ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

ミニヨンのガヴォット~懐かしの新曲~

  1. 2013.
  2. 09.
  3. 23
  4. (Mon)
  5. 23:44
今日は祝日でしたが、タワシはがっつり働いてきました。
でもピアノのモチベーションは仕事で疲れたわりには上がっています。
バッハの長男のソナタとか、楽しく弾いてました(この曲については、近々改めて書きたいと思います)
が、今日から新曲も練習しています。

フランス・ロマン派の作曲家、アンブロワーズ・トマ(1811-1896)の作曲したオペラ「ミニヨン」の中で、「君よ知るや南の国」などと並んで有名な「ガヴォット」です。
もっとも日本では、オペラの中の1曲というよりは、鈴木メソッドというポピュラーなヴァイオリン教本の第2巻に入っているとのことで、ヴァイオリンの小品として親しまれているようです。(吉田様、情報ありがとうございました)YouTubeにも、その楽譜を弾いていると思われる小さなかわいいヴァイオリニストさんたちの演奏がたくさんアップされています。

タワシはこの曲を小学生の頃よくレコードで聴いていましたが、それはヴァイオリン曲ではなく、ピアノソロ用に編曲したものでした。
今日ネットから楽譜をダウンロードして練習を始めたばかりですが、新曲とはいえ耳で覚えている懐かしい曲なので、小一時間も練習すると、そこそこサマになってきました(自分に甘い?タワシです)。

しかし、またまた舞曲です。しかも編曲モノだし・・・。
なんだか最近この路線で定着しつつあるかも。

ピアともさんの間で「ビフォー版」を公開する動きが盛んなようなので、タワシも久々に練習初日のの「実情版」をアップしてみます。
勇気のある方だけどうぞ。
<注>これはシューイチではありません。
よく知っている曲とは言え、思いっきり初日感が漂っておりますので、そのつもりでお聴きくださいね。
半音間違えたり指がもつれたりしていますがお許しください。
終盤の長い休符は、別にとつぜん音を見失ったわけじゃなく、楽譜どおりなんです。念のため。







Thomas Gavotte from "Mignon" 


COMMENT

私もヴァイオリンで弾きました。鈴木メソッドの2巻なので少し難しいです。習いはじめの子供では弾けません。ピアノ版はじめて聴きました。いいですね!とても懐かしいです。

吉田 正さま>

はじめまして。ご訪問、コメントありがとうございます。
ヴァイオリンをなさる方なのですね。私は全く触ったことがありませんので、習い始めの子供がよく弾いているなどと的外れなことを書いてしまって、失礼いたしました。確かに細かい音の動きや、トリルなどもあり、習い始めたばかりではとても無理ですよね。文章、訂正しておきました。ご教示感謝いたします。

この曲、ピアノではあまり弾いている人を見かけませんね。でも素直でしかも原曲の雰囲気もなかなかよく伝えている、いいアレンジだと思います。引き続き練習したいと思います。

また機会がありましたらいつでもお気軽にお立ち寄り下さいね。

あ~っ! なつかしいぃぃ~!
うちの小僧どももこれ昔弾いたのよ♪
これをクリアすると、トリルのある曲がいろいろ出てくるの。
「ソッドッ シドシドシーラー ソッドッ…」っていうところが
トリルの導入だったみたいなんです(笑)
当方耳が移動ドなので↑実音表記じゃなくってすみません<(_ _)>
タワシさんのは軽やかに、もっといっぱいトリルが入っていましたね。
素敵でしたよん♪(=^・^=)
あ、うちの小僧どもの楽譜は16分音符で書かれていたのだった…(上記の部分)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして(*^_^*)。ガヴォット素敵でしたので、コメントしちゃいましたv-352
縦の歯切れの良いところ、横に揺れるところ、フレーズの終わりはほわ~んv-238と温かみが感じられて、音楽の楽しさや音楽が大好き(^O^)が、とてっも伝わってきました~v-342

これがび・びふぉですか(; ̄ー ̄A
やっぱり、格が違いますよ~タワシ様~!
これは、是非、ビフォー版であるというのを確認するために、アフター版を!!!!!

バッハの長男。
先日、とうとうアレ買っちゃいました。バッハの名曲集(* >ω<)=3 プー
その中にバッハのこと書いてるんですが、バッハって20人も子供いたのね。びっくりでした。
バッハのカツラ欲しいな・・・それかぶってアリア弾きたいな・・・なんて思うの私だけかしら(爆)

ちょっと、弾いてみたのですが、音符(リズム)が読めません(;´Д`) うぅっ。。けど、なんとなくそれらしく聞こえて面白いです(^^)

これ初日~~?タワシさん、やっぱりすごいワ。
何となく聴いたことあるような気がします。なんか楽しいし、心が弾む曲ですね。
さすがタワシさんのお好きな舞曲系♪

それにしても…ゆめもり子さん、バッハのカツラがかぶりたいだなんて…(笑)いつも面白いんだから~。

わ~い(*≧∀≦*)スマホから聴ける~!お布団の中でタワシさんの演奏が聴ける♪嬉しい♪
voonよ、さようなら。そしてありがとう。

デジピでトリルって弾きにくいのに、コロコロ可愛くキマッていてすごいです♪耳に残る曲ですね。楽しい♪

しかし、これで練習初日ですか。私なら最終日ですわ~(。´Д⊂)

