睡魔に襲われた、スタジオ練習

いよいよ明日はホールれんしうかいです。
タワシは4月の下旬にめまいの大発作を起こし救急車で搬送されたりして、参加が危ぶまれましたが、無事にこの日を迎えることができてよかったです。
リアルでお目にかかるのは初めてという方もあって文字通りドキドキワクワクです。

で、れんしうかいに備えて最後の追い込み(というほど、これまで練習してきていませんが)のため、仕事のあとにスタジオ練習の予約を入れておりました。
夜の9時から行ってきたのですが・・・
当然のごとく明日演奏するショパンのマズルカに専念して練習を始めたのですが、
あろうことか、、途中から激しい睡魔に襲われ、眠気と必死に戦いながら弾いてました。
最近睡眠が不規則になっていたのと、今日が数年に1度という「物調」つまり郵便物の詳細な通数調査でひたすら疲れたからでしょうか・・・
せっかくのグランドピアノ練習なのに、眠くてまともに弾けなかった。
途中で数分お休みを入れたり、浮気曲を弾いたり、あげくの果てにだらだらと即興演奏なんてしてしまいました。
こんなことは初めてです。
もちろんこんなコンディションで弾いたマズルカの出来がよかろうはずはなく・・・
これでは本番が思いやられます。
ま、れんしうかいだから、これでいいのか。

ちなみに今は眠気の波が去ってしまい、こうしてブログなんて書いたりしてます。
電車で寝過ごしたりするとまずいのでいい加減に休みますね。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

No title

せっかくのスタジオ練なのに睡魔とは、よほどお疲れだったのではないでしょうか?
めまいは落ち着いてらっしゃるようですが、あまり無理をしないようにしてくださいね。

今日は練習会なんですね^^
ホールっていいですね。人数がそこそこいればできそうですね。
タワシさんならきっと素敵な演奏を披露されるでしょう。
楽しんできてくださいね。

No title

 お疲れだったご様子ですね。でも、眠くても即興演奏できてしまうなんてそれはそれですごいです。
 ブログを書いた後はゆっくり睡眠をとられたこととお察しします。ぐっすり寝ているタワシさんの姿が目に浮かびます。(^^)健康第一ですから、しっかり寝ましょう!

まんまるお月さん>

ご心配おかけしてすみません。
めまいは大丈夫ですが、本文にも書いたとおり、この日に限って、数年に一度という特別な行事があったので、不慣れな仕事で疲れ果てました。
せっかく安くないお金を払ってスタジオに来たのに、睡魔と闘うのにエネルギーを使うなんて情けない・・・
それでも前日にグランドに触っておけてよかったです。

ホールれんしうかいよかったです。ホールといってもべヒシュタインのショールームの中の一室で、いすも40席くらいしか並んでいません。でも音響はさすがにいいですし、調律もばっちり。とても気持ちよく弾けましたよ♪
まんまるさんたちもいつかこういう機会があるといいで末。

やぢまさん>

はい、この日は疲れがピークでした。
睡魔と闘いながらの即興演奏なんてインスピレーションも働いてないし、ちっともよくないですよ。
でも頭が働かなくて、楽譜持ってきた曲はどれを弾いても全滅だったので、それ(即興)しか弾けませんでした。

なんか最近夜が明けるのが早いから、「早朝覚醒」して困ってます。その分早く布団に入ればいいんだろうけどついつい夜更かししちゃうんですよね。
めまいの発作を起こしたときも寝不足がたまっていたので、気はつけますね。
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場