跳躍は運任せ!?

本番(「音楽の星座」)まであと1週間あまりとなりました。
練習は、他の曲の練習の合間にぼちぼちやってます。
これでいいのか。当然、いいはずはありませんが・・・
何しろ曲が短くて・・・1分あるかなしのワルツを4曲。リピートありで3分くらいのメヌエットを1曲。
こんなささやかな小品たちをのを何時間もぶっ続けで練習したところで、はっきり言って飽きるのみで、練習時間に比例して上達するというものではないと思うんですよね。
それよりはある程度回数を絞っても、問題意識を持ちつつ(つまり、練習する上での課題をはっきりさせて)、集中してやったほうがいいかなって気がするのです。

そろそろミスタッチや音抜けの問題はクリアしていたいところですが、いまだにミスがなくならないのは本当に情けない限りです。
気圧の関係などでネガティブモードのときは「こんなに易しい曲なのに、これでさえも完璧に弾けないのか」と、つくづく自分が嫌になってしまいます。
あ、今日は大丈夫ですよ。
ミスタッチに関して言えば一番ひんぱんに外すのはやっぱり跳躍の箇所です。
もちろんそこを重点的に練習していますが、練習してもしても、成功の確率があんまり変わらないように感じます。
何オクターブもの、大跳躍でなく、1オクターブプラスアルファという距離でも外すときは外しちゃうのです。
跳躍には本当に苦手意識があり、たぶん意識しすぎがかえってマイナスになっていると思うのですが、ココロの弱さをなかなか克服できずにいます。

メンタルな面でも技術的な面でもいいので、「こうしたら跳躍苦手を克服できるよ」というアドバイスのある方はぜひぜひ悩めるタワシに救いの手を!

現状では・・・運を天に任せています。
運がよければ決まる、運が悪ければ外す。
フォルティシモで思いっきり外すと、ひたすら恥ずかしいんで。何とかそこだけでも無事に乗り切りたいんですが。
さあ本番では、どうなることか!?

<追記>7月19日21時15分現在 アクセスカウンターが 49946 となっております。
50000のキリ番が近づいてきましたね。
50000を踏んだ方はお知らせくだされば幸いです。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

技術面です。説明難しいです。

まず、慌てないこと。意外に時間があるもので、跳ぶ分だけ時間かかって当然と割り切る位でいいです。

ピアノと身体の距離をしっかりあける事、そして手首の力を抜いて、その柔らかい手首で移動する感覚です。手首から肘は柔らかいしなやかなムチの様で、指先が鍵盤をとらえる様な感覚です。(ひっかける様な感覚)

失敗は、打鍵の瞬間、手首の力が抜けず指でとらえられない事で起こります。打鍵の瞬間、ふわりと手首の力を抜く様にして、指先に感覚を集中してみて下さい

非常に苦労して悩んで掴んだ感覚です。跳躍は運任せではなく練習さえすれば、ほぼ確実にできます。

メンタル面では、はずす事を想像しないことが大切です。悪い想像は身体を萎縮させ、余計に失敗を招きます。はずしても構わないです。「でかい態度」が大切です。

言葉で説明難しいので、星座の時でもお会いして説明できたら良いのですが・・・でも本番の日ですよね(汗)

わかりにくいと思いますが、遠慮なくメッセージでも質問して下さい。失敗を想像しないで、成功をイメージして頑張って下さいね。

"易しい曲なのにこれさえ弾けないのか"と僕も思うときが
よくあります(^_^;)特にホルヴァートの時とか(笑)

跳躍はなかなか大変ですよね。
自分としては、跳躍は"跳ぶ先の鍵盤の確認"を意識しています。
指変えのタイミングの練習があるように目線のタイミングの
練習も少なからず有効かなと(`・Д´・;)

参考にならないかもですが、ファイトです!((o(・ω・)o))

おゆきさん>

こちらでは、はじめましてですね。
言葉では説明しにくいところ、懇切にアドバイスして下さって、感謝、感謝でございます。

跳躍のとき、確かに手首にやけに力が入っていますね。
必要以上に意識してしまい かえって身体が硬直しているようです。
わかっていてもなかなか・・・。

でもおゆきさんも、今の境地に達するまで非常に苦労されたんですよね。
一朝一夕には当然克服できないと思いますが、大事なポイントを頭に入れながら根気よくがんばりたいと思います。
星座当日は「外しても当たり前」という図太い気持ちで臨みたいです。できるかなあ・・・

空苑さん>

やっぱり「これさえ弾けないのか」って思うときはありますよね。ちょっと安心しました♪
ホルヴァートがそうでしたか。でもそんな苦労を感じさせない録音でしたけど。

目線の移動もやはり練習が必要なんですね。
テンパって来ると身体中が硬直して眼球さえも思い通りに動かなくなるような気がしますが。。。
そういうのも、訓練である程度克服できるかもしれないですね・・・
そういえば小学校のとき校庭でお目目の体操をしたことがあったなあ(遠くを見たり近くを見たり上下左右に視線を動かす)でもそれもむなしく、思いっきり近眼になっちゃいましたけどね^^;
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場