{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
久々のスタジオ練習♪
2013年02月07日 (木) | 編集 |
このブログには「スタジオ練習」というカテゴリがあるのですが、これが最近まったく動いていませんでした・・・
最後の記事が去年の9月28日ですね。まさかこれ以来一度もスタジオで練習していないということはなく、忙しかったか何かで、記事にする余裕がなかったのだとは思いますが、それにしても久しく行ってなかったのは確かです。
来週の週末には、都内某所で、演奏を人に聴いてもらう予定も入っているので、仕事がオフだった今日、久々にいつものスタジオに行ってきました。
ウチからは自転車で約5分という至近距離にあります。もっとこまめに行けばいいんですけどね~

今日の練習曲目は最近ずっと練習しているハイドンの初期のソナタです。
何曲か並行してやっているのですが、ただいまのメイン練習曲は
ソナタ ト長調  Hoboken XⅥ:6 
という曲です!
4楽章制ですがどの楽章もコンパクトで、ソナチネといっても抵抗がないような気がします。
ハイドンらしく、明るくて健全な音楽ですが、短い中にいろんな要素が詰まっていてなかなか楽しめます。

4つの楽章をまんべんなく弾きました。
いつも、デジピでは楽に弾けてもグランドでは鍵盤が重くて思うように弾けない、というパターンがほとんどなのに、今日はなぜか、デジピでいつも苦戦している箇所も含めて、とっても気持ちよく弾けました。
デジピに比べて大幅にペダルを減らせそうなところもいいですね。

しかしひとつ心残りだったのは録音に失敗したことです。
うまくいけばシューイチにも使わせてもらおうかなと思っていたのですけど、ICレコーダーの設定を間違えたらしく、完全に無音状態でした・・・
ま、録音に成功していてもあの完成度の低さではね・・・公開するのは無理でしょう。

ちなみにこういう曲です↓ 
タワシは先にルイサダさんのモダンピアノでの演奏を聴いたのですが、それは、これとはかなり印象の違い演奏でした。そして正直ルイサダさんの影響をかなり受けたかも?などというとルイサダファンの大顰蹙を買いますね、きっと。。。
練習の成果は近日公開予定!・・・できるのか?


Joseph Haydn - Piano Sonata in G major ('Partita', 'Divertimento'), Hoboken XVI:6 (1766)
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
No title
私はタワシさん、おはようございます。
この前の記事のお返事の、最後のお言葉!!ありがとうございます。本当にそうだと思います。心から賛同します。
そして、いいなぁ、スタジオ練習ですか~。私も、時々はグランド練習、したいなぁ&しなくっちゃ、と思うのですが、いかんせん、お財布事情がキビシクて(^^;)。以前は、レッスンの直前に、先生のお宅の近くでスタジオ借りたりしていましたが、お高いのと、調律が…、で止めてしまいました。まあ、基本、自分だけのために弾いているので、まーいーかー、と、一応、自分を納得させてはいます。
録音採りそこなってしまわれたおのですね。それはWに残念!タワシさん的にも残念でしょうし、私も聴きたかったので残念です。そう。私も、たまーに、レッスン録音の時、失敗していると、がーっくりします。
ハイドンのソナタ、明るくて、優雅な曲ですね。ハイドン、今の先生のもとでは一度も、勉強していないのですが、全楽章でこの長さというのは、魅力的かも。…だって、シューマンとかシューベルトのソナタって、1楽章で平気であの位とか以上あったりしますもの。後で、imslpいってみようかな。
何だか長くなってしまってゴメンナサイ、来週末の会が素敵なお集まりになりますように!
2013/02/08(Fri) 08:25 | URL  | monet #A5PotiuI[ 編集]
No title
こんばんは☆ヾ(・ω・)ノ最近伺えてなくてすいません(>_<)

家から近くにスタジオがあるってやっぱりいいですね~(*^^*)
録音は、僕もデジピで録音し終わったと思ったら録音ボタンを押し忘れてたとか
たまにあるので、そのお気持ち多分わかります←

ルイサダさんのコンサートには昔、一度だけ言ったことがあります。
躍動的で、独特の艶やかでまろやかな音が素敵ですよね。
大顰蹙だなんてそんなことないです(笑) 演奏楽しみにしてます♪
2013/02/09(Sat) 20:28 | URL  | 空苑 #vGlVlIPI[ 編集]
monetさん>
音楽は、神様から人間への最高のプレゼント、という言葉に賛同してくださってありがとうございます。私も、死にたいと思うくらいつらい時期がありましたが、今こうしていられるのも、音楽があったからです。ほんとに感謝してもし切れません。

私もお財布事情は厳しいですよ。
経済的に余裕があればもうちょっとは頻繁にスタジオ通いするでしょう。それよりも楽器OKのマンション借りて、アップライトでいいから生ピアノを置きたいな。
でも私の場合、音楽に向かうスタンスも、実際に弾いている曲も、クラシックのレッスンにマジメに通っている人とはかなり違うので・・・そういう人たちに比べたらデジピのハンディは少ないのではないかと思います。
いい楽器でなくてもそれなりに楽しめるんですよね。
なので、人前演奏が近づいたときなど以外は、あんまりスタジオまで行く必要を感じないのですよ。

それにしても、せっかくののスタジオ練習で録音しそびれたのは残念でした。
次回こそきっと!
事前にレコーダーのマニュアルよく読んで、設定など間違えないようにしなくっちゃ。
2013/02/10(Sun) 01:05 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
空苑さん>
体調が優れない中、わざわざ来ていただいてうれしいです。
でも時間的、体調的に余裕のないときは無理しないでくださいね。
私のほうも読み逃げが多くてごめんなさいね。

スタジオが近いのはやっぱりありがたいですね。
特に私はペーパードライバーでどこへ行くにも自転車なので、自転車で楽勝な距離にあるのは本当に助かります。
しかしスタジオでの録音なかなかうまくいきません。
音割れしたり逆に録音レベルが低すぎたり。
今回のはマイク入力とライン入力の切り替えを忘れるという、完全なポカミスでしたけどね。
録音ボタンの押し忘れ私も何度も経験ありますよ。そんなときに限っていい演奏ができていたり。

ルイサダさんのコンサート、経験があるんですね、生だといっそう素敵な演奏だったでしょう。うらやましい~。
が、最新記事にも書きましたが「ルイサダさんの影響云々」のくだりは即刻忘れてください。脳内から完全消去お願いします(滝汗)
2013/02/10(Sun) 18:36 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック