ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>タウベルトの子守唄 

前の記事を見ていただくとおわかりだと思いますが、タワシは1週間後に舞台での人前演奏(コンサート)を控えています。
はっきり言ってお尻に火がついております。
しかも明日は礼拝の奏楽も当番!
なので、シューイチ録音にかかっているヒマなど、本当はないはずなのです。

が、PC故障でも根性で続けたシューイチをこれしきのことで絶やすわけに行かないので(?)
ほとんど練習なしで弾ける、易しい曲を弾かせていただきました。演奏時間も1分強という短さです!
次回のシューイチも、土曜はコンサート当日で録音できませんし、直前一週間ということでますますシューイチにかまっていられなくなるため、同様の傾向が続くものと思われます。
あらかじめご了承ください。

で、今回の曲ですが。。。
ベルリン生まれののロマン派の作曲家 ヴィルヘルム・タウベルト(1811~1891)の「子守唄」です。
タウベルトという人については、次に挙げるPTNAのページが詳しいので参照してください。
タウベルト Taubert, Wilhelm [ ドイツ ] 1811 - 1891

ここに、{こんにち、日本でタウベルトの名をかろうじて知らしめている曲}として紹介されている「子守唄」が、今回タワシがピアノソロで演奏しているこの曲です。
かつてはずいぶん華々しく活躍して世界的に名声を得た人だったようですが、{ピアノ曲の出版はほぼ全滅状態}って哀しいですね~
音楽の歴史をちょっとひも解けば、そういう忘れられた作曲家はうようよと存在しますが。

素朴でシンプルでありながら、子を思う親の慈愛を感じさせる、いかにも子守唄らしい小品ですね。
例によって、歌とピアノ伴奏の三段譜を見ながら弾いています。
原曲の雰囲気を大事にするため、余計な音などはほとんど加えていません。


[VOON] 子守唄(タウベルト)
( 2013/02/23 19:23 ) Category 今週の録音 | TB(0) | CM(12)
すごいですね。人前演奏もあるのに週1録音もやっつけちゃうとはさすがタワシさん!
いくら短くてもほとんど練習なしでこれだけ弾けるなんて簡単なことじゃないですよ。

子守唄癒されました。
これ聴きながら寝たいなあ。。。

やっぱりタワシさんの演奏って心にしみますね。
私の演奏はまだまだ機械的な感じがしてどうすりゃいいのやら・・・。

[ 2013/02/23 20:04 ] [ 編集 ]
簡単な曲でも弾く人によっては、すごい名曲に聴こえます。
その逆も言えるわけですが・・・
タワシさんは聴かせる演奏ができる方ですね。

↓のプログラムも興味津々。
もし都合がつけば行ってみたいと思います。
[ 2013/02/23 23:59 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/02/24 00:24 ] [ 編集 ]
シューイチ録音がUPされてる~!
ハードスケジュールの中、驚愕です!
タワシさんは分身の術が使えるのではないかと思います…v-17v-17
三段譜っていうだけで、私にとってはかなり難易度が高いのですが(というか未知の世界)
タワシさんの優しさが伝わってくる演奏でしたe-446今夜はいい夢が見られそうzzz
怪奇幻想も楽しんできて下さい♪聴きに行きたかった~e-444


[ 2013/02/24 00:51 ] [ 編集 ]
私はタワシさん、こんばんは☆
いつも思うのですが、タワシさんの音楽の発掘力には、脱帽! 音楽歴が、豊かで広いからでしょうか、いつも、新しい音楽に出会えて、シューイチには感謝です。3段譜を、ピアノにアレンジされて、さらりと弾きこなしてしまうのも、すごいです。
ではでは、「子守唄」を聴いた、オバサンは、気持ち良~く、眠りにつきます…。オヤスミナサイ。
[ 2013/02/25 00:40 ] [ 編集 ]
コンサートに奏楽、お忙しいですね~
そんな中でもシューイチ頑張ってますね。
多分あまり練習できずに録音されてるんでしょうが、ちゃんと曲としてまとめてあり雰囲気が出てると思います。
あたかも歌っているかのように弾いてて、さすがタワシさんです!
[ 2013/02/25 08:34 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/02/25 08:35 ] [ 編集 ]
こんなやっつけ仕事のお手軽録音(もちろん短くても愛はこもっているつもりですが)に、過分なあたたかい言葉をいただいて、もったいないことです!
聞いてのとおり、たぶんバイエルレベルでも十分に弾けるんじゃないかと思われる易しい曲ですよ~。3段譜はちょっと慣れるのにコツがいるかもしれませんけどね。
癒されましたか?それはよかったです。
子守唄もその気になればシリーズができちゃうでしょうね。

あ、そうそう。まん丸さんの演奏はご自分で思っているような機械的な演奏じゃないですから安心してください。
私 <クラシカル音楽研究会>にいたから耳はいいつもりなんです(決して、音感が優れているとかそういう意味じゃなく) なので、私が「いい」と言ったら素直に信用してくださいね♪
[ 2013/02/25 09:57 ] [ 編集 ]
>簡単な曲でも弾く人によっては、すごい名曲に聴こえます。
→確かにそれはそうですよね!
でも私の演奏ごときに対してそんなこといってはいけませんよ~

「聴かせる演奏」ですか・・・
う~ん、特別にそんな意識をしているわけではないんですけど、以前ほかの人にも「タワシさんってどう弾いたら聴く人が喜んでくれるか知っているよね」といわれたことがありますね。
私は音楽はやっぱりコミュニケーションだと思っているので、せっかく上手に弾いても相手に何も伝わらない演奏はむなしいな、とは思っています。

怪奇幻想 なかなか凝ったプログラムでしょう?
皆さん演奏レベルも相当なものですよ。私はなにかの間違いで一人紛れ込んだ迷子のようなものです。
都合がついたらぜひぜひいらしてくださいね。
[ 2013/02/25 10:12 ] [ 編集 ]
そ、そんな、驚愕だなんて!!
おにぎりさん、いくらなんでもそれは大袈裟すぎますよ~
UPだけならサルでもできる!あ、それはさすがに無理かしら?
分身の術なんて使わなくて大丈夫ですよ、だってほとんど練習していないんですから。

三段譜を見ながら弾くってなんだか相当な技術がいるように思われがちですが、タワシが弾いているのは伴奏パートをほぼそのまま弾いても曲になるとか、ほとんどそのまま伴奏の上に、歌のパート(メロディー)を乗っければいいもの、など弾きやすいものばかりです。
今度お会いしたときなにか実演してみましょうか?意外とたいしたことないなあ、と思うはずです。
[ 2013/02/25 21:44 ] [ 編集 ]
いつもいつも私のつたない演奏や書きなぐりのような文章に暖かいコメントを下さって、感謝しております。
自分の身の丈にあった曲を、知名度やジャンルにこだわらず探し出してくる能力だけは、確かに普通のひとよりちょっとだけよけいにあるかも(笑) まあ、それも普通にピアノを習っている人は普通に弾くような、いわゆる正統派のレパートリーを、私ががんばってもほとんど弾けないから、こういう路線に「私の生きる道(!?)」を見出しているだけかもしれませんが。

3段譜は皆さん感心されますが、タイプにもよりますが、慣れてしまえば弾きやすいものはホントに2段譜と同じ感覚で弾けますよ。
私は逆にギターの1段腑をそのままピアノに移して弾いたりもしますが、これはこれでちょっとコツと経験がいりますね。
もっとも、ピアノのレパートリーは他の楽器と比べて圧倒的に充実しているので、わざわざ3段譜や1段譜を弾く必要なんて、普通はまったくないのです。。。
[ 2013/02/26 06:41 ] [ 編集 ]
コンサートもずっと前からわかっていたことで、毎日コンスタントに練習していればこんなにお尻に火がつくこともなかったんですけどね~ いつもながらのスロースターターです。汗

シューイチを途絶えさせたくない一心で、こんなバイエルレベルの曲でお茶を濁してしまいましたが、皆さん広い心で見守ってくださっているのでありがたいです。
あ、もちろん、どんなに易しく短い曲でも、「愛」はこめて弾いているつもりですから。
そして、怪奇幻想おふが終わったら、もうちょっと骨のある曲も弾いてみたいです。
[ 2013/02/26 06:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア