<今週の録音> ハック「マズルカ」

体調不良で楽しみにしていたオフ会を参加をあきらめ、少々凹んでいるタワシです・・・
(前回記事に暖かいコメントを寄せてくださった方々、ご心配かけてごめんなさい、そして本当に感謝しています。のちほどレスさせていただきますのでしばらくお待ちください)
でもシューイチ録音は今週もあります。本当にぎりぎりになってしまいましたが、何とか間に合いました!

今回の曲は、子供向けのオムニバスのピアノ小品集の中にあったものです。
曲名はマズルカ、作曲者名はハックとしか書いてありません。ファーストネームもわからないのかー。
ためしに「ハック」でググってみたもののそれらしきものはヒットせず・・・

で、ここから先はタワシの推測の域を出ないのですが。。。
たぶんこのリンク先
レファレンス協同データベース・作曲家ハックウの出身国を知りたい
で取り上げている、「舟歌」の作曲者「ハックウ」と同一人物 つまり、
Otto Christoph Hackh 
ではないか、と思うのです。
この曲を弾いてみた印象として、レベル的にも内容的にも教育目的で書かれた小品という感じがします。インベンションの前にプレインベンションをやるように、本家ショパンのマズルカに入る前にマズルカというものを体験しておくための・・・(?)
だとしたら、音楽教師にして作曲家という、このひとの経歴とも合致するし、もろロマン派の作風も、時代的に納得が行く。
どうでしょうね、タワシの推理、当たってるでしょうか?

本当は、目下絶賛練習中の、本家ショパンのマズルカの実状版でもアップしようと思っていたのですが、録音を聞いてみたらあまりにがっくりする出来だったのでやめたのでした。
そして代わりにお子様向けの易しいマズルカをアップという結果に・・・
体調もすぐれないことですし、これでお許し願います。
タワシ的には、それでも何とか締め切り前の更新を死守できて、まずは満足です。


[VOON] ハック マズルカ

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

のびのびした、すてきな演奏をありがとうございました。御身体の具合はもう心配しなくてもいいのかも、と思ったくらいです。ゆっくりお休みになって、よい連休をお過ごし下さい。

Otto Christoph Hackh ですね。題名は「夏のバラ」 (Rose d'Été, Op. 230 No. 6) としても知られているようです。
http://akira-m.com/piano-pieces.php?comp=%83n%83b%83N

New York: G. Schirmer から作品230全曲の楽譜が出ていたようです。別の楽譜に掲載されている出版リストにありました。
http://hdl.handle.net/1802/19706
Otto Hacke - 6 Easy Pieces, Op. 230
1. Zephyr, Valse
2. The Tin Soldier, March (錫の兵隊)
3. Message of the Flower, Melody (花の使い)
4. On the Meadow, Dance rustique
5. On the Sea, Barcarolle (船歌・舟歌)
6. Rose d'Été, Mazurka (夏のバラ)

括弧内は全音・ヤマハ・音楽之友社の楽譜での訳です。
http://shop.zen-on.co.jp/item_search/search_music/composer:Hackh?type=p
http://www.ymm.co.jp/p/result.php?artist=O.%A5%CF%A5%C3%A5%AF
http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA44555516

子ども向けの曲を大人が弾いたら、こうでしょ♪ っていう演奏でしたね~~
マズルカは私、手を付けたことがないですけれど、
こういうふうに弾けるようになりたいなあ、と思わせる演奏でした。
体調不良の中、起き上がってピアノに向かうだけでもたいへんなのに、
録音するとなると、さらに気力が必要だったことでしょう。
私にはとうてい真似できません。

実家の母も眩暈ホルダーでして、私もいずれ・・・と覚悟しているところです。
ほんっとに、寝ていても起きているかのようにグルグルするんだそうで。
どうかどうか、じっくりと休んでくださいませ。

体調を崩されている中、シューイチ録音、とてもきつかったのではないでしょうか?

子供向けの易しい曲、といっても、そう簡単に、ちゃちゃって弾けるものではないので、さすがタワシさん!!
前の記事でも、初見で初めて弾く讃美歌を見事に弾ききられたそうで、
そこはもうタワシさんしかできないワザですね!

私にとって、ここタワシさんの記事は、こういった無名の作曲家のステキな曲と出会える場所です♪

お体、無理なさらずお大事になさってくださいね

体調の悪さを感じさせない、マズルカです。
さわやかなきもちになりました。
タワシさんは私の全然しらないピアノワールドを
広くみなさんに示してくださっていますね。
ピアノものんびり楽しくやれば体調もすこしずつ
快方にむかっていくと思います。無理なさらずにね

ご体調はいかがでしょうか(´・ω・`)
そんな中、シューイチ録音は守り抜くのはスゴいです!∑(゜ロ゜)
素敵な演奏をありがとうございました♪

ハック。。。これまた初めて聴く名前ですが←
調べてみると確かにOtto Hackhの"夏の薔薇(マズルカ)"と出てきました 
マズルカで、中間部はちょっぴりショパンぽくて
弾かれないのが勿体ない作品ですね。

ではでは。どうか早く軽快しますように(*´`*)

すごいですね、体調すぐれなくても週1録音は欠かさないなんて…。
それを感じさせない素敵な演奏でした♪

タワシさんが弾くと曲が生き生きとしてますよね。
うらやましい才能だなあ~~~って。
でもおからだも大事にして下さい、無理しないでくださいね。

kitkatさん>

お返事遅くなってすみません。
子供向けの易しい曲、しかもやっつけ仕事でつたない演奏ですのに、あたたかいお言葉を頂戴して恐縮です。
身体のことも気遣ってくださって感謝します。
さいわいかいほうにむかっております。ゴールデンウィーク中は職場を休ませてもらうことになりました。連休明けには完全復活できたらいいと思っています。

Erakko さん>

お返事が遅くなりました。
いつも珍しい作曲家や作品の貴重な情報や演奏を提供してくださってありがとうございます。読み逃げ、聴き逃げが多くすみませんが、興味深く拝見、拝聴してます。
この曲の作曲者に関する情報も、感謝します。やはりOtto Christoph Hackhでよかったのですね、ピントはずれの推論だったら恥ずかしいなと思ってましたが、合っていて安心しました。
「6つの易しい小品」の中の1曲でしたか・・・永遠のソナチネレベルの私もこれなら弾けそう。他の曲も機会があれば弾いてみたいですね。
ブログのほうリンクさせていただきました。(私のブログもすでに登録してくださっていたようで・・・驚きましたがうれしいです)

かふぇばーさん>

このたびはご心配おかけしまして・・・
症状が激しかったので生命の危険まで覚えてしまいましたが、悪性のものでなくてよかったです。
ひどい時は寝ても起きても座っても、世界が高速で回転して、泣きたいつらさでした。
話を聞いてみると同じような症状を経験した人が予想以上におおくて驚きます。お年頃(苦笑)の女性に特有の原因もあるのでしょうね。

演奏気にいていただけてうれしいです。このレベルの曲なら、かふぇば-さんならまったくの初見でももっと素敵に弾けそうな気がしますが。本家ショパン様のマズルカもチャレンジしてみたらいかがですか。

atsumiryさん>

お返事とても遅くなってしまいました。ごめんなさい。
いくらシューイチ録音に思い入れがあるといっても、録音、無理してまではしませんのでご安心ください。
それにこのとおりの短くて易しい曲ですよ。その割になかなか完璧には弾けませんが。。。ブログ仲間の皆さんなら、この程度の曲、それこそ初見でもちゃちゃっと弾いてのけるのではないかなあ。

>私にとって、ここタワシさんの記事は、こういった無名の作曲家のステキな曲と出会える場所です♪
→そういっていただけるとすごく励みになります。無名の作曲家、あるいは有名な作曲家の無名な曲を弾いて、喜んでもらえるとこちらもすごくうれしいのです。これからもいろいろ面白そうなものを見つけてきますので応援よろしくです。

みんみんさん>

ご心配おかけしてます。
波はありますけど少しずつ快方に向かっていると思います。
自分のめまいの原因が心配なもの(脳の異常など)でないとわかり、ちょっと安心しました。
今は少しずつ身体を慣らすリハビリの段階にあります。
ピアノもちょっとずつ弾き始めましたよ。

このマズルカ、子供向けの教育用の小品のようですが、でも短く易しい中にもよくまとまっていますね。曲想の変化もあって、弾いていて結構楽しかったです。
lこれからも面白い曲をいろいろ見つけてきて紹介したいと思ってますので、聴いてやってくださいね。

空苑さん>

ご心配おかけしてます。
まだ仕事は休んでますけど、自転車で近所に買い物に行くなど、波はあるものの少しずつ快方に向かっています。
脳のCTも撮ったりしましたが異常なく、たちの悪い病気はまず心配しなくていいだろうとのこと。
完治するには少し時間がかかるかもしれませんけど 焦らずにいきますよ。

曲については、マイナー作曲家にめちゃくちゃ詳しい Erakkoさんが、上のコメントでご教示してくださっているとおりです。
やっぱり Otto Christoph Hackh でよかったのですね。
メランコリックな中間部は、マズルカというよりむしろショパンの憂愁系のワルツを思わせますね。ここでカラーをどれだけ変えられるか大人の腕の見せ所かも・・・というほど実践できててはいませんが、でもそんな気持ちで弾きました!

まんまるお月さん>

お気遣い感謝します。
無理のない範囲でやっていますから、ご心配なく。
もちろん無理は禁物ですが、少しずつ普通の生活に戻していかないと かえって回復に時間がかかるということもありますからね。
今週も、といってももう今日しかありませんが、できたらシューイチ録音は何とかしたいなあ。

>タワシさんが弾くと曲が生き生きとしてますよね。
うらやましい才能だなあ~~~って。
→そうですか、だとしたらとってもうれしいけれど・・・
人さまにうらやましがられるような才能は、どこをどうひっくり返してもありませんので。
でも いのちの通った音楽を作りたい(演奏にせよ、アレンジや作曲にせよ)という思いだけは、いつも持ってるつもりなんですよ。
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場