ショパン;マズルカ ヘ短調 Op7-3

一つ前の記事で書いた、ホールれんしうかいで弾く予定の曲ですが、発表します。
(発表会ならいざ知らず、れんしうかいの演奏曲をわざわざここで公表するまでもないかもしれませんが、そういうツッコミはなしで、お願いしますね~)

ショパンのマズルカ へ短調 作品7の3です。
楽譜にして2~3ページ、演奏時間約2分半の小品ですが、さまざまな要素を詰め込んだ盛りだくさんな曲で、すごく弾き甲斐がある、といえますね。
マズルカには オベレク、クヤヴィアク、マズルという3つの種類があるそうですが、このマズルカには1曲の中にそのすべてが網羅されているとのこと。
それに加えてとても印象的な序奏があります。
魅力的に弾くにはかなりの音楽性が要求される曲だと思います。平々凡々なセンスのタワシには、どう見ても高い壁・・・
でもいつも身の丈にあった曲ばかり弾いていては、人間、進歩がありませんものね。

というわけで、現在鋭意れんしう中であります。
広い音域のアルペジオに苦戦しています。
10度開く大きさか、またはもうちょっと柔軟性のあるお手手がほしい~(切実)
タワシは9度までなら普通に届くんですけど10度は白鍵どうし、黒鍵どうしが、ぎりぎりで届く大きさです。白+黒の10度だとアルペジオにしないと無理。
身長155センチの日本人女性にしては手は決して小さくはないと思いのですが、でもピアノ弾いている限りは、もうちょっと。。。と欲が出てしまいますね。

ではYOUTUBEで拾ってきたいろんな演奏を・・・
■ホロヴィッツさん。(1曲目)


■ルービンシュタインさん。


■メルジャーノフさん。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

私はタワシさん、こんばんは☆
平平凡凡なセンスの~、で、スミマセン、思わず吹いてしまいました…。タワシさんがそんなわけないじゃないですか~!!!全国のファンから、抗議文が届いちゃいますよ^^。
タワシさんと私、身長一緒です♪でも、私は10度は、どう、どう、頑張っても無理です。9度も間に音が入ると苦しいケースが多々。正直、タワシさんが羨ましいです^^。まぁ、手は生れ持ったもので仕方ないので、レパートリーを考えつつ、楽しんで弾ければいーや、と最近は開きなおっていますが。
そうそう、ショパンのアルペジオは、ご存じと思いますが、エチュードのOp.10-11、とても広~い音域のアルペジオの練習曲がありますし、コルトー版には攻略法がついていますが、これは、ある意味またちょっと違ったテクニックかな。私、実は、タワシさんが10度アルペジオで苦労されているのって、めちゃくちゃ意外でしたよ…。手が小さい私は、色々と苦労するんですが。あ、何の参考にもならない、私の試行錯誤から…、1.怖がらない!(自分の手は大きいんだというイメージを持つ) 2.確実に、弾いたら次の音へきちんと重心移動している、3.手首、腕を柔らかく使う(あ、求める音色にもよりますが) という、当たり前のしょーもないこと…、どうも失礼しました!

私もマズルカ練習中です☆
この前Op7-2が終了して、昨日からOp67-2に入りました^^ マズルカはやっぱり独特のリズム感を出すのが難しいですね(^^;;
でも、ショパンの曲ではノクターンとかワルツよりも私はマズルカが好みなので、これからちょくちょくマズルカを弾いていく予定です^^
タワシさんのマズルカの音源アップ楽しみにしてます♪

こうやって聴き比べると面白いですね♪
ルービンシュタインがやっぱり音綺麗だなぁと思いましたi-189i-189
単に好みなだけかもですけどi-229
この曲、タワシさんにすごく似合うように思います。
なんだか、タワシさんのイメージってマズルカなんですよね。
ぜひ生で聴きたいです♪おんそうずでもぜひ~願

>でもピアノ弾いている限りは、もうちょっと。。。と欲が出てしまいますね。

これ、すごく良くわかります(>_<)
私はオクターブがやっとなので、せめてもう1度、とか思わずにはいられません。
9度届くタワシさんがうらやましいです~涙

マズルカ

私もルービンシュタインさんのこのセットをポチリ、マズルカも時折聴いております。

独学の練習方法について

はじめまして。質問してもいいですか?

