<今週の録音>イェンゼン「君が頬」 

あわわわ~!
週が変わるまで、あと2時間を切ってます。
今回もまた、ぎりぎりのアップになってしまいました。
こんなに追い込まれてしまったのも、一昨日、昨日と例の無謀曲(プーランクのノヴェレッテ)に浮気していたツケですね。
しかし今週も、何とか間に合いました!

今回の曲は、リストの門下生であったドイツの作曲家、アドルフ・イェンゼン(1837~1879)の歌曲「君が頬」を、ピアノソロ用に編曲したものです。
サロン風のピアノ曲と歌曲を多く残しましたが、記念すべき作品1(の1!)であるこの「君が頬」も長らく親しまれていたようで、タワシは全音の「世界名歌110曲集・2」でこの曲と出会い、今回もその楽譜(もちろん三段譜です)で弾いています。

世界名歌110曲集(2)世界名歌110曲集(2)
(1998/12/10)
全音楽譜出版社出版部

商品詳細を見る


メロディと伴奏の両方をできる限り忠実に拾おうとしましたが、練習不足もあってちょっとごちゃごちゃした演奏になってしまいました。
なお、歌詞を作詞したのはかの有名な詩人、ハイネです。
昔々(爆!)、タワシがミーハーな文学少女だった頃、ハイネの詩の世界にも、かなりあこがれていました。
そんなことはどうでもいいですが、同じ詩に、ロベルト・シューマンも曲をつけています。
こちらのほうがより有名なようですが、タワシは歌曲に疎くって。。。これから聴いてみようと思ってます。

それから、イェンゼンの純粋な(!)ピアノ曲を弾いてみたいという人にはこんな楽譜も出てるようです。
イエンゼン ピアノアルバム

明日は礼拝でピアノの奉仕をしたあと、地元(つくば市)のピアノサークルへ行ってまいります~
まともに弾ける曲がないけど、楽しんできますね♪


[VOON] 君が頬(イェンゼン)
[2013/03/16 22:41] 今週の録音 | TB(0) | CM(2)

私はタワシさん、こんばんは☆
ギリギリ週1録音、聴かせて頂きました。(プーランクは週1に入らないんですね。)やっぱり、タワシさんのピアノ、いつ聴いても「音楽」ですね~♪ でも、曲のタイトル、面白いですね。(って、思うの私だけかしら。)題だけみたら、「右の頬を…」を、連想しちゃいましたが(笑)、そうじゃなくって、ロマンティックな歌詞なんですよね?、きっと^^。
[2013/03/18 01:56] monet [ 編集 ]

monetさん>

ギリギリ週1、録音聴いてくださってありがとうございます。
(プーランクは・・・あんなもの絶対に絶対に、シューイチには入れられませんよ。なんかタワシのことを過大評価している方が多いので、実態を知ってもらいためにもあえて赤っ恥をかいてみただけですから・・・)いつもぎりぎりになってしまうので反省しています。次回こそはちょっと余裕を持って・・・と、いつも思うのですけどね~。

「君が頬」の歌詞ですが、こちらのサイトに詞(ハイネの詩)とその対訳が載っていますので参照してください。
http://www.damo-net.com/uebersetzung/schumann/op142/02.htm
曲の感じからも大体想像がつくと思いますが。。。ハイ、おっしゃるとおりロマンティックな恋の歌で~す♪
愛する人に、面と向かってこんなこと言う(言える)人いるんだろうか。。。あ、熱すぎるぅ~!!
[2013/03/18 10:52] 私はタワシ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/706-80e94a19