ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>ウンダーリッヒ&メンデルスゾーン 「野ばら」

  1. 2014.
  2. 03.
  3. 29
  4. (Sat)
  5. 21:05
2月27日のシューイチ録音でヴィルムというマイナーな作曲家の「野ばら」を紹介しましたが、今日はその楽譜<「野ばら」91曲集>の中から、さらにマイナーな作曲家A.ウンダーリッヒの「野ばら」を録音してみました。
ウンダーリッヒという人についてはほとんど情報がありません。生没年さえわからないのです。名前からしてドイツ系の人でしょう。作風は初期ロマン派っぽいですね。
91曲の「野ばら」の中にはどうしてもシューベルトやヴェルナーの有名な作品の影響を受けていたり、偶然にせよそれらに似てしまったりという曲が少なからずあって、ウンダーリッヒの野ばらもシューベルトのそれを思わせるところがなくもないなあと感じます。
3節から成る「有節歌曲」ですが、伴奏(今回、実は伴奏のパートをほぼそのままひいています)が節ごとに少しずつ変化をつけ、凝ったところを見せています。

ウンダーリッヒがあまりにも無名な人だったので(失礼!)、大作曲家の「野ばら」も、おまけ(?)で録音しました。
メンデルスゾーンの作品です。混声4部の楽譜をそのままピアノソロで弾いたら・・・かなり地味ですね。
ほかに、シューマンやブラームスらも、同じ歌詞に曲をつけています。

では、ウンダーリッヒとメンデルスゾーンの「野ばら」、お聴きくださいね。







野ばら(ウンダーリッヒ)






野ばら(メンデルスゾーン)

COMMENT

91曲集っておもしろいですね~。
何でそんなに「野ばら」ってあるんだろう?
そんなに沢山は全然知らないけど知ってる中でもなんとなく似た感じのが多いですよね。
ウンダー・・覚えられないな・・汗。
タワシさんってやっぱりなんていうのか?
土着民族だからなかな?自然の物をタイトルにした曲って
いいよね。
土に帰るって言うか・・笑。
字の通り本当に「自然」で。
この心地よさを学びたい。
今度、個人的に私の先生やってくれないかな?

おはようございます!

強風の中 咲いたばかりの桜がきれいな千葉です(>▽<)

バラって一生懸命お世話しているお庭にある感じですが
現代でも野ばらが咲いていたら歌やメロデイーが浮かんじゃうのかなi-278

タワシさんの演奏を聴いていたら なぜか Caro mio ben が
頭の中でグルグル回ってます(?▽?)

イースターの選曲 楽しみですね♪

(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

野ばらってアレしかしりません(^^;)
タワシさんが演奏すると、タワシさんのオリジナルみたいですよね!
タワシ色になる?(カラフルに♪)

らべんだ~さん>

91曲は確かに多い!集めに集めたり、って感じですよね。中には私にも書けそうな曲(そこまでいうか?)もあったりしますが。
きっとゲーテの歌詞がものすごく作曲意欲をそそるんでしょうね。
ウンダーリッヒ覚えられない?らべんだ~さんお得意の省略形で「ウンちゃん」と呼んだらどう?(爆)

土着民族タワシに温かい言葉ありがとう~
この曲はそんなに「土の香り」という路線ではないと思うんだけど・・・でも心地よく聴いていただけたのだったらうれしいわ。

>今度、個人的に私の先生やってくれないかな?
発表会のトリを堂々とつとめるようならべんだ~さんが何をおっしゃる?
先生って何を教えるのですか?(謎)

いもコンさん>

こちらも桜が見ごろになってきました。きのうからテンプレも桜色にしています♪

野ばら、今の時代でも田舎(?)に行った見られるかな~
野ばらの凛として気高い美しさがインスピレーションをそそるんでしょうね。
それにしてもゲーテの歌詞につけられた曲だけで91曲(現存しないものも含めるともっと多いでしょう)ってすごