ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

ナザレー「Garoto」~ブラジルのタンゴに夢中♪

  1. 2013.
  2. 07.
  3. 05
  4. (Fri)
  5. 11:07
ピアノの練習もブログも更新もやる気はマンマンなんですが、仕事が連日忙しく疲労や筋肉痛がハンパないです(涙)
選挙も公示され、とうぶんの間郵便物の山と格闘しそうなタワシです。

そんな中でも昨日から新曲に励んでます。
あれれ、本命曲(「音楽の星座」で弾く曲)はどうしたの、思われる方もあるかも知れませんが、1分足らずのワルツ4曲と3分くらいのメヌエット1曲というミニミニサイズの曲たちなので、毎日何時間も練習するようなものではありません。←そんなにやっても飽きるだけでほとんど進歩はないような・・・
で、ただいま鋭意れんしう中の曲ですが、ブラジルのショパンと称される、エルネスト・ナザレーの「Garoto」(少年、男の子という意味)ですよ~♪

ナザレーについては、↓こちらを参照してくださいね。
エルネスト・ナザレー
晩年はかなり悲惨な人生だったようです。


Cory Hallというピアニスト兼作曲家の演奏です。
かなりゆっくり目のテンポ設定ですね。最初に画面右上にうつるキャプションに「ナザレーはこの曲を含めてほとんどの場合テンポの指定をしていないので、演奏者は曲の性格に合わせて最適なテンポで弾くべきで、自分はこの曲はスローテンポの叙情的な曲だと思っている」という意味のことが書いてあります。
このテンポならタワシにも弾けるかも。でもなんか違うんだな・・・楽譜を見て重い浮かべたイメージと。
YouTubeには、アマチュアピアニストの演奏と思われる動画もいくつかありましたけど、どれもイマイチ、ピンとこなくて。

でも・・・とうとうイメージどおりの録音を見つけました。

ずいぶん古い録音だし、アレンジされていますけど、これぞラテンのノリだわ、という演奏。
文句なくカッコイイです。
自由に、軽やかに、鍵盤を駆け抜けて行くピアノは、アントニオ・カルロス・ジョビンのボサノバの演奏にも通じるものがあるような気がしました。
演奏者のCarolina Cardoso de Menezesというひとは1916年生まれのブラジルの女流ピアニスト兼さっきょっくかということです。やっぱりね。
ブラジルの血、なのかな。日本人にはなかなかマネできないな。

楽譜はとっても見晴らしがよく、初見でも十分に音が頭の中に浮かぶと思います。
でもぶきっちょなタワシには、悲しいかな、ハートはあってもそれを実際に音にするだけの腕がない~
バシッと決めるところで、とっても大胆に音を踏み外したり、
右手と左手のタイミングが合わず不本意にもズレズレになってあたふたしてたりします。
いつかシューイチにアップしたり、生演奏を皆さんの前で披露する日は来るのだろうか・・・(遠すぎる目)

COMMENT

面白い比較ですね~!
タワシさんは楽譜を見て、これの下の方のイメージを持ったんだよね。私だったら多分、最初は上の雰囲気で弾いちゃうだろうなぁ。でも、こうして聴き比べたら下の演奏が圧倒的に良いよね。ぐいぐい引き込まれちゃう・・

そういうセンスがいつもすごいなぁと思う私です。
タワシさんの演奏をお待ちしてます♪絶対似合うから~

夏はナザレーの季節なのでしょうか
僕も「Brejeiro」をどんなものかとプリントして
ホルヴァートなどで結局放ってたところでした∑(゚ロ゚)

ナザレー良いですよね(*´ω`*)

というか、ズレズレになるの解るかもです。
普通のクラシックに慣れているとどうしてもリズムが
難しいのですよね。これはノリなのかなぁ('ω')

タワシさんの演奏、すごく楽しみにしてます♪

ラテンの血

私はタワシさん こんばんは。

とうぶんの間郵便物の山と格闘しそうなんですね。
お疲れが出ないように、十分休養をお取りください。
エ ルネスト・ナザレは、ブラジルのショパンと称されたのですか♪
最後の演奏は、確かに これぞラテンのノリ。
最後の画像は、私はタワシさん? v-345

ではでは☆

へぇぇ

最後の演奏、とてもかっこいいですね。
弾き方によって、こんなにも曲にイメージって変わるのか、ってとても勉強になりました。全然ノリが違いますね~。
私もいろんな曲に挑戦してみたいですね。
いつかタワシさんのアップされる日を、楽しみにしています♬

Sleepingさん>

下の演奏すごく素敵でしょう?音楽が生きてるよね。マイナー(短調)の曲なんだけど、「音楽するよろこび」が伝わってきて心が弾みます。私も上手下手はさておいてそういう演奏がしたい、といつも思っています。

センスは別にすごくはないですよ~。いつも言ってるけど私はみんなが思うよりずっと平凡な人間です。
ただ、これまでの人生で、クラシック以外の曲もずいぶん弾いたり聴いたりしているから、その蓄積はあるかもしれないね。

空苑さん>

空苑さんとはかなり趣味が合いますね(笑)。しかもこのタイミングでナザレーに興味を持ったんですか。
季節的には、やっぱりこういう曲は夏に似合うんでしょうかね。別に1年中いつ聴いても(弾いても)いいのだけど。ボサノバなんかも、やっぱり夏の音楽~ってイメージですよね♪

ズレズレは、私の場合左手が思うように動いてくれないというメカニック(?)の問題が大きいみたいです。ハノンサボっているからなあ(^^ゞ
一方、クラシック一筋の人は、指が達者に動いても「なんだかノリが違うなあ」という演奏もよく見かけますね。

演奏、多少のミスがあっても何とかアップできるところまでは、こぎつけたいですね。がんばりますが、気長に待っててくださいませ。

晶さん>

いつも応援ありがとうございます♪
仕事とピアノの両立はきついなあと思うことも多いですが(肉体労働だけに・・・)ブログ仲間の皆さんも仕事や家事や育児と立派に両立してがんばっているので、負けてられませんよね。

ナザレーにはこの曲のようなノリノリのタンゴも多いんですが、甘美で叙情的なワルツも結構書いていて、そちらの路線の曲を聴くと「ブラジルのショパン」と呼ばれることも納得できます。そういう系の曲も、そのうち、このブログでも紹介したいです。

>最後の画像は、私はタワシさん?
い、いくらなんでも、そんなー(゜o゜)!私自身も演奏もこの人には似ても似つかないですよ!

マミさん>

演奏によって、同じ曲とは思えないほど変わるでしょう?
アレンジの力も大いにあると思いますが、ピアノの演奏自体もノリがぜんぜん違いますよね。好みもありますが私はやっぱり中南米の音楽というとノリのよさに期待しちゃいます。

マミさんもいろんな曲にぜひぜひチャレンジしてみて下さいね。
タンゴもなかなか楽しいですよ♪
私の演奏アップはいつの日になるかなあ・・・出来るだけがんばってみますが気長にお待ちくださいね。

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a