ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

マズルカ進捗状況~sotto voceが難しい! 

マズルカ Op7-3 依然として「鋭意練習中」です。
オショーズ&デシーズのれんしうかいを別とすれば人前で弾く予定もない曲ですが、タワシのもっぱらの本命曲というところでしょうか。

問題の10度のアルペジオですが、以前よりはよくなりました。
が、どうしても弾きにくいところがありそこは音をひとつ省いています。
とりあえずその音を捨てることで、突っかからずに音楽が流れるようになりました。
もちろん、オショーズに見てもらって、解決方法が見つかれば、何とか譜面どおりに弾くよう努力しますが、今はそれはいったん保留。

それより今は細かい表現に、心を砕いています。
まず冒頭の sotto voce。
「小さな声で」というイタリア語ですね。もともとは「フルヴォイスに対し極めて柔らかく発声する技法」という声楽用語だったのが、器楽にも転用されるようになったとか。
文字通り、「そっと」ささやくような声(voce)のイメージです。
が、うちのデジピではそれなりに雰囲気出るようになったものの、このまえ、教会のアップライトで弾いたらあまりに感覚が違うのでショックでした。グランドだとまた違うんだろうなあ(ため息)。
フォルテ(やフォルティシモ)も、まだまだたたきつけるような痛いフォルテになりがちなのですが、ピアノ(やピアニシモ)も美しく弾くのは同じくらい難しくて・・・。
特に、ppかつsotto voceの指示があるところにアクセントがついてたりすると、う~ん、どう弾けばいいんだろうと悩みます。
デジピで一応納得の音が出せたとしても、生ピアノでは・・・。
デジピ族はつらいなあと思ってしまう場面ですね。

でも、たとえデジピで練習してはいても、ショパンはさすがだ~やっぱり天才だなあ、といろんな箇所で感じますね。
後半、左手がカンタービレで旋律を歌うところ、繰り返すときには右手の和声が微妙に違うのですが、それがまた絶妙で。
さっきとは違うコードだからこの音はちょっと強調したほうがいいかなあ、それとも隠し味としてさりげなく伏せておいたほうがいいのかしら、などと考えながらいろいろ試してみてます。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/25 10:46 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/25 12:57 ] [ 編集 ]
2度のコメントありがとうございました。
のちほどそちらのほうへうかがわせていただきます。
もうしばらくお待ちを・・・♪
[ 2013/04/26 06:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア