ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

楽し、恥ずかし。アンサンブルオフ会 

5月22日、都内某所で、アンサンブルサークルの春のオフ会があり、タワシも行ってまいりました。
2台ピアノのある会場なのですが、今回は2台ピアノの曲は残念ながら演奏機会がなく、連弾と、鍵盤ハーモニカやアンデス(鍵盤リコーダー)の合わせ物が中心でした。
ヴィヴァルディの「四季」のピアノ独奏版が全曲通して聴けたのは、なかなかいい経験。
ブラームス、フォーレ、ドビュッシーなどの連弾の名曲も、演奏者の顔ぶれを変えつつ、たっぷり楽しみました。タワシの大好きな、ドビュッシーの「小組曲」から、メヌエットが演奏されたのもうれしかったな。ほんとに魅力的な曲です。
フォーレの「ドリー」には、タワシも久々にチャレンジ。家では結構いい感じで弾けているのに、いざ人と合わせてみると難しくて、途中で落ちちゃったりしました。
自分の手とパートナーの手のポジションが密着していると、ぶつかりそうな気がして、ついつい遠慮のあまり手を引っ込めてしまいます。これで弾けるはずがありませんよね~。
やっぱり身近なところに連弾の練習相手がいない悲しさですね。

ここはアンサンブルのサークルなのですが、たっぷり4時間も時間をとってあったので、タワシともう一人のメンバーさんが、上級者のかたからミニレッスンを受ける時間もありました。
タワシ、今回見てもらったのはドビュッシーのアラベスク第1番。まったくの練習途中で、はっきり言ってレッスンとはいえ人前に晒すにはあまりにぶざまな演奏だったのですが。
ミニレッスンのレポは、次回の更新でお伝えします。
今日はこの辺で。
( 2010/05/23 22:56 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア