ようこそ!タワシワールドへ♪
{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
またも無謀なエントリーと、シューマン様のお言葉
まだ念のためお薬は飲んでいるものの、ここ数日は、めまいの発作は小さいものも含めて起こることなく、普通の日々が戻ってきました。
仕事も言われれば残業もし、ピアノも今までと変わりなく弾いてます。

そんな中、またまた場違いなコンサートに弾き参加でエントリーしてまして、そろそろ選曲をして本気モードで練習に入らないとまずいのでは、と思ってます。
7月27日開催の、「第5回 音楽の星座 ~ルネサンスから現代まで~」という、オショーズ主催の企画です。
オショーズ主催企画といえば、「怪奇幻想おふ」「美味しい音楽」などテーマといい演出といい懲りまくりな上、参加者のレベルがそりゃもう高くって、タワシはいつも完全に、「場違いオーラ」を放出しまくっているわけですが、とりわけこの「音楽の星座」はハイレベルなような気がします。
過去に1度だけ…おととしの第3回に弾き参加したことがありますが、行きの電車の中で楽譜を忘れるというアクシデントがあり、土壇場で思いがけないクソ度胸を発揮して楽譜なしで弾いたものの、ズタボロの演奏になってしまいました(やっぱりねぇ)。
去年はどうしても都合が悪くて行けませんでした。
そして今回性懲りもなく、エントリーしてしまいました。
何しろ超人気企画ゆえ、あっという間に枠が埋まってしまうので、出ようかどうしようか、と迷っている暇も与えられないのです。

しかし何を演奏するか、現在はまったくの白紙状態です。
候補曲すら頭の中になく・・・これから考えます。

「やさしい曲を、上手に、美しく弾くように努力しなさい。
 難しい曲をいい加減に弾くよりはずっとましです」

とおっしゃったのは、かのシューマン様でしたが、タワシはこれを生涯のテーマにしようと決めています。
今回の「星座」でも、今できる限りの力で、そのテーマを体現したいなと思ってます。
だから曲は、技術的難易度はかなり低いものになると思います。じゃないと、まず弾けないし。
たぶん、ピアノを始めて日の浅いお子ちゃまたちでも、らくらくと弾けるような曲になりそうです。
人生経験豊富な大人が弾いてこそ出る、味わいとか、いい意味の余裕とかを、聴くひとに感じさせる演奏ができたらいいのですけど・・・

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
No title
シューマンだったんですか~~
それ、私のお師匠様にもさんざん言われました。
「指がまわるからといって、音楽的じゃない演奏のなんと多いことか」って。
大人になってから本格的に始めた私としては、
テンポの問題は常に「壁」あるいは「崖」として立ちはだかってkましたが、
お師匠様のことばで、救われた気がしたものでした。
どんな難曲であろうとも、音楽的でない演奏は人の心を打ちませんね。
「すごいね」で終わり。

そんなふうにはならないゾ、というタワシさんの決心は
そのまんま、私の秘めた決意でもあります。
あ、別に秘めなくてもいいんですけどね~~

タワシさんに、清き一票だ!! (ヾ#.+゚*´v`)ノノ・゚・ぱちぱち☆
2013/05/10(金) 18:55:36 | URL | かふぇ婆 #dvUYBDnY[ 編集]
No title
「やさしい曲を、上手に、美しく弾くように努力しなさい。
 難しい曲をいい加減に弾くよりはずっとましです」

いい言葉ですね。私も肝に銘じて精進します。もう若さと力に任せて弾きまくるガキじゃないんだよっ、と・・・。

まだあまり無理して欲しくないんですが、でも、やっぱり、タワシさんの当日の演奏、楽しみにしてます! 
2013/05/10(金) 22:28:00 | URL | KitKat #-[ 編集]
かふぇばーさん>
はい、シューマンなんですよ♪
粘着質な男性は苦手なんで、シューマンさんとは個人的にはお友達にはなりたくないですけど、これはなかなかの名言ですよね。
私はクラシックに関してはほとんど独学である上に手もすごく不器用で、どんなにがんばっても難曲のたぐいは弾けないと思います。
ブログのお友達にもその点では大きく遅れをとっているのを、自分でもちゃんと認識してます。
それでもときどき落ち込んだりもするけれど元気に(魔女の宅急便か?)ピアノを続けているのは、シューマンのこの言葉に支えられて、というところが大きいです。

かふぇばーさんもやっぱり、この言葉には励まされますか。
でもかふぇばーさんはショパンのエチュードのような難しい曲も弾こうと思えば弾ける人ですから、その点は私と違いますよね。笑
2013/05/11(土) 20:56:51 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
kitkatさん>
コメントありがとうございます。
ね、いい言葉でしょう?
ときどき過大評価されることもありますけど、私、本当に易しい曲しか弾けない、永遠の初級者なんです。
それでも、落ち込むときはこの言葉を思い起こしては、これが私の生きる道!と、モチベーションを保っております。

当日の演奏、どうかあまり期待しないでくださいね・・・
ほんとにただただ舞台で弾く経験を積みたいために、実力不相応なエントリーをしちゃったのです。
選曲もまだ決まっていません。いい加減決めないとほんとや倍ですね。
2013/05/11(土) 21:04:44 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
シューマン様に一票!
そのお言葉、すっごく心に響きました!

私が今やってるツェルニー初歩者の…も、テクニック的にはとても勉強になりますが、決してそんなに難しい曲ではなく、表現をつけて美しい演奏を心掛けてます、、、が、まだまだ弾くだけで必死ですが…^_^;
難しい曲も憧れますが、まずはこういう小品を、いかに美しく弾けるか!ですよね♪

次の記事も読ませていただきました
そうですね、表現も大袈裟ぐらいが聞いててもちょうどいいんですよね
タワシさんの演奏も、とても情熱的な気持ちが伝わってきました♪
私も、そのくらいのダイナミックな表現、見習います!(^.^)
2013/05/11(土) 22:37:36 | URL | atsumiry #-[ 編集]
atsumiryさん>
私の大好きな言葉に、共感してくださって、心強いです。
atsumiryさんも今その修行中なんですね。
お互いがんばりましょう。

グラナドスの演奏も聴いてくださってありがとうございます。
ちょっと感情移入しすぎたかなと思いましたが、意外にもこれくらいでちょうどいいという声が多かったですね。
私はそんなに情熱的な性格じゃないと思うのですが、音楽になるとずいぶん熱くなります。どこかにそういう面も秘めているのかもしれませんね。
でも、こういうロマン派の曲はともかく、バロックや古典派ではさすがにもうちょっと冷静にブレーキかけないとまずい場面も多いようです。
さじ加減、難しいですね。
2013/05/13(月) 10:52:47 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/733-f0846457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック