ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>レーガー「マリアの子守唄」 

最近、週のはじめや半ばに、余裕を持ってシューイチ録音をアップできていることが多かったのですが、今週は久々に〆日(土曜日)ぎりぎりになってしまいました・・・(・_・;)

今回の曲は、前に記事として紹介したことはありましたが、録音するのは初めてになります。
ドイツの作曲家、マックス・レーガー(Max Reger 1973-1916) の、「マリアの子守唄」です。
もともとは、マルティン・ベーリッツという人の歌詞に付けられた歌曲で、『素朴な歌』作品76 という曲集(全60曲)の52番目の曲です。この曲集の他の曲は現在では忘れ去られてしまい、この優しく愛らしい子守唄だけが、こんにちでも、クリスマスなどによく歌われているようです。
タワシも、実は以前、クリスマスイブのキャンドルサービス礼拝で、この曲を弾いたことがあるのですよ♪

歌詞とその意味を知りたい方は、こちらのページをご覧ください。
Max Reger Mariä Wiegenlied

今回はタワシのアレンジではなくてピアノ曲用にアレンジされた既存の楽譜を弾いています。
一見(&一聴?)とても易しそうに思えるでしょうが、スローテンポで音数が少なくて、ppやpppがほとんどという曲 ならではの、弾きにくさがあるんです。
何度も録り直したわりには満足のいく演奏でなく、恥ずかしいですが、よろしければお聴きください。


[VOON] レーガー マリアの子守唄
( 2013/09/14 10:33 ) Category 今週の録音 | TB(0) | CM(14)
がんばってますね(^_-)
なんかこの曲…舟歌みたいに聴こえたんですけど私だけかなぁ?(゜o゜)
[ 2013/09/14 16:34 ] [ 編集 ]
タワシ様

はじめまして。kazといいます。初コメントですね。「おんそうず」の件では大変お世話になり、ありがとうございました。

おんそうずのメンバーのブログも訪問し、メンバーの演奏を聴いて楽しませて頂いております。

「うーん?上級者も多いのでは?」と正直感じましたが・・・

「難曲バリバリ」=「上級」ということではないのかなぁ・・・とタワシ様の演奏を聴くと、いつも思います。

実際のタワシ様の演奏は、ブログでの演奏とは、かなり違うとのこと・・・大変に楽しみにしています。
[ 2013/09/14 18:22 ] [ 編集 ]
お疲れ様でっす♬
今週も頑張られましたね~。
こういう曲はとっても難しそうです。でも綺麗です。

ただ譜面通りになぞるんじゃなくて聴かせる演奏って本当に難しいなあ。
いつも思うけどなんでできちゃうんですか?
それができることが本当の上級者かもって思うんですよね。
[ 2013/09/15 08:01 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/09/15 08:54 ] [ 編集 ]
はーい、がんばってますよ。
シューイチだけは、もはや意地でも休みたくないんですよね。
そのうちアップできる曲が尽きちゃったらどうしようか・・・ということは、実はあんまり心配していません。
どこからともなく(!?)曲を発掘してくる自信はありますから。

この曲、舟歌っぽい感じがしましたか。
8分の6拍子で、ゆったりと緩やかなテンポの曲なので、舟歌に通じるものは確かにあると思います。
8分の6拍子やっぱり好きだ・・・
私の体内時計に、なぜかフィットするんですよねー
[ 2013/09/15 23:17 ] [ 編集 ]
こちらでは、はじめましてですね。「おんそうず」でお会いできるのを楽しみにしています。
メンバーの皆さんのブログも訪問されているのですね。レベル的にはkazさんのような「いわゆる上級者」は誰もいないと思いますが、みんな、ピアノ愛には満ち溢れた仲間たちです,

私の演奏は、ブログのと違うといっても、残念ながら悪い意味なんですよ。。。
ミスタッチや捏造がハンパないんです。録音だと何度でもやり直せるんですが、本番は一発勝負ですから。
なぜか過大評価されやすい私ですが、耳の肥えたkazさんさんなら、一発で実力がわかるはずです。
きっとかなり幻滅されると思いますが(・_・;)
[ 2013/09/16 00:08 ] [ 編集 ]
はい、今週もがんばりました。
週の半ばをすぎるとそろそろシューイチのことが気になってきます。今週は無事にアップできるかなあと(笑)早めにアップを済ませるとあとは心おきなく好きな曲を弾きまくれます。

私は「永遠の初級者」ですよ~
弾いている曲のレベルもそうだし、演奏も、多少ポピュラーのキャリアがあるおかげでごまかし方が上手かもしれませんが、実際はごくごくシンプルな曲でも課題がありまくりという状態です。この曲も本当はもっと静かにやわらかく弾きたかったのですが。pppの指示があるところもとてもそんなふうに弾けていません(^_^;)
でもめげずにがんばります。易しい曲を美しく、の道は険しいけど。
[ 2013/09/16 07:00 ] [ 編集 ]
お返事遅れてすみません。
今しがた、そちらのブログのほうにカギコメでメッセさせていただきましたので、ご覧ください。
[ 2013/09/16 07:17 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/09/16 08:17 ] [ 編集 ]
しみじみとしたいい曲ですね。初めて聴きました。

初めてといえば、前回のゴセックのタンブーランも初めて聴きました。
「こんなステキな曲があったの?」とYou Tubeでいろいろな楽器の演奏を聴いたのですが、お世辞ではなく本当に、私が一番好きだったのはタワシさんのデジタルピアノ版でした!30回は繰り返し聴きました。
(voonってリピート設定とかできないのかしら?)
行ったことないくせに、フランスの田舎の農村のお祭りが目に浮かんでくるような気分に…。
是非、これからもいろいろ“発掘”して演奏してくださいませ!
[ 2013/09/16 08:46 ] [ 編集 ]
こちらこそお手間をとらせてすみませんでした。楽しみは、ちょっと先までとっておきましょう。私もまた何かありましたら、お知らせします♪
[ 2013/09/16 09:53 ] [ 編集 ]
[壁]*゚ー゚)ノ
あーーー!シューイチ♪
今週もお勉強させていただきました!

今回はいつものタワシさんっぽくない感じの曲ですね!
でもちゃんとどこかにタワシさんを感じとれます。あータワシさんの演奏♪:。(*≧∇≦*)゚
自分の家は仏教なのですが、自分は?となると一体なんなのかわかりません(^^;)教会で流れるような、歌うような曲、大好きです。なのでタワシさんの紹介してくれる曲っていつも楽しみなんです。もちろん舞曲とかも♪私もこうやって何曲もいろいろ挑戦(練習)して成長したいと思います!
タワシさんのストラップ、マネして買ってもいいですか?(*^m^*)
[ 2013/09/16 11:47 ] [ 編集 ]
つたない演奏に、過大なお褒め言葉をいただき恐縮です~(^^ゞ
あまり知名度の高くない曲ばっかり弾いているのですが、こんなコメントをいただくとそれはそれで意義があるのかなあと、ヤル気になります♪

タンブーラン 30回以上に聴いてくださるなんて・・・ありがたやありがたや。あの曲は弾いている本人もとても楽しかったです。
この曲のほかの人のユーチューブの演奏は聴きに行っていませんがフルートとかリコーダーでしょうか。最後のアルペジオとかは、腕達者な人でないと上手に吹くのは難しそうですね。
私の選んだストリングスの音色は、タンブーランがフランスの民族打楽器(太鼓)ということで、そのイメージが意外とよく出せるのでやってみました。
「フランスの田舎の農村のお祭りが目に浮かんでくるような気分」って言っていただけてすごくうれしいです。
まだまだ面白い曲を発掘しますので、遊びに来てくださいね☆彡
[ 2013/09/17 09:31 ] [ 編集 ]
いつも訪問、コメントありがとうございます。
今回はタワシっぽくない曲でしたか。私のイメージってやっぱり民族舞曲系の活気ある曲ですかね?こういうしっとりした優しい小品もけっこう弾いているのですがねぇ。
(苦手なのは、いかにもクラシッククラシックーという雰囲気の重々しい曲ですね。あと指が動かないので、テクニカルな曲は問題外です(^^ゞ)
もり子さんもぜひぜひいろんな曲弾いてみてください。今はコンチェルトに忙しくて余裕がないかもしれませんが、大曲の練習の合間に、私がいつも弾いてるような易しくてかわいらしい小品を弾くのも、気分転換になっていいと思います。

タワシストラップ買うんですか。
それはいいですね。でも付けているといろいろ突っ込まれるかもしれませんよ(笑)
もちろん今後とも、私の許可などもらわなくても自由にタワシグッズ買ってください。タワシ仲間が増えてうれしいです(*^。^*)
[ 2013/09/17 09:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア