<今週の録音>ゴス「雪ふる冬に愛の小羊」

アドベント(待降節)真っ只中ということで、今週のシューイチもまたまたクリスマスキャロルです。
今回は19世紀のイギリスの作曲家ジョン・ゴスの書いた「雪ふる冬に愛の小羊」という曲をお聴きください。

実はタワシ、この曲を教会で一度も歌ったことがありません。また手持ちのクリスマスCDの中にはどれも入っていませんでした。ということで、知名度としては低めなのかな。
素直でシンプルなメロディが、すっと自然に心の中に入ってきます。
その一方で、その書法からは対位法をきちんと学んだ人なのだろうということがうかがえます。

讃美歌の作曲家については、一般にはあまり知られていないケースが多いのですが、このゴスという作曲家、調べてみると、ウィキペディアにちゃんと項目があり、しかもかなりのスペースを割いていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%82%B9_(%E4%BD%9C%E6%9B%B2%E5%AE%B6)
教会音楽の世界では、かなり偉大な存在だったようですね。オルガンの演奏もさぞやすばらしかったんでしょうね。こいう人の奏楽で礼拝できる教会の人たちは、ほんとに幸せです。

歌詞は Edward Caswallという人の作です。
英語の原詞はこちら
http://en.wikipedia.org/wiki/See,_Amid_the_Winter%27s_Snow
日本語の訳詞はこちら
http://bap.net/hymnal/?z=51&f=1

タワシの演奏はまたまた一夜漬けの付け焼刃です。
しかも音量がでかいです(またもや)。十分に音を絞ってお聴きください。


See, Amid the Winter's Snow

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

No Title

私はタワシさん、こんばんは☆
土曜日の夜に、素晴らしい讃美歌を聴けて、幸せです^^。ありがとうございます!何度も聴かせて頂きました。一夜漬けでこんなに弾けてしまうなんて、本当にうらやましいです。
対位法…とか、私には、残念ながら、ちんぷんかんぷんの世界です。(いい加減、何とかしよう、とは思っていますが^^;。)
たしかに、響き渡るオルガンの奏楽での礼拝には憧れ(という言い方はよくないかもしれませんが)をいだきますが、今、日曜日にタワシさんの奏楽で讃美歌を歌える教会の信徒さま達も、喜んでいらっしゃることと思います♪

はじめまして

ブログ村から来ました。

なめらかなピアノ。。。聞き惚れました。
ピアノいいですね。私はほとんど独学で40才から始めました。ショパンが好きですが、私もカンツォーネやシャンソン、それにラテンも好きです♪

このところレッスンご無沙汰だったのでまた再開しようと思っています。またお邪魔させて下さいね。

No Title

いいですね~、讃美歌ってなんか心が安らぐっていう感じがしますね。
それにタワシさんの演奏がまた曲の雰囲気に合わせてらっしゃるからね~。

音量は全然問題ないですよ^^
いつも素敵な演奏をありがとうございます。

No Title

(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

↑↑そうそう、安らぎます。私も(*´ω`人´∀`*)
やっぱりすごいよ~タワシさん。

対位法・・・私もさっぱり(^^;)ちょっとはこういう知識入れておいた方が何かといいんでしょうね!さっそく検索してみましたが、
今の私は、ある用語を調べるための説明文を読むと、その中にまたわからない用語があって、その用語を調べたらまたその中にわからない用語・・・・いつの間にか何を調べているのかワケワカメ(_ _|||)

monetさん>

いつもありがとうございます!何度も聴いてくださってるなんて光栄です。一夜漬け、つまり、やっつけ仕事、は本当は作曲家にも聴いてくださる人にも失礼だからできるだけやめようと思っているんです。でもなかなか余裕がなくって~。繁忙期が終わって少し落ち着いたら、たとえシューイチといってももう少し時間をかけてじっくり取り組むようにしたいですね。

