ショパン マズルカ Op.68-3 ~おんそうず演奏曲決定

「おんそうず」まであと10日あまりとなりました。
スロースターターのタワシもようやくソロの曲も決め、練習に励んでおります。

最初は例によってメドレー路線を考えたんですけど(今回はタンゴメドレーなんてどうかな、などとも・・・)結局、正統派クラシック、それもショパンで行きます!
先日のれんしうかいで、ペダルのアクシデントに見舞われた(って、100パーセント本人の責任なのだけど)マズルカ ヘ短調 作品7の3 トラウマになる前に(笑)人前演奏の場にかけておきます。

そしてもう1曲、やはりショパンのマズルカから、作品68の3 ヘ長調 も弾かせていただきます。
この曲は多分、ショパンのマズルカの中で技術的に最もやさしい部類に入るのではないでしょうか。
少なくとも指の動きの面で、これといった難所は見つかりません。
「4期のピアノ名曲集 第3巻 ブルクミュラー後半程度」(Gakken)という、子供向けの楽譜の中に入っているんだそうです。
はい、これはもう、タワシにぴ-ったりの難易度ですね。
しかし最近のタワシの座右の銘である「易しい曲を美しく」ということにこだわるなら、そんなに楽ではないかもしれません。

YouTubeにもいろんな演奏がアップされていますが、タワシが聴いた中で、自分のの抱いたイメージに一番近かった演奏がこちらです


演奏しているHenryk Sztompkaというピアニストについて知識がなかったので、ちょっとググってみました。
Sztompka,Henryk
そしたらなんと、このひと
「ポーランド・ピアノ演奏史にその名を残す空前絶後のショパン・マズルカ弾き」
だったんですって。
タワシ、ちょっとは聴く耳があったということですかね(←そんなことで調子に乗るな)

ちなみにタワシは、マズルカは、ルイサダさんのCDで聴くことが多いんです。
情感豊かで生気にあふれた演奏でタワシの好みですが、ショパンが生前に出版したマズルカだけを収録し遺作をカットしているため、作品68の3は、残念ながら入っていないのです・・・
でもこの人のマズルカもタワシにとっては理想の形のひとつです。

ショパン:マズルカ集(全41曲)ショパン:マズルカ集(全41曲)
(2010/01/27)
ルイサダ(ジャン=マルク)

商品詳細を見る

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

ようやく決まったんですね。またしても2週間を切ったあたりで…ギリギリは相変わらず^m^
でも、今回はメドレーじゃなく真っ向勝負?って感じで、しかも「ショパンの」マズルカなんですね。すごい!
今度はペダルに気をつけてがんばってくださいね。
タワシさんならステキに弾くでしょう。
録音楽しみにしてますのでヨロシク(^_-)
あ、BGMも楽しみにしてますからできるだけ長めの録音お願いします。お酒飲むんだから~。

この人のマズルカ、確かにいいですね。
タワシさんでも知らなかったくらいだから、知らないけどすごいピアニストさんってたくさんいるんだな。


いや~シュトンプカはすごいっす。と恩師のひとりがゆーとりました(爆)

ルイサダの想い出はたくさんありすぎてとてもここには書ききれません。

こんにちは。はじめまして。
まんまるお月さんとところからやってまいりました(^^)
前からお邪魔はしていたのですが、なかなかコメントの勇気が・・・・
演奏、聴いてます。
そう、すごくてコメントするのに勇気がなかったのです。
ジャズというのは私のもっとも苦手な域になるのです。といのは私リズム感が悪い(^^;)なのでジャズピアノ弾ける人ってすごいな~と感心しています。
タワシさんは指が勝手にうごくのでしょうね♪リズム感はどうやったらよくなるのでしょう?なにか練習法などあるのでしょうか?
あの・・・「おんそうず」というのは?
面倒くさい客でごめんなさい(*_ _)

金魚さん>

うーん。ぎりぎりといえばぎりぎりだけど、これでも今度は、いつもよりはかなりマシな気がする・・・
というのも、マズルカはこの前のホールれんしうかいに向けて自分としてはかなり練習した曲だから。
もう1曲のほうは技術的に易しいので,音を並べるだけならもう弾けるようになったし(←などと侮っていていいのだろうか・・・汗)
本番ではペダル気をつけます・・・

BGMは今回あまり弾かないと思います。
歌やリコーダーの伴奏が3曲も入っているから、私ばっかり出ずっぱりになってもマズイので。
一応候補曲をいくつか用意していくつもりですが、何を弾くかはその場の雰囲気と私の気分で決めます♪

この人、マズルカのスペシャリストみたいなんだけど知らなかった・・・CDとかもあまり出ていないようなので知らなくてもしかたないかしら・・・

shigさん>

さすがshigさん、そしてそのお師匠様だけあって、よくご存知だわ・・・
すごいヒトだったんですか!
某所でも書きましたが、ようつべはホントに玉石混交なので、いいものを見極めないでお手本にしちゃうと危険ですよね。たまたま気に入った演奏がそれだけの価値のあるものだったので、ちょっとうれしかったりします。

ルイサダさんとリアルでお会いして会話も交わしたことあるんでしたよね。いいないいな☆
そのうちルイサダの思い出話などたくさん聞かせてくださいね~

ゆめもり子さん>

ゆめもり子さん、はじめまして♪
ようこそわがブログへ~(^^)v
まんまるお月さんのお知り合いでしたか。。。
つたない演奏聴いてくださって、感謝感謝でございます。
でも「すごくてコメントするのに勇気が・・・」なんて絶対に過大評価です(・_・;) 音色はデジピなので補正がかかってますし、簡単な曲でもミスタッチを繰り返し何十回と録音繰り返したりしてる「永遠の初級者」なのですよ!

