ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

「おんそうず6」演奏曲~「軍隊」のメヌエット 

今週末の「おんそうず」のソロタイムでタワシが弾く曲は2曲。
ヘンデル作曲・モシュコフスキ編曲の「私を泣かせてください」(涙の流れるままに)と、ハイドン作曲・交響曲第100番「軍隊」より第3楽章メヌエット(ピアノソロバージョン)です。

「私を泣かせてください」は実は以前のおんそうずのBGMタイムで、(かっしーさんの歌の伴奏ですが)弾いたことがあります。今回はモシュコフスキのトランスクリプション(編曲)ということで、もしかしたらすごくピアニスティックで技巧的なアレンジを想像している方があるかもしれませんが、そんなのタワシに弾けるわけないです。トランスクリプションとしてはシンプルで地味なほうかも。でもなかなかセンスのいいアレンジのなっていると思います、原曲の旋律の美しさと合わせて編曲の妙も味わっていただきたいと思っています。

そして今回、一部分ではありますがハイドンのシンフォニーをピアノソロで演奏します。
さすがに両端楽章は難しいので、メヌエット楽章を弾かせていただきます。(う~、いかにもタワシらしい!?)
「軍隊」といっても、全体に陽気で平和な雰囲気が漂っているので、実際に戦争をしている軍隊というよりは、祝祭や典礼で音楽を奏でる「軍楽隊」のイメージかなと思うのですが。
今、練習しながら、オーケストラの曲を弾く難しさと楽しさを感じていますが、本番では楽しさのほうが前に出てくれればいいなあ。ピアノ1台でどれだけオケの多彩な色彩感を出せるか。想像力と表現力が問われますね。
なんてえらそうなことを言っていますが、なかなかミスタッチや音抜けがなくならないですね~
オリジナルの(純粋な)ピアノ曲より捏造しやすいという事実はありますが、それに甘えないで、確実性はアップさせていきたいんですけどね。あと5日かぁ。どこまでできるのかな。

では、{軍隊」のメヌエットを、オーケストラの原曲でお聴きください♪


Symphony No. 100 in G Major 3rd Movement "Menuetto"
( 2013/11/18 01:08 ) Category Classical music(古典派) | TB(0) | CM(2)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/11/20 21:23 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。お心遣いうれしいです。
お申し出の件、メールにて返信させていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2013/11/21 09:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア