ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

ラウロ「ベネズエラワルツ」ふたたび~怪奇幻想おふに向けて~

  1. 2013.
  2. 02.
  3. 01
  4. (Fri)
  5. 21:49
新しい年ももうひと月が過ぎました。時の流れるの、早すぎです。
このトシになると(←あれ?永遠の20代のはずなのでは?)
「Time is money」ということわざが真実なのを、身をもって実感しますね、

そして気がつけば、ひと月後に「怪奇・幻想おふ」という、オショーズ主催のテーマコンサートが、迫っていたのでした。
この集まりは、いつもとてもハイレベルで、タワシはいつも思いっきり一人で浮いてしまっています(恥)。
少しでも「浮き加減」をましにするためにも、もういい加減、本気モードで練習にかからなくては。
というわけで2曲エントリーしたうち、今日はラウロの「ベネズエラワルツ」を、もっぱらさらいました。
ただ・・本番で弾くのは、近代的な和声が、独特の幻想的な雰囲気かもし出している、第4番のみですが、ついでに1~3番も弾いちゃいました。
前にも書いたと思いますが、6本しか弦のないギターの曲を10本の指で弾くわけで、それゆえの楽さ(易しさ)と難しさが共存していると思います。あと、本来ピアノの曲ではないので、それをいかにピアノで美しく聴かせるかというのもポイントですね。

4曲の中では第4番が一番不思議系(笑)で20世紀の曲らしく聴こえますが、あとの3曲はかなりロマン派的です。タワシは根本的にはロマン派スキーな人間なので、特にロマン派色の強い第3番が一番好きかな?今回のテーマにはちょっとそぐわないので弾きませんけどね。
この曲もまた、8分の6拍子と4分の3拍子が混在していて、ぱっと聴いた印象より意外と難しく、苦戦していますが・・・

3番はこんな曲。
前にほかの人の演奏を貼り付けたような気もしますが・・・たぶん別の演奏で、また聴いてください♪


Lauro: Vals Venezolano no 3 Natalia

COMMENT

No title

ベネズエラワルツねたということでまたコメントさせていただきます^^

一度1番から4番まで通して聴いてみたいです。YouTubeにアップされませんか。

この方の3番、すごく素直に弾かれていて好感が持てますね。

No title

ラウロは前まで知りませんでしたが同じ南米のヴィラ=ロボスのようで
またタワシさんの紹介を通してだんだんハマりつつあります(*^^*)

って、全曲ピアノで弾いてしまわれたのですね∑(゜ω゜;)
僕も通しでぜひ聴きたいですっ☆
ブライアンさんのYoutube案にも、まことに勝手ながら一票。(汗)

ではでは。まずは第4番で素敵な演奏ができますように♪

No title

こちらにも、お邪魔しています。
そもそも、「オショーズ」って、前に師事されていらした、お師匠さんたちでしょうか…?
それにてても、怪奇幻想オフだなんて、怖そう~ぶるぶる。弱虫のmonetには、弾ける曲がないですね…。

ブライアンさん>

おお!ブライアンさん!この記事を書きながら、ブライアンさん見て下さるかな~と思っていたところでした。
(ご自身のブログ、今も続けておられますか?SNSをやめられたあと、ブログへ訪問できなくなってしまいました。よろしかったらブログのアドレス教えてください。鍵コメとかメールフォームでも結構ですから)

私の演奏ですがYOUTUBEにアップできるような完成度ではとてもとてもありません。1番も3番も途中で必ず止まって弾きなおしているし、4番も譜読み間違いがあって修正に追われているという情けない状態です。長~意目で見守ってやってくださいませ。

この方プロでしょうか,音楽の流れが自然で心地よいですね。ピアノでもそんな演奏をしたいものです。

空苑さん>

ラウロにはまりつつありますか!
前にタレガの記事もあったので、クラシックギターの曲もお好きなんだろうなと思っていました。タレガは私も好きな作曲家ですよ。クラシックギターでは、あと、バリオスという作曲家も好きです。

ブライアンさんへのレスにも書きましたが、全曲弾いたといってもまだYOUTUBEどころか、このブログでシューイチ録音としても上げられないレベルです。
前アップした4番は譜読みの間違いが多くて修正に大わらわだし・・・
4番はあとひと月後にはコンサートで弾かねばならないので、まずはこれに集中してがんばります。

monetさん>

こちらにもどうぞいらっしゃいませ~♪

はい。オショーズとは「お師匠様ズ」の略語です。笑
といっても、このかたがたピアノの先生を生業としているわけではなく、知識も技術も恐ろしくハイレベルなアマチュアのピアノ弾きさんたちです。
しかし、この方々のところに遊びに行くと、普通のピアノの先生では足元にも及ばないような充実したレッスンを、なんとご自身の趣味でつけてくださるという、嘘みたいにありがたいお話なんですよ。

ホラー系は私も大の苦手ですよ。
でもこのオフ会、怪奇枠と幻想枠に分かれていて、幻想枠は、たとえばショパンの幻想即興曲など「幻想」と名のつくけど怖くない曲もありですから。
私の弾く2曲ももちろん幻想枠なのであります。
monetさんも幻想枠ならいくらでも弾ける曲あるじゃないですか?

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a