ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>アルカン プレリュード ト長調 Op.31-15<ゴシック様式で>

  1. 2013.
  2. 02.
  3. 25
  4. (Mon)
  5. 20:54
今週は、なんと月曜日から、早々とシューイチ録音をアップします!
このあとは、土曜日の「怪奇幻想おふ」に、極力専念したいという思惑がありまして・・・
前回と立て続けに騒音をまき散らしちゃってごめんなさいね。

今回の曲は、先日の「れんしうかい」でデシーズの前座タイムでタワシが弾いた曲です。
今年が生誕200年!フランスのピアニスト・作曲家、シャルル=ヴァランタン アルカン(1813~1888)のプレリュードト長調です。
プレリュードといえば ショパンがすべての長調と短調で1曲ずつ書いた「24の前奏曲」があまりにも有名ですが、アルカンの作品31もまた、「(すべての)長調と短調による25の前奏曲」です。なぜ1曲多いかというと、[ハ長調で始まりハ長調で終わる]という構成にしたため、最後にハ長調の1曲が追加されているのです。

今回の曲はその15番・ト長調です。
Dans le genre gothique という副題がついてます。
そそっかしいタワシはDansという単語を「ダンス」と勘違いして「ゴシック様式の舞曲」などととんでもない誤訳をしてしまいましたが、考えてみたらdansはフランス語の前置詞ですわ・・・いくらフランス語を履修したことがないとはいえ・・・ああ恥ずかしい~ 
たぶん「ゴシック様式で」という訳で大丈夫だと思います。
ガヴォットふうのスタイルで書かれた親しみやすく可愛らしい曲です。
タワシの持っている、アルカンのイメージは「超絶技巧」と「非社交的な隠遁者」というところですが、この曲はそのどちらとも正反対のような性格の小品ですね。

演奏は、今回もまたまた、突っ込みどころ満載でございます。
いくら彼の作品のなかではたぶん指折りの易しい曲といっても、なんとも雑な演奏ですね。
ミスタッチや指の転びガ多数、それをもう必死にごまかしています。
何よりもいただけないのは、無意味に加速しているところですね
メトロ練習をサボっているせいでしょうか。いや、きっと、気持ちの問題だと思います。
あせらずに、ゆったりとおおらかな気持ちで弾けばきっと大丈夫!・・・のはずですが~
フレージングや音色もまだまだ改善の余地ありすぎです。
でも、今、れんしうかいの余韻があるうちに録音しないと、おそらくずるずると時が流れ、アニバーサリーイヤーが終わってしまうでしょうから。

ではでは今回も、覚悟を決めてお聴きください。


[VOON] アルカン プレリュード ト長調 

COMMENT

No title

可愛いらしい曲だけど、でも大人の曲ですね~。
アルカンってあまり馴染みがないけど(未だ、らべんだ~ちゃんのCDのアルカンは聴いてない・汗)難しいと言う印象はありますよね。

どこが覚悟なの~?
全然、いいとおもうけど~。
賛美歌とは全然違うんだろうけど、なんとなくタワシさんの賛美歌の良さを
思わせるというか、上手く言えないけど私は好きですよ。

No title

確かにこれは・・・。
アルカン様にあるまじき爽やかさですね(笑)

ドビュッシーなども小曲集などをみていて、時々えっ?って思うようなものに出会うのですが、アルカン様も意外な一面をお持ちだったようですね。
ほんと、”いつか弾いてみたいわ”など、気の迷いでも思わなそうな曲ばかりだと思っていたのに意外です。

「怪奇幻想おふ」楽しそうですね。
どんな奇っ怪な雰囲気になるのやら・・・( ´▽`)
楽しんできてくださいませ♪
練習は・・・・。
がんばってください・・・・・・・・(;^_^A

No title

これをあのピアノで弾くとああなるのですね・・・うっとり。
といっても、どちらも違和感ないというかタワシさんて本当にどんなピアノでも弾きこなしちゃうんですよね~羨ましいったら。(←個人的な流行り言葉♪)

アラカンさんじゃなくてアルカンさんですね。アラ還暦が忘れられないわ~笑
dansは前置詞でしたか・・!フランス語は全く分からないので、信じておりましたよ。

それにしても、週一ならぬ週二になってるじゃないですか・・!?
タワシさんの焦りが伝わってきますよ。
雪が降ると困るので、ほどほどに練習してくださいよ~笑

↓の子守唄も、優しい雰囲気で素敵でした~♪

No title

ついにタワシさんのアルカンが聴けて嬉しいですヽ(T▿T)ノ
ていうか、連続での週一録音スゴイです!

