ロマン派成分、多過ぎ…? 

今日はタワシの定休日です。
お天気も悪いし、昨日の疲れも溜まっているし…、こんな日はうちでまったり過ごしましょうか。
もちろんピアノもね♪最近久しくグランドピアノ弾いていないので、久々にスタジオ練習でもしてこようかな。

さて前回のシューイチにアップしたバッハのプレリュード、まだ練習中です。
タワシにしてはかなり粘っていると思いますが、納得行くレベルに弾けないのだからしょうがありません。
ほんとにバッハは易しそうな曲でさえ一曲しあげるのに時間がかかるんだから~。でも、たまには長いスパンで仕上げる曲もあったほうがいいですよね。
土曜日の時点よりは、微々たる進歩ではありますが、前に進んでいると感じます。
しかし相変わらず、ロマン派成分がたっぷりのバッハだなあと我ながら思いますね。聴いてくださった方のコメントを見ても、実際に、かなりロマンチックなバッハという印象のようです。
昔から、「タワシさんは何を弾いてもロマン派に聞こえる」としばしば言われてました。ロマン派の曲ばかりを好んで聴いていた時期が長かったからなんでしょうか?それともタワシが本質的にロマンチストだから?
あと、タワシは曲を弾くとき、最初からわりとはっきりイメージを持っていて、それを聴いているひとにちゃんと伝えたいという気持ちがあるんですが、しばしばそれがオーバーな表現になっちゃうんですよね~。
そんなわけで、無味乾燥な演奏というのはタワシにはあまり縁がないです。
でも感情移入も節度を持ってやらないと、曲によっては時代様式にそぐわない演奏になってしまいますね。
ロマン派成分が多いのも良し悪し、というところでしょうか。
最後にひとつ言い訳をさせてもらいます。この曲には冒頭に、Andante espressivo という指示があります。タワシのようなロマン派スキーさんに espressivo という単語を見せると、過剰に反応しちゃうことがあるので要注意です(爆)もっともこの指示、バッハ大先生じゃなく後の人が書いたのかもしれませんが。
[2013/01/22 09:33] 雑記 | TB(0) | CM(8)

バッハのこの曲は是非、フーガにも挑戦していただきたいです。
たしか3声で、そんなに長くないはず(長さの問題じゃないですねー)
タワシさまの演奏に多くの方がロマン派テイストを強く感じるのは、
装飾音が前に出ているからではないでしょうか。
ちなみにヘンレ版ではテーマに出てくるモルデントがついていません。
いかに素敵に弾くか、ということで、あとからつけられたのかなあ。

もひとつちなみに、私はこの曲、弾いたことないんですけど
今年のうちに挑戦してみたくなりました~~
[2013/01/22 09:44] かふぇ婆 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/01/22 20:22] - [ 編集 ]

更新お疲れ様です(*^^*)
パソコン早く治るといいですね。
困難な状況でのシューイチ録音、タワシさんの継続力に脱帽です。

バッハのプレリュード、知らない曲ですがいつものように聞き入ってしまいました(*´∀`)
平均律が難しいということだけ噂に聞いてってます
(^_^;)
ロマンチックですか♪
タワシさんのロマンチックは、ネトネトしてなくて(ネトネト苦手(。>д<))好きです。抑揚があって、歌のよう。

[2013/01/23 01:10] おにぎり [ 編集 ]

かふぇばーさん>

先出し装飾音、やっぱり気になりますかー。できるだけ前に出さないように意識しているんですが、染み付いた癖はなかなか取れないんですよね~。
この曲の演奏何種類か聴いてみました。モルデントは、あるのとないのと半々ぐらい?かふぇばーさんの言われるとおり後の人が演奏効果を考えて付けた指示なのでしょうね。
フーガ、弾ける気はしませんけど、一応楽譜に目を通すだけは通してみようかな。
それよりかふぇばーさん、今年中などと言わずすぐにでも、この曲弾いちゃってください。かふぇばーさんの実力なら、初見でもサクサクッと弾けたりして~V
[2013/01/24 05:45] 私はタワシ [ 編集 ]

鍵コメさん>

コメントありがとうございます。
バッハ ちゃんとバロックっぽく聴こえますか?ついでにハイドンもちゃんと古典派に聴こえましたか?
そういってくださる方は少数意見ですが(笑)でも心強いです。
ロマン派偏重だった数年前に比べて、バロックや古典派にだいぶ親近感が沸くようになったので、演奏の面でもこれから変わっていくかなと、ちょっとだけ期待しています。今後とも温かく見守ってくださいね~

[2013/01/24 18:03] 私はタワシ [ 編集 ]

おにぎりさん>

業者が来てくれる29日まであと○日・・・と、日々、指折り数えて待っています。
今日もまたネットカフェにやってきました。ここにもすっかり慣れつつあります(笑)
これからシューイチ録音アップしますネ。せっかくここまで続けているのですから、これしきのことで途絶えさせたくないです。

平均律、音楽的にきれいに弾くのは難しいらしいですね。でもソナチネアルバムの1巻にも平均律の最初の曲が入っていたりするくらいですから、ただ弾くだけならタワシレベルでも何とかなりそうな曲も、いくつかあるんですよ。あ、でもフーガは難しいですよ。だから前奏曲のみ。本当はセットになっているんですけどね。

ネトネト苦手ですか=
なんとなくいいたいことわかります。笑
そうですね、私は性格的にネトネトしたところはほとんどないですから、演奏も自然にそうなるんでしょうね。
もっともネトネトした演奏をする人が必ずしもそんな性格だとは限りませんけどね。身についた変な癖のせいで、そんな印象の演奏になっているかもしれないし。

[2013/01/24 18:13] 私はタワシ [ 編集 ]

ロマン派風のバッハですが、それはそれでカッコいいと思いました!骨太な音で、強弱もカッコよいと。
また、他の方も言われていますが、タワシさんの演奏は、ロマン派風でもネトネトしてないとやはり思います。

ピアニストにもレパートリがあるように、個性があるのは当然だと思います。僕の好きなピアニストのエレーヌ・グリモーは、ベートーヴェンを弾いたらピカイチでも、モーツァルトは正直ピンと来ないんです。

性格めいたものと演奏、何か関係はあるかもしれませんね。僕の場合は、好きな曲はロマン派に多いのですが、普段から感情を表に出すのが苦手だからか、古典の方が弾きやすく、弾いていて楽しいです。
[2013/01/24 19:57] ぶちもよう [ 編集 ]

ぶちもようさん>

演奏聴いてくださってありがとうございます。やっぱりロマン派っぽいでしょう?
でもネトネトしていないというのは嬉しいですね。笑
そうそう この曲についてその後調べてみましたら、バッハには珍しく「感情過多様式」の性格を持つ曲と書いてありました。バロック後期によく見られ、感情の自然な表出を目指す様式らしいです。この曲がドラマチックに聞こえるのは、ロマン派を好む私の演奏のせいもありますが、そもそも曲自体にもそんな要素があるからだと思われます。

より心を惹かれるのはロマン派のほうだけど、古典派のほうが弾きやすいというのはよくわかります。
私もそんなところがあります。そういう声は結構よく耳にしますよ。
[2013/01/25 17:39] 私はタワシ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/677-c568ffda