対位法とか、和声学とか、クラ研時代ちょっとだけ勉強したんですよ、でもあくまで基礎の基礎だけです。ちゃんと勉強しなおしたいという思いは私にもあるのですが、これまた今のところ「絵に描いた餅」状態になっています・・・

教会の人たちは確かに、こんなつたないピアノでも喜んでくださいますね、ありがたいことです。歌う人が歌いやすく、歌で曲を表現するのに私の伴奏が少しでも助けになれるように、と思いながら、伴奏してます。

おとめさん>

はじめまして、ようこそタワシのブログへ~♪
ブログ村から来てくださったんですね。うれしいです。

40代で独学で始めて、ショパンを弾かれるなんて尊敬します。
私も子供のころの数年と社会人になってポピュラーピアノを習っていた2年間以外は、ほとんど独学ピアノライフですが。。。本格的なクラシックはいまだにほとんど弾けませんよ~

カンツォーネやシャンソン、ラテンもいいですよね♪私もよく気分転換に弾いてます。
またいつでもお気軽に遊びに来てくださいね。私のほうからも、そちらのブログを訪問させていただきます!

まんまるお月さん>

いつも、つたない演奏を聴いてくださって、感謝です。曲の雰囲気出ていますか?ありがとうございます
クリスチャンでない方でも、讃美歌を聴くと心が洗われる、癒される、という方は多いですね。
特に今の時期は、クリスマスならではの美しい讃美歌がたくさんあってうれしいです。(まあ歌いたく(弾きたく)なれば、思いっきり季節外れでも、やっちゃいますけどね)

音量問題なかったですか。安心しました。うちのPCのしょぼいスピーカーだと音割れしてしまったんです。(でもヘッドホンでは大丈夫でした)

ゆめもり子さん>

安らげましたか~よかったです。ストレスの多い世の中ですから、クリスチャンでなくても、讃美歌や宗教音楽に、心の癒しを求める人も多いようですよ。

対位法、本格的にやろうとすると、ものすごく、奥が深いんです、私も本当に基礎の基礎をちょっとかじったくらいですよ。
でも特にバロックの曲などをやるときには、たとえ基礎だけであっても。勉強しといて決して無駄にはならないと思います。

>ある用語を調べるための説明文を読むと、その中にまたわからない用語があって、その用語を調べたらまたその中にわからない用語・・・・
こうやって芋づる式に知らないことや興味のあることを調べていくのも、知識を広めるのにはいいいものですよ。と私ごときが言ってももあんまり説得力ないですけど。いつか某クイズ番組の参加者が自分の勉強法としていってました。

初めまして、タワシさん。
ジャズ、クラシック、ピアノ、で検索していたらたどり着きました。
クラシックピアノには、余り縁がありませんが、
Weekend In 心は L.A.
という音楽ブログを書いています。お暇なな時にでも。
この録音、讃美歌なんでしょうか。静かな空気感が素敵ですね。
大好きな Windham Hill のGeorge Winstonを思い出しました。

Akiさん>

はじめまして!
当ブログを訪問して下さり、さらに、つたない演奏にあたたかいコメントまでいただいて、心から感謝します♪

この曲はおっしゃるとおり讃美歌です。聴くからにそんな雰囲気はありますよね。
日本ではあまり歌われていないようで(?)、私の行っている(&行ったことのある)教会の讃美歌、聖歌の本には載っていませんが、たまたま持っていた別の教派の讃美歌集にはありました。

>大好きな Windham Hill のGeorge Winstonを思い出しました。
おお、懐かしい!Akiさんもお好きですか。
私も若いころ、ずいぶんはまりました。今でも特にポピュラー系の曲を弾くとき(即興演奏もどき、など)には、その影響があるかもしれません。

クリスマスが終わって落ち着いたらそちらのブログも訪問させていただきますね。
ここへもいつでもお気軽に遊びに来てください、今後ともどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月17日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪カヴァテーナ(伴奏)(ラフ) ♪詩的なワルツ集より(グラナドス) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場