ジャズは、コードもそうですけどリズムの刻み方もクラシックと違って独特ですね。
ジャズへの憧れはずっともっていますけど、私自身はホントにまだまだで、ジャズっぽくかっこよく弾けないんですよ。
リズム感もまだまだです。。。昔はすごいリズム音痴で苦労しました。いろんなジャンルの音楽をたくさん聴く中で、少しずつ改善してきたような気はしますけどまだまだですね・・・あ、特別に、リズムのための練習みたいなものはしていません。

おんそうずというのは、主にFC2つながりの、音楽仲間によるコンサートといいますか、弾きあい会といいますか、その名前です。
障害がありながらもプロのピアニストを目指す「ばんちゃんさん」という青年と、そのお父さん「ばんちゃん父さん」の仲間が年に1,2回集まって、ピアノソロや連弾、リコーダー演奏、歌などを楽しんでいます。
関西地方や、遠くは四国からもいらっしゃるんですよ。
ばんちゃん父さんのブログはこちらです。ご参考までに。
http://shopiano.blog15.fc2.com/

私はタワシさん、こんばんは☆
再び、タワシさんのマズルカですね。Op.68-3も、聴きたいです~!
私が、マズルカの演奏に、始めにはまったのは、ホロヴィッツだったかしら。その後は、ルイサダで聴いていましたが(全集はそれしか持っていません~^^:)、私の版(1992年)には、Op.68の全4曲入っていますヨ!もし良かったら、ご連絡くださったら、CD喜んでお貸しさせてください。ちょっとかさばりますが、ホロヴィッツのOp.7-3とともに♪タワシさんの演奏のヒントになれば嬉しいです☆お気楽にどうぞ~^^。
それにしても、Sztompkaというピアニストさんを、始めて知りました。メモメモ。ありがとうございます。やっぱり、タワシさんの耳はすごい!のですね。
おんそうず、では、色々大活躍でいらっしゃるのですね。

monetさん>

私の持っているルイサダ盤は、マズルカの全集2度目の録音だったのですね。
調べてみたら、monetさんお持ちの旧盤は、音楽評論家の吉田秀和氏が絶賛した、名演奏だということでした。
機会があればぜひこちらの録音も聴いてみたいと思います。お言葉に甘えて、今度お会いしたときにでもお借りできますか。

あ、私の耳は別にそんなにすごくはないんですよ~
学生時代、一応音楽鑑賞サークルにいたのは事実ですが、だからといって特別音感がよくなったりするわけではないですよね。
もちろん、常日ごろ、名曲・名演奏を聴く機会が多ければ、それなりに引き出しは豊かになるかもしれませんけどね。
なんだか自慢したような書き方になってしまいごめんなさいデス。

Op.68-3まだまだ練習途中ですが、とりあえず現時点での実情版を最新記事でアップしています。音量絞って、覚悟の上、お聴きくだされば幸いです。

ルイサダ盤、喜んで♪生タワシさんにお目にかかれるのが、楽しみです☆
そういえば、音楽鑑賞サークルにいらしたのですよね…。シューイチの発掘力も、このあたりのご経験が生きているのかもしれませんね。私は聴いているものがかなり偏っているので、ピアノだけでなく、色々な音楽、広い時代の作曲家、時にはジャンルを超えた音楽を、聴いていけたらなぁ、と切に思います。ああ、時間がほしいです^^。自慢だなんてとんでもない、語ってくださり、ありがとうごさいました。
Op.68-3はもう聴かせて頂きましたよ♪覚悟って?なんでしょう…。

monetさん>

ありがとうございます♪
ルイサダのCDを聴けるのも楽しみですがmonet さんにお会いできることはもっとずっと楽しみです(^。^)

音楽鑑賞サークルでは、アナリーゼが苦手な落ちこぼれでしたよ。当時から、シューイチで今弾いているような、音楽史の裏道に咲く名もない小さい花みたいな小品たちを、こよなく愛してました。
自分ありにいろいろ勉強してそれなりに世界は広がっていったけれど、本質的な音楽の好みは、当時も今も、ほとんど変わっていないなあと思います。

そのうち記事でじっくり書きたいと思っているんですが、私の聴く音楽の中で純粋なピアノ曲の比率は(ピアノをやっている人間にしては)かなり低いような気がします。つまり雑食性なのですね。 
他の楽器の演奏を聴いてインスピレーションを得られることは多いので、これからも自由気ままに好きな曲を聴いていきたいです。
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場