可愛らしくもアルカンらしい茶目っ気(?)もよく聞こえてて
どことなくホッとできる演奏です☆
覚悟を決めなくても、良い演奏だと思いますケド(^ω^)

実は前奏曲集に関しては僕も勉強不足でして、
前置詞は僕も今頃気が付きました(滝汗)

ではでは。「怪奇幻想おふ」に向けて、応援しています♪

No title

主にアルカンは超絶技巧の曲がとても好きなんですが、アルカンのこのような曲の和音もまた美しくていいなと思います。
この曲に合う、しっかりした音で爽やかな演奏だと思いました。

No title

明るくてさわやかな感じですね。春っぽいなと。
1度聴いただけで印象に残るメロディーでした。

この曲は知りませんでしたが、雑ということは全然なくて、楽譜に忠実に弾いてらっしゃるのかなあという印象です。
やっぱり素敵ですよ^^

デジピでの表現って本当に難しいですね。
私もpは苦手です。
やはり似て非なるもの、ということを痛感しています。
かといって生のピアノはどうしても無理だし。
私もまた発表会の前にはスタジオで練習しようと思っています。
去年も何度も通いました。春になったらバイクでスタジオ通い再開です。

No title

実は、アルカンって、最近知ったんです^^;
で、すっごく難しいのだと聞いていたのでタワシさんどんなすごい曲やってるんだろう?!(@_@)って思ったら、なんと…かわいらしい(*^_^*)

春っぽいな~(^^♪

他の曲って全然違うんですか?
もう少しアルカンの曲を弾いて欲しいんですけど。この曲がアルカンっぽくないのだとしたら、そのアルカンらしいやつをヨロシクお願いします。

No title

どうも、こんにちは。
アルカン、聴きましたよ~。
讃美歌っぽいのかしら~と思いながら聴いていると、
何度か転調しているのか?和音が半音とか1音?あがってくるような??
途中、ん??という展開があって、面白いですね。

アルカンは初めてですが、ステキでした。
和音の嵐に、最初は引き気味でしたが、何度か
聴くうちに、聴くのはステキ、となりました。

よくこの和音の嵐を弾きますよねえ、、。
どうやって覚えるのかしら。さくっと耳で覚えちゃうのかな??

らべんだ~さん>

お仕事でとっても忙しそうな中、コメントありがと~♪

アルカンのイメージを覆すような、かわいらしい曲でしょう?大人っぽさも感じられましたか?
演奏はやっぱり付け焼き刃ですよ・・・
ミスタッチどうしてもなくならないし。

そういえばらべんだ~ちゃんの100枚組CDは、あれからどうなった?
なかなか100枚全部を聴くというのは難しいのかもしれないけど、時々は聴いてあげないと・・・あまり放置するともったいないわよ。

tukushiさん>

「アルカン様にあるまじき爽やかさ」って・・・ウケました~
自分で弾くにせよ、他の人の演奏で聴くにせよ、作曲家のイメージを覆すような曲ってなかなか面白いですね。
アルカンの名前を聞いてたいていの人が期待するものとはかなり違うだろうけど、私は、こういう曲、好きです。
Op31の楽譜さっと目を通してみましたが、こういう路線の作品もいくつか入っているようでした。もちろん、激ムズだったりいかにも怪しげなのもありますけどね。

怪奇・幻想おふ、もう目前です。応援ありがとうございます。
どう考えても練習が足りないですが、当日は楽しんで弾けたらいいなと思います。
それにしてもすごくマニアックなプログラムですよね。噂によるとコスプレなども水面下で計画進行中とか??怖くなるのか笑えるのか・・・

Sleepingさん>

あの素敵なピアノでもうちょっとましな演奏ができたらよかったんだけど・・・何せあの時はあまりに練習期間が短かったから・・・ホント残念です。

どんなピアノともすぐお友達になれる能力があったらうれしいですが、私には残念ながらそんな才能はないみたい。yogotoyaさんのおうちのピアノにも校長先生宅のピアノ(とくに、由緒あるほう)にも冷たくあしらわれていますよ(涙)

「アル(ラ)カン違い」のときは、大いにコメント欄が盛り上がりましたね~shigさんでも知らないことがあるというのが衝撃的でした・笑

怪奇幻想、かなりアセってますよ~。
でも今日も残業疲れで手が少し痛いので、練習はほどほどにしました。だからきっと雪は降らないよ~♪

No title

私はタワシさん、こんばんは☆
アルカン、こんな曲もあったのですね~。(前~の記事に、ワグナー=リストなど、バカな事書いちゃって、恥ずかしー。)
いつも、本当にすごいな、爪の垢煎じて飲みたいな…、と思うのが、少しの期間ででも、曲をしっかりと、「音楽」に作り上げる、タワシさんのその心・技です。まぁ、天賦の才なんでしょうね~。
怪奇(←これがコワイ^^;)幻想オフ、楽しまれて、頑張ってきてくださいね。まだ、明日、明後日と、練習出来るではないです~♪ 伺えず、とても残念ですが、報告記事、楽しみにしています!

空苑さん>

お待たせしました!ついにタワシアルカン登場ですよ(笑)
私がアルカンを弾こうとすると、こういう選曲と演奏になります(汗)
まあ、私らしいといえばらしいのかな、と思います。
とりあえず、アルカンイヤーのうちに最低1曲というノルマは果たしましたが、探せばまだ私にも弾けそうな曲はあるみたいなので、今年中にもう1,2曲何か弾くかもしれません。

連続のシューイチアップがすごいとおっしゃいますが、何しろ前回の曲が短さ、易しさともにバイエル級ですからネ・・・
空苑さんも、あの程度初見で楽勝でしょ?

怪奇幻想おふ、応援、どうもです。
いよいよあさってになってしまいました。。。
楽しんで弾ければそれだけでもう十分幸いです。

ぶちもようさん>

アルカンはやっぱり超絶技巧のイメージが強いですよね~
それを思いっきり覆す(!?)選曲と演奏で、失礼いたしました。
たまにはこんなアルカンも悪くないでしょう?(演奏のほうは、まだまだお聞き苦しい箇所満載ですが)

この曲、ロマン派らしい要素もありますが、基本的にはバロックの舞曲の様式で書かれているので、対位法がちゃんと弾けないと・・・汗
日ごろからインベンションとかサボってやらない私にはきつい部分もありましたが、できる限りがんばってみました!

まんまるお月さん>

まんまるさん、お休み中のところ、コメントありがとうございます。体調だいじょうぶですか?

つたない演奏ですが楽しんでいただけたようでよかったです。
「1度聴いただけで印象に残るメロディー」というのなんとなくわかります。
私は初めて弾いたとき、「この曲どこかで聴いたことあったっけ?」と思いました。
初めてなのにすごく懐かしい気がして。
曲の中にはそういう、初めてなのに懐かしい曲というのがあります。
1度聴いて印象に残るというのも、それと通じるものがあるように思います。
楽譜に忠実に弾けたらいいんですけどね~目立ったミスタッチのほかに内声とかも微妙に間違っていたりします。私には楽譜どおりの音をちゃんと押さえるということがまず、かなり高いハードルなんです。涙

まんまるさんもデジピ族ですか。
やっぱり人前演奏の前はスタジオ練習が不可欠ですよね。
スタジオへはバイク飛ばして行くんですね。なんかカッコイイ。笑
やはり私のように自転車で5分という近さにスタジオがあるのは、恵まれているんでしょうね。
本番前にもう1度は行ってこよう!

金魚さん>

聴いてくださってありがとうございます。
この曲、春っぽいでしょう?かわいらしくて、ほっこりと心なごむ曲ですね。
超絶技巧とか、人間嫌いの変わり者とか、アルカンにそういうイメージがあるだけに。ギャップ萌えってものが確かにありますね。

そんな難しくてすごい曲、私がそもそもやるはずがないじゃないですか?
弾いてみたいと思ったこともないですよ~。
>もう少しアルカンの曲を弾いて欲しいんですけど。この曲がアルカンっぽくないのだとしたら、そのアルカンらしいやつをヨロシクお願いします。
と、ありますが、金魚さん、私をいぢめて遊んでませんか?
アルカンぽい曲は完全に私の守備範囲外です。興味があったら、YOUTUBEかなんかで検索して聴いてみて~

白チェブさん>

聴いてくださってありがとうございます。
でも初めて聴くアルカンが私の演奏とは・・・変なイメージを植えつけないといいのですけど(笑)

この曲はアルカンの中では奇跡的に易しい部類の曲なのではないかと思います。音数も、これで、決して多くはないんですよ。バロック風の対位法で書かれているところは、さすがに結構練習しないときつかったですが。
途中の、ポンポンっと転調するところいいですよね。
白チェブさんもぜひ弾いてみませんか?
フランス組曲5番のガヴォっトあたりと、雰囲気的にも難易度的にも同じくらいだなあと思います。

monet さん>

ワーグナー=リストなどという名前を見たときは、目が点になりましたが(笑)(そんなの弾けたら苦労ないですね!、でも日頃のシューイチの選曲を見てくだされば、そんな発想は浮かぶはずもないと思うんですけど・・・???)アルカンもこんな曲があるということで、その意外性を多少なりとも楽しんでいただけたのでしたら幸いです。

演奏は、ぜんぜんだめですよ~
爪の垢?天賦の才?あの~どなたかほかの方のブログと間違ってコメントしてらっしゃいません?才能なんて、私には最も縁遠い言葉でございます・・・
ただ曲想をつけるのは、たしかに普通の人より早い段階でしているかもしれません。でもあくまで順序の問題です。私にはそのあと、楽譜どおりの音をミスや音抜けなく鳴らす、という普通の人が最初にクリアするステップが、どど~んと立ちはだかるんですから。涙

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a