ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

疲労早くもMAX(涙)だけど・・・クリスマスに向けて頑張る! 

12月に入ったとたん、仕事が俄然忙しくなりました。
連日の早出や残業、しかも休憩もまともにいけない忙しさ、老体(!?)のタワシには、こたえます。
今はとにかく全身の筋肉痛と、ハンパない疲労感に苦しんでいて、ピアノに向かい気力さえまったくなかったりします。
また、これもやはり職業病といえると思うのですが、大量の郵便物を手に触れることで手あれがひどく、ひび割れや紙で切った細かい切り傷などで、指はバンドエイドだらけ。満身創痍ならぬ満手創痍、というところでしょうか。
これから年末年始に向けてもっと忙しくなっても暇になることはないでしょう。そもそも絶対的に人が足りないんです、やめた人がいてもちっとも補充してくれないんだから。
毎年、同僚と「私たち、この人数で、よく倒れないでやってるよね」と言い合う、今の季節です。

こんな中でも一応、キャンドルサービスに向けての練習はしています。
日曜の礼拝や水曜の聖書勉強会でも歌うので、讃美歌にある主なクリスマスキャロルはいつでも弾けるようにしておきたいし、たとえそうでなくてもクリスマスの曲はいいものがたくさんありますからね~♪

そういえば今年のソロで何を弾くかまだ紹介していませんでしたね。
「Gesú Bambino」という曲です。
日本語では「幼な子イエス」とか「みどりごイエス」とか訳されています。
アデステ・フィデレス(「神の御子は今宵しも」)という有名なクリスマスキャロルの後半部分を見事に引用して、イエス生誕の喜びをうたった曲です。
YoutTubeの映像を貼り付けておきますが、これをピアノ一台でやるとだいぶ雰囲気が変わると思います。
楽譜は、混声四部プラス伴奏で、場所によっては6段譜(!)になりますが、もちろん弾けない音は省いて大幅にシンプルにせざるを得ません。音を減らしても「喜び」をレベルダウンさせることなく、晴れやかに歌い上げられたらいいなあと思います。


Gesu Bambino - Kathleen Battle and Frederica von Staade
( 2013/12/06 08:41 ) Category 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア