{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
<今週の録音>ダウランド「メランコリー・ガリアード」「レディ・ハンスドンのパフ」
2013年10月12日 (土) | 編集 |
今週のシューイチは、何と大サービス(?)2本立てです。
イギリスのルネサンス時代の作曲家、ジョン・ダウランドの作品を2曲弾いています。
ダウランドはバッハやヘンデルの時代よりさらに昔、16世紀末から17世紀前半に活躍した人です。
バロック以前の曲なんて古すぎて、自分には縁のないものと思っていましたが、弾いてみると意外と面白いんですよ、これが!

哀愁を帯びた短調の曲「メランコリー・ガリアード」と陽気な長調の曲「レディ・ハンスドンのパフ」という対照的な2曲を演奏してみました。
2曲ともダウランドの作品の中では有名で、演奏機会の多いリュートの曲です。
といってもタワシにとっては、文字通り初めてルネサンスの曲の挑戦するわけで、当時の演奏様式についてもまったく無知なので、解釈などに関しておかしいところがたくさんあるかもしれません。

♪メランコリー・ガリアード
ガリアードとはルネサンス時代に流行った舞曲の名前です。(ガリアルド、ガイヤルドなどの表記もありますが、今回はイギリス人の作品なので英語読みのガリアードにしました)
調べると、「急速な3拍子の跳ね踊り」と言う記述がありましたが(ウィキペディア)
この曲はガリアードとしては例外なのでしょうか、その名のとおりメランコリックな曲調でテンポも緩やかです。


メランコリー・ガリアード

♪レディ・ハンスドンのパフ
このタイトルについて調べてみたのですが、「レディ・ハンスドン」という女性がどんな人物なのか残念ながらわかりませんでした。少なくても世界史に名前が残っているような有名な人ではなさそう。作曲者ダウランドの周りに実在した人なのでしょうか。
この曲のタイトルはもともと、My Lady Hadoson's Pyffeと綴り、Pyffeとは髪型の1種(ふっくらした結髪)の名前を意味しているそうなんです。こちらは1曲めとは正反対な、明るく快活な舞曲ですね。


レディ・ハンスドンのパフ

なお、2曲とも、原曲がリュートの曲ということもあり、デジピの音色を、リュートに比較的近いギターに設定して弾いています。
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/12(Sat) 01:43 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/12(Sat) 02:37 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/12(Sat) 08:14 |   |  #[ 編集]
私はタワシさん、こんばんは☆ こっちにも出没しちゃいました~。
わーい、ぜいたく。2本立て。得しちゃいました。どちらも、とっても舞曲らしさの感じられて、聴いていて、気持ちのいい演奏でした。
それにしても、毎度タワシさんの博識さには、頭が下がります。どこでこういう曲をお知りになるのでしょう…。
2013/10/12(Sat) 23:46 | URL  | monet #A5PotiuI[ 編集]
ルネサンス時代の曲ですか。
全くそんな古さを感じさせない曲ですね。
ダウランド・・・私の知らない作曲家でした(^_^;)
勉強になります。
先入観なしに曲だけ聴いたら、「あらタワシさん、ギターも弾けたの?!」って思ったかも(^_^;)
2013/10/13(Sun) 01:13 | URL  | naoko #-[ 編集]
カギコメさん(その1)
コメントありがとうございます。
私の「立ち位置」に共感してくださったとのことで嬉しいです。
ピアノにはいろんな楽しみ方があり、これもまたそのひとつですね。
あ、それから、そちらのブログのほうにもカギコメでお邪魔しましたのでご覧くださいませ。
2013/10/13(Sun) 08:12 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
カギコメさん(その2)
はじめまして。ようこそわがブログへ~
私のつたない演奏を聴いてくださって感謝します。
私もそちらにお邪魔させていただきますね。
詳しくは 先ほどメッセージを送信しましたので、そちらをご覧くださいませ♪
2013/10/13(Sun) 08:48 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
カギコメさん(その3)
いつも私の演奏を聴いてくださり、ありがとうございます。
私のファンだなんて・・・カギコメさんは貴重な人種でいらっしゃいますね(笑)でも嬉しいです(^^♪
これからも楽しんでいただけるよう選曲も演奏もがんばりますので、末永くよろしくお願いします(^_^)/~
2013/10/13(Sun) 10:17 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
今週の録音は二曲の大サービスなのですね~。
もちろん両方とも聴かせていただきましたよ~。

レディ・ハンスドンのパフ、
作曲者のハンドスン女史に対する暖かなまなざしが感じられる曲だなあ
と感じました。

タワシさんも書いておられる通り、きっと身近な人だったのでしょうね。
友人か親戚か?
さらりと肖像画でも描くように作曲したのではないかしら。
こんな曲を作ってもらって、きっとハンドスン女史もにっこりだったことでしょう。
2013/10/13(Sun) 17:26 | URL  | やぢま #yoUxGug6[ 編集]
こんばんは^^
いつも曲の解説もわかりやすく書かれていて感心してしまいます。
優しいギターの音色に癒されました。この音好きです。
一時期クラッシックギター習おうかとホンキで考えたことありました^^;
2013/10/13(Sun) 19:14 | URL  | 奏者ヨシヒコ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/14(Mon) 01:13 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/14(Mon) 13:37 |   |  #[ 編集]
なんで1週間で2曲もアップできちゃうのですか~~?
すごい。

