讃美歌の選曲もメロディ本位?

数ヶ月前から、水曜の聖書勉強会で歌う讃美歌を選曲させていただいているタワシですが、
牧師先生が「タワシさんの選曲は、いいですね^」とほめてくださり、礼拝での讃美歌も1曲のみですが選ばせていただけることになりました。
メッセージ(説教)後の讃美歌は、話の内容にあったものを牧師自らが選んでくださるので、タワシの選ぶ曲はそれほどメッセージと直接関係がなくてもOKとのことです。
それでも一応、教会のカレンダー(クリスマス、イースター、受難日など)にはできるだけ沿ったものにしようとは思っています。

演奏にはまったく自信がないタワシですが、以前から選曲にはちょっとこだわりがあるので、任せてもらえるのはとてもうれしいです。
タワシの選曲の基準はどうしても曲、メロディーと和声の美しさ本位になってしまいます。
とくに個人的に「和声萌え」する曲は、採用率高いかも・・・
そしてどうしても19世後半から20世紀初頭に作られた曲が多くなります。やっぱり根本的にはロマン派好きなんだなあと思います。

タワシはちょっと珍しめなモノが好きな一面もあって(いつもシューイチを聴いてくださっている皆さんならお分かりですよね?)讃美歌でも、あまり歌われることのないけれど魅力的な曲を取り上げたいなという気持ちもあります。
牧師先生もそれに賛同してくださっているのがうれしい。

ところで毎週の礼拝と別に受難日礼拝というものがイースターの前の金曜の夜にあり、その閉会時にピアノロソロ1曲弾くのが恒例になっています。今年もそろそろ曲を決めなくては。

テーマ : 聖歌・讃美歌
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場