますから、教本として使うには便利で、それで普及しているという側面もあるのかも知れないなぁ、とも思います。
→教育者としてもなかなか偉大な、「バッハ大先生」ですね!
インベンションのほかにも教育目的で書かれた曲は結構あるようです。私が前回のシューイチで弾いた6つの小前奏曲なんかも、そうらしいですね。

のんさん>

バッハLOVEの、のんさんからのコメントうれしいです~♪
バッハ録音に期待してくださっているんですね。
ほかの方へのお返事にも書いたとおり私の力量で弾ける曲はごくごく限られていますけど、身の丈にあった範囲で弾けそうなものも探せば結構あるかな・・・いろいろチャレンジしてみたいです。

>ちなみにインベンションを擁護させてもらうと(笑)
私は一応インベンションが終わってから
(まだまだ勉強が足りませんけど)
インベンションのおかげで
バッハの引き出しが少し増えているんだな
っていう気がしています♪
→おお!インベンション擁護論が出ましたね。笑
私はまったく個人的な理由でインベンションを弾くのに気が進まないだけで、その価値はしっかり認めてますよ~
インベンションをやるとバッハの引き出しが増えるということは皆さんおっしゃいますね。それを聞くとさすがにちょっと心が揺れます。やっぱり引き出しはいっぱいにしておきたいから・・・
でも当分は皆さんの録音やレッスン記を見聞きして、自分もやっているような気分を味わおうかなあ・・・なんて虫のいいことを考えています(爆)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん>

書きなぐりのような文章と、つたない演奏の数々にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
読み逃げも歓迎ですのでまたいつでもお気軽に訪問してください。

鍵コメさんのブログも訪問させていただきました。
私などとは比べ物にならないほどの、強い「バッハ愛」をお持ちなのでは?
レッスンもがんばってらっしゃるのですね。

それにしてもバッハの世界は本当に広くて深いですね!
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月17日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪カヴァテーナ(伴奏)(ラフ) ♪詩的なワルツ集より(グラナドス) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場