私は9年習っていてソナチネまでいったのですが
事情で習いに行けないため
独学で4年ほどやっているのですが
全然上達しません。

たわしさんも独学ということなので
どういう練習のしかたなのか
おしえていただきたいです
お願いします。

monetさん>

具体的なアドバイスの入ったコメントをいただき、本当に感謝、感謝です。
10度のアルペジオ本当にへたなんですよ~(滝汗)
エチュードのOp.10-11をきれいに弾けるひとなんて、もう尊敬を通り越して宇宙人を見ているようですわ(爆)こるトー版で紹介されているというその特殊なテクニックというの、いつかお会いしたときに、ほんのさわりだけでいいので是非、実演していただけないでしょうか。
それはさておき、monetさんご指摘の3つのポイント私は全滅のようです。
アルペジオに限らず、すべての苦手なテクニック(跳躍とかオクターブ連打とかスケールとか・・・枚挙にいとまなし!)でそうですが、弾く前から気持ちで負けちゃっているところも大きいですね。
そして実際に手首、腕はがちがちで、指以上に言うことを聞いてくれないですし。脱力できていないんでしょうね。
手は、大きい人でもきいてみるとそれなりの悩みがあったりして、自分の手に満足している人は意外と少ないような気がします。
私は右手の小指が、小学校の体育の時間バスケで突き指したのがもとで、第1関節から内側に曲がっています。これなんかも力はちゃんと指に伝わらない原因になりますのでハンディといえるかも。

それから私は本当にセンスがないですよ。信じてください。お長い。
アレンジなどしながらどれだけため息ついているか、ご存じないでしょう?
即興演奏なんて本当にワンパターンでぐるぐる回しているだけです。センスのある人は絶対こんなことやりません。

のりぃさん>

コメントありがとうございます。この前はレッスン無事行けて本当によかったですね。その後体調はいかがですか。
憧れの のりぃさんと、今弾いている曲は違えど、同じショパンのマズルカをやっているという、それだけでもう嬉しいです。励みになります!

私もノクターンのような曲よりマズルカがずっと好きだし、自分に似合うと思っています。ノクターンは何曲かやったことがあるのですが、自分のキャラに似合わなさ過ぎてこっぱずかしいです。。。
マズルカのリズムはほんとに難しいです。3拍子というとどうしてもワルツのリズムが身についていますから、意識してないとすぐワルツと変わらなくなっちゃっいますね。

これからもお互いマズルカの森で大いに遊びましょう♪

エラニユースさん>

発表会お疲れ様でした。
なかなかいい演奏ができたようですね。
確実にレベルアップしているエラニユースさんはじめブログ仲間の皆さんに少しでもあやかりたいなあと、切実に思うタワシです。

マズルカのいろんな演奏、聴き比べると面白いでしょう?
同じ曲なのにずいぶん表現が違いますね。
ここに紹介できませんでしたが、私はいつもルイサダさんのCDを聴くことが多いんです。いつも聴いているので多少なりとも影響を受けているかも。でもそんな畏れ多いことを言ったら全国のルイサダファンを敵に回してしまいますね。苦笑
エラニユースさんはルービンシュタインが気に入りましたか?弱音がきれいですね。そして、気品のある演奏です。粗野なタワシのとは正反対かも。

この曲が私のイメージに似合うといってもらえてすごく嬉しいです。
おんそうずでもたぶんBGMになると思いますが、マズルカを何か弾きますね。

MKさん>

お久しぶりです!コメントどうもありがとうございました♪
ルービンシュタインのショパンは定番中の定番ですよね。といいつつ、私はCDはあまり持っていないですけど。
MKさんはセットで購入されたんですね。ブログは意見してますと、お手持ちのCD かなりセットものの比率高いですよね。
この演奏ですが、少し私の持っていたこの曲のイメージよりおとなしめなんですけど、エラニユースさんのコメントにも書きましたが音がきれいで気品の感じられる演奏だと思います。

未知さん>

はじめまして、ようこそ当ブログへ!
訪問&コメント、どうもありがとうございました。

独学の練習法ということですが、せっかくお尋ねいただいたんですけど、これといって特に変わったことはやっていません。
好きな曲、弾きたい曲を、手当たり次第に(?)ただ弾き散らしているって感じです。
もちろん弾けない箇所はゆっくり練習や片手練習はしますが。
小さいときのトラウマがあって、ハノンやチェルニーのような機械的な練習曲はどうしても弾く気になれません。なので今はまったくやってません。

まったくの独学だとどうしても行き詰まってしまいますよね。
私はいくつかのピアノサークルに入っていて、そこでピアノ仲間(ほとんどはブログやSNSで知り合った人たち)と一緒にピアノを弾き合ったりします。仲間と励ましあうことで、モチベーションあがりますよ。
そして「れんしうかい」という集まりでは、アマチュアとは思えない音楽的知識とピアノの腕前を持つ3人の方々(通称オショーズ)にミニレッスンをつけていただき具体的なアドヴァイスをもらっています。
未知さんも機会があればそういう集まりに参加されるのもいいと思いますよ。

あまりお役に立てなくてごめんなさい。
またときどき遊びに来てくださると嬉しいです。
では。
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場