のんびりくろねこさん>

おお=そうでしたか!やはりスズキメソードの第2巻で?
この曲が、めくるめくトリルの世界(!)への、導入曲だったんですね。
私の楽譜では一回目だけ実音で表記されています。で、たぶん楽譜のとおり弾いているはずです。(そんなにいっぱい入れてられませんよぉ~)
あ、今、その部分、楽譜を確認したら、32分音符になってました(^^♪
あんまり軽やかに弾けてもいませんけどね^_^;

カギコメさん>

コメントありがとうございます。うれしいです♪
のちほど、またそちらに伺って、お返事させていただきますね。

レディピアノさん>

はじめましてレディピアノさん!
ようこそわがブログへ♪
つたない演奏を聴いてくださってありがとうございました。
例によって例のごとく、音をはずしたり指がもつれたりしまくっていて、とても恥ずかしいです・・・
でも音楽を楽しんで弾いているのが伝わったようで、とてもうれしく思います。
もう何十年もソナチネレベルにとどまったままの私・・・楽しそうにピアノを弾いてるね、と皆さんに言われるのが、唯一のとりえだと思っています。
これからも楽しんで弾いていきますので、機会がありましたらまた当ブログにお立ち寄りくださいね(*^^)v

ゆめもり子さん>

はい、これが、びふぉー版です。
率直に言いますが、これは私のビフォー版にしてはかなりよくできた部類です。
が、いつも言っていますけど、問題は、すぐに伸び悩みになってしまい、このあとほとんど進歩がないことです。アフター版、アップできる日が来るでしょうか。
できるならしたいですが。
「格が違う」って何ですか、もり子さん(-_-;) むしろもり子さんのほうが、よっぽど別格ではないですか。私の弾いている曲なんて、ソナチネレベルの人なら誰でも弾けるのばっかりですよ。そっちはコンチェルトでしょうが~

それはそうと、バッハの世界にもついに足を踏み入れられたそうで・・・今後が楽しみです。
目指せ、グールドさん!?
あ。かつら買ったらぜひ写真アップしてくださいね(^_-)-☆

まんまるお月さん>

もり子さんのところにも書きましたが、これ、ワタシ的にはビフォー版としてはかなり上手く行ったほうです。子供の頃から聴き親しんだ曲でしたし、音の並びがとても素直で、弾きやすいんですよ(^^)v
私の舞曲スキー(好きー)は、相変わらずですね。昨日から、ラモーのメヌエットト長調を練習しはじめましたが、これもまた舞曲で。もはや私が舞曲でない曲を弾くことが珍しいかもしれません(笑)。

もり子さんは本当に面白いですよね。
バッハのカツラ、どこかで売っているのかな。
あればぜひ、かぶっていただきたいですよね。そしてそれつけて演奏して動画をYOUTUBEで世界発信!実現するように彼女にエールを送っていきましょう(^・^)

夕さん>

へ?お布団の中で、私の演奏ですか・・・それはちょっと安眠妨害ではないですか。ミスタッチ多くって安心して聴いてられませんよ。翌朝の目覚めも悪くなりません?
でもこの形式だとスマホからでも聴けるんですね。
ただ、ブログの見た目がちょっとさびしいのでブログパーツと直リンを併用してみようかなとも思っています。

あと、ほかの方へのコメントレスにも書きましたけど、ビフォー版のあとほとんど進歩しないというのが、自分としてはすごーく情けないんですよ。
まあシューイチをコンスタントにアップするためには、短期間でそこそこの(=ひとさまに聞いてもらうのに、何とか堪えうる)レベルまでもって行く必要があるので、最初の段階で短期集中で頑張る習慣は、身についてきたかなぁ・・・と思います。

ご訪問、コメント有難うございます。わたしはたわしさんのコメント見て、励みにしています(*^_^*)私もオケ編曲や、他楽器のピアノバージョン、日本のうたも弾きますよ~(たわしさんの過去記事)v-266)今、シュトラウスのこうもり取り組んでいます!有名どころのオペラや映画音楽などの素敵な編曲の楽譜を探すのも楽しいです(^○^)

レディピアノさん>

おお。過去記事も見てくださっているのですか。うれしいです♪
私は、普通の人と比べて「純正なピアノ曲」を弾く比率がちょっと低すぎるかもしれませんね。
ほかの楽器のための曲や歌モノの編曲を弾くことがすごく多いんです。
ピアノが好きというより音楽そのものが好きでたまたま自分のやった楽器がピアノだった、ということかもしれません。でもピアノは、確かにいろんな意味で優れた楽器であるのは確かですが。

編曲を弾くのも、素敵なアレンジの楽譜を探すのも楽しいですよね。ひと味違った音楽の楽しみ方だけど、それはそれでいいんじゃないかなと思います。

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a