■久々のスタジオ練習 ドビュッシー&バッハ

昨日は久々、近所の音楽スタジオでグランドピアノを弾いてきました。
自転車で5分あまりの近距離にあるのはありがたいですね。
愛も変わらずドジなタワシ、行きがけに自転車の鍵が見つからず10分近くロスタイムしてしまったのは残念でした。

昨日の練習曲は・・・
6月のオフ会で弾く予定の、ボルク作曲ソナチネト長調。
本格的な練習始めたばかりのドビュッシーのアラベスク第1番。
そして練習途中で、ちょっと中断してしまっていた、バッハのフランス組曲第5番。
こんな人は珍しいかもしれませんが、タワシは、屋根を開けて弾くのは、なんだか響きすぎるような気がして、正直あまり好きではありません。でも今日は、グランドの響きに慣れるためにも、屋根オープンで弾くことにしました。

ドビュッシーのアラベスク第1番はこれまで耳コピーで適当に弾いてきた曲でしたが、実は今日はじめて真剣に楽譜を見て弾きました。
グランドで弾く前に、うちのデジピでもうちょっと練習してからのほうがよかったかも。
弱音の箇所で、思っている以上に音が鳴り響いてしまって・・・もちろん左のペダルは踏んでいるし、打鍵の微妙な加減もいろいろ工夫はしてみたんですが、まだウルサイ・・・
ソナチネ同様、この曲もさらっと2,3度弾いて次へ進むことにしました。

今日の練習のメインは、バッハ、フランス組曲の5番です。
アルマンドやガヴォットは、弾きなれた、家のデジピのほうが断然楽にひける気がしましたが、意外なことに、クーラントやジーグのような速い曲は、グランドピアノの重い鍵盤のほうが弾きやすいと思いました。
弾きやすいといってもテンポが上がるわけではありません。家で弾いているときよりさらに遅めのテンポで、でも、リズムを感じつつ心地よく弾けました。ももともと早く弾けばいいという曲ではないので、これはこれでいいのかも。

次回のオフ会までには、最低でももう一回程度は、グランドピアノで練習しておきたいところです。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

今日の練習メニュー

<6月12日> ♪マズルカ第41番嬰ハ短調 Op63-3 ♪同55番ニ長調 B4 ♪同50番イ短調『ノートル・タン』(以上、ショパン) ♪学生王子のセレナード(ロンバーグ)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム