受難日礼拝に向けて・・・

今年も受難日礼拝でピアノの奉仕をすることになりました。
イースター(復活主日)や、その直前の金曜日である受難日は、その年によって日付けは変わります。
今年は3月31日がイースターなので受難日は3月29日。
気がつけばあと2週間ちょっとしかないんですね。

礼拝の最後に、タワシがソロで何か1曲弾きます。
これから選曲して練習します。
ちなみに去年はバッハのBWV639「主イエス・キリストよ、我、汝の名を呼べり」を弾いてます。

当日の記事はこちら
TAWASHI PLAYS BACH ~受難日礼拝~

そのころのタワシの演奏(実状版)

[VOON] BACH BWV639

去年はこの日のためにかなり頑張ったのですが、今年はこれといった理由もないのに大幅に出遅れてしまいました。バッハの何かを弾けたらいいなあと思っていましたがこの短期間ではちょっと無理なようです。
どの曲を弾くにせよ、これから選曲して練習して間に合うのか。。。
また、健康的で明るい音色といわれることの多いタワシですから、暗くシリアスな曲趣の作品をどれだけそれらしい雰囲気で弾けるのか。。。。
などと不安はつきませんが、
これから2週間あまり、最善を尽くします。
ブログ更新やシューイチ録音にしわ寄せが来るかもしれませんがご理解願います。
(シューイチを休むつもりはありませんが、思いっきり短くてシンプルな曲になるでしょう)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

今年は四旬節の初日、灰の水曜日のミサに初めて出席しました。気付かなかったんですが、実は次男も出席していたらしく、腰が抜けるほど驚いてしまいました(^^;;

去年はタワシさんが弾いてくださったこの曲を何度も何度も聴かせてもらいました。そんなこんなで、今年は何を弾いてもらえるんだろう~と実はかなり前から、すごく楽しみに待っていたんですよ。

タワシさんのことですから、今からでもきっと素敵に仕上がる曲があると思います。教会の皆さんも待っていらっしゃることでしょうし、ぜひぜひ頑張ってくださいね~~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

私も究極はバッハが弾きたいです。
ピアノ版「トッカータとフーガ」。
あ、ピアノ版「G線上のアリア」も。

いちおう「主よ、人の望みの喜びよ」は、
何度もおさらいしました^^

今はあれこれやりすぎて、
きちんとピアノに面する時間が無くなってしまいました。

タロコさんのところにお邪魔するたびに、
これではいかん!
と思うのですが・・・

継続は力!
ですよね^^。

「主イエス・キリストよ、我、汝の名を呼べり」
これも挑戦したい曲です。
しかし、上手いなあ@@。。。。

私はタワシさん、こんばんは☆
ああ、タワシさまのこの曲、やっぱり素晴らしいです。
それにしても、礼拝に音楽で奉仕出来るなんて、なんて、素晴らしい事でしょう!タワシさんは、その才能を神さまから、授けれているのですね♪
話はそれますが、入門者の扉を、ひっそりと開けかけている状態の私は、四旬節になって、なんとなくミサにいくのが、恐れ多い気がしてしまいます…。

トマトさん>

おお、次男君と同じ礼拝(ミサ)に出られたのですね。気がつかなかったということはかなり大きな教会でしょうか?
灰の水曜日、言葉としては知っていますが、プロテスタントの教会ではあまりそのための礼拝というのはしないですね。同じ神様を信じていても、礼拝やその他の行司のやり方など、カトリックとはかなり違うところもあるかな~。

↑これだって何回も聴いていただくような演奏じゃありませんけど、今年もせっかく期待してくださってるのにまだ曲も決まっていないという体たらくですけど、でも暖かい応援、おおいに感謝してます。
神様と人に喜んでもらえる演奏にしたいです。

NANTEIさん>

NANTEIさんは、多種多様な趣味をお持ちでしかもその一つ一つがプロ級というまさ現代のダヴィンチみたいな方ですから、ピアノにまで手が回らないのも無理はないですね。でもちょっとその気になれば、今だって、相当な腕前でいらっしゃるのではないですか。もしももしも、お暇なときはありましたら(あまりなそさそうですが)ピアノに向かってぱらぱらと弾き散らすだけでも、いい気分転換になると思いますよ~
「主よ」もいい曲ですね。バッハといったらこの曲を思い出す人も多いのでは?

ところでタロコさんって方がお友達にいらっしゃるのですか?
私タワシですが・・・タロコさんって印象的なお名前なのでどんな方なんだろうと気になっています。笑

monetさん>

この曲(BWV639)本当に心が清められるような美しい曲ですよね。でも私の演奏じゃ、まだまだその魅力を伝えられていないと思います。

教会で奉仕するのは才能が条件じゃないと思います。心です!
才能なら、私だって特別なものは何も持っていないですよ。
monetさんの演奏はまだお聴きしたことがないけどなんとなく想像はできるんです。ピアノを愛する気持ちにあふれて、聴く人の心が癒されるような音楽なんでしょうね。教会か、ほかの場所かわからないですけど、きっとmonetさんのそんなピアノが用いられる日も遠くないんじゃないかな~と私は思います♪

タワシさん、こんばんはー

いいですよ!いいですよ!短調も( ・∀・)イイ!!ですよ
この曲初めて聴きましたが(汗)
さすがタワシさんですっ
あぁ、これからもバッハを沢山弾いてくださいね♪

のんさん>

聴いてくださってありがとうございます!
あれ、この曲初めてでしたか!バッハ大好きなのんさんにしてはちょっと意外でした。
結構有名な曲だと思うのですが。。。
演奏もいろいろな人が弾いてますのでぜひ一流ピアノにとによるまともな演奏で、この作品の本当の(!)すばらしさしさを味わってくださいね~

今年の受難日礼拝は、バッハではなくて「ストラデッラ」という無名の作曲家の作品を弾くことになると思います。バッハはやはり偉大すぎて私にとっては「ものすごく高い山」と思えるときも多いですが、折に触れて弾きつづけていきたいと思ってはいます。
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場