リュート、知らなかったので調べてみました。
中世に中東からヨーロッパに伝わって一世を風靡した琵琶に似た楽器なんですね~。

ギターの音色で弾かれてますが雰囲気出てますね!
2曲目はフワフワ頭の活発な女性をイメージしちゃいました^^
こういう聴いたことのない曲を曲想つけて弾く、しかも1週間で…とかどうすればできるんでしょうね。
何か月もかかってもうまくいきません。

いつもギロック練習してて「タワシさんならどんなふうに弾くんだろう」って思うんですけど…わかんない^^;
ほんっとに難しいことですね。
やっぱりタワシさんのように数をこなすのもよい練習ですね。
いつも完成版しかほとんど聴いてないかと思うんですけど、タワシさんだってきっと1番最初に弾いたものと完成版では違いますよね。進歩がないということはないと思いますよ~。
2013/10/14(Mon) 16:28 | URL  | まんまるお月 #AEATzaZU[ 編集]
素敵♥しかも2曲!
(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★
先ほどはお騒がせしました~!

ギター、本当にギター弾いているようです!!!
弦がポロンポロンと。
いやぁぁ・・・・ホントタワシさんの演奏って・・・ステキ♪
曲もとてもいいです!タワシさんが演奏するからでしょうね( ̄▼ ̄*)

メランコリー・・・メランコリックですね!
途中演歌っぽい感じもします(私だけかな?)

ここにくるといろんな曲と巡り合えて楽しいです!
まさにタワシワールドですよねーーーー!
これからもタワシワールドへご招待よろしくお願いします~♪
2013/10/14(Mon) 17:02 | URL  | ゆめもり子 #-[ 編集]
monetさん>
こちらにもコメントくださったんですね。ありがとうございます♪
2本立てでお得気分を味わっていただけましたか?では、これからも時々気が向いたら2本立ててやります。
舞曲らしさを感じていただけたのも、舞曲スキーとしては嬉しいですね(笑)

>毎度タワシさんの博識さには、頭が下がります。どこでこういう曲をお知りになるのでしょう…。
いえいえ、そんなに博識ってことはないですよ。ときどき、なーんの役にも立たない雑学知識があったりすることもありますが。
この曲は2曲とも、私が昔買ってよく聴いていたギター名曲集のカセットテープの中にあったものです。まだCDが普及する前です。
デジピのギター音色でまったく別の曲を弾いていたとき、突然思い出して弾いてみたくなりました。
2013/10/14(Mon) 19:59 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
やぢまさん>
は~い、今回は2本立て、出血大ービスですよん♪
2本立ては実はシューイチの歴史の中でこれが三度目なんです。
過去の2回は
去年の11月3日の、カバレフスキー2本伊達「悲しいお話」「昔の踊り」
同じく11月24日の世界の民謡2本立て 「草笛(ノルウェイ民謡)」「牧場に(チロル民謡)」です。
どちらもあまりに短くて易しいので、単独でアップするのはさすがの私も気が引けたんでしょうね(^^ゞ

>レディ・ハンスドンのパフ、
作曲者のハンドスン女史に対する暖かなまなざしが感じられる曲だなあ
と感じました。
→そういう風に感じられるやぢまさんも、感受性の豊かな人ですね。あ、ハンドスンじゃなくてハンスドンですけど。
2013/10/14(Mon) 20:22 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
ダウランド。歌曲やリュート独奏など大好きな作曲家です。

ギターの音色だったのでビックリしました(笑)。
アルペジオが心地よくて和みます~◞( 、*´ω`)、

どこか懐かしい香りのイギリス・ルネサンス音楽まで
タワシさんの演奏で聴けるなんてとても嬉しいです(*´◒`*)
2013/10/14(Mon) 20:45 | URL  | 空苑 #vGlVlIPI[ 編集]
こんばんは。メッセージくださってありがとうございます!!何度かこちらに伺ったことがありますので、とても嬉しいです。
音源きかせて頂きました。プロかと思いました@@ テンポが一定で間も絶妙で素晴らしいです。リュートみたいで、キュンキュンします!!ジョン・ダウランドですか・・・初めて聴きました♪♪♪
これからもどうぞよろしくお願いします(^^)
2013/10/14(Mon) 20:46 | URL  | Natalie #MF8IyTP2[ 編集]
naokoさん>
コメントレスの順序、前後してしまい、ごめんなさい!
ルネサンスの曲というとかなりマニアックなイメージがあるかもしれませんね。
でも実際に弾いてみると、古臭さなんてちっとも感じません。私たちが慣れ親しんでいるバロック以降の音楽とそんなに違わない気もします。
本文にも書いたように私にとってはこれがはじめてのルネサンス音楽(の演奏)になりますが、これからいろいろ弾いてみたいなあと思って
います。

>先入観なしに曲だけ聴いたら、「あらタワシさん、ギターも弾けたの?!」って思ったかも(^_^;)
本当に弾けたらいいのですけどね。クラシックギター結構好きなんですよ~
まあデジピのギター音でも、こんあふうにそこそこ楽しめますけどね。
2013/10/14(Mon) 21:33 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
奏者ヨシヒコ さん>
解説わかりやすいですか。よかった~
こういうの書くの 結構好きなんですよ。
きっと学生時代にクラシック音楽鑑賞サークルに入っていたときの名残り(?)でしょう。
曲によっては何も見なくてもすらすらとかけたりもしますが、ルネサンスの曲はこれまでほとんど聴く機会もなかったから、ネットで調べまくりでした。今は家にいながらにして何でも調べられていい時代ですね~

クラシックギター、私も好きです。
以前、親しい友人がやっていてすごく上手だったんですよ♪
この数万円のデジピでも、ギターの音はかなりいいので(ハープシコードとかはしょぼいです)、ギター音色に設定して弾くことはわりとよくあります。
2013/10/15(Tue) 09:32 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
カギコメさん(その4)(その5)
いつも訪問&コメントありがとうございます。
迷惑だなんてとんでもないです~
カギコメさんのほうこそ、こんな初級レベルの曲ばかりのシューイチ(ごくまれ~に例外=背伸びあり←バッハとか)にお付き合いくださってつまらなくないですか?
ブログの表示の件、またのちほどそちらに伺ってお返事しますので少々お待ち下さいね。
2013/10/15(Tue) 09:39 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
まんまるお月さん>
今回はちょっとサービス(ありがた迷惑、というひとともいるかもしれませんが)で2本立てにしてみました。
こんなことは1年に数回しかありませんので念のため・・・(笑)

リュート 調べてみたんですね。
いわゆる「古楽器」といわれるもののひとつです。独特の音色に癒しや教習を感じる人も多いようですね。
今回私はギター音色で弾いていますが(リュートの音なんてウチの安いデジピには入っていませんもの)音色を調節したりタッチを工夫したりして、できるだけ原曲の雰囲気が出るようにがんばってみました。

「こういう聴いたことのない曲を曲想つけて弾く」とありますが、この曲2曲とも、昔持っていたギター小品集のアルバムに入っていたんです。
私の場合、曲想は、つけようと意識してつけることはめったにありません。割と早い段階で自然につきます。

そうそうさっき、恥を覚悟で「正真正銘のビフォー版を」アップしてみました。いかがでしょうか。。。
2013/10/15(Tue) 21:44 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
ゆめもりこさん>
>先ほどはお騒がせしました~!
いえいえ、お気になさらず。無事に録音聴けてよかったです。

このギター音、本物のギターの響きにかなり似ていると思います。
前使っていたおもちゃレベルのデジピには入っていなかった音です。
私クラシックギターの曲を聴くのが結構好きなのですが、デジピ買い換えてからはギター曲を自分でピアノで弾く機会も増えました。
ピアノの王道からは外れてますが楽しいですよ~(^^♪

「メランコリーガリアード」の演歌っぽいところって途中の、シ、シシドレ、ミ~レド、シ~ラ~ってあたりでしょうかね?
いわれてみればそんな感じもしないでもない?・・・かな?(笑)

>ここにくるといろんな曲と巡り合えて楽しいです!
まさにタワシワールドですよねーーーー!
これからもタワシワールドへご招待よろしくお願いします~♪
→そんあふうに言っていただけると嬉しいです。
はいこれからもマニアックな曲、マイナーな曲もどんどん紹介したいと思います。そのためにもアンテナぴーんと張って情報を仕入れなくては。
2013/10/15(Tue) 22:07 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/16(Wed) 00:56 |   |  #[ 編集]
空苑さん>
ダウランドお好きなんですか?
若いのにホントに守備範囲広いですよね~感心します!
歌曲はほとんど聴いたことがないのでこれから聴いてみようと思います。リュート曲も私が聴いたのはほんの一部なのでもっといろいろ聴きたいな。またこんなふうに弾けそうなものがあったらレパートリーにも加えたいし。

ギターの音色で、意外でしたか?
実はこのデジピの中では、このギターの音色が結構気に入っているので、使用頻度高いんです。
クラシックギター曲自体が、わりと好きなジャンルということもありますが。
これからタレガやバリオスなどの曲も弾いてみたいです~
2013/10/16(Wed) 09:05 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
Natalieさん>
訪問&コメントいただき、感激、感激です(^^♪
これからもぜひお気軽に遊びに来てください。
私のつたない演奏も聴いてくださってありがとうございます。
でもぜったいほめすぎですよ~
デジピの音色の目新しさで大いに助けられてます。
たまに不慣れなグランドピアノなど弾こうものなら、いっぺんでぼろが出ますよ~(^_^;)

ダウランドという作曲家も、ルネサンス音楽そのものも、私にとっては初挑戦でした。
皆さんに暖かいコメントいただけてほっとしました。
今後も機会があったら弾いていきたいと思います。

ではでは。今後ともよろしくお願いします!
2013/10/16(Wed) 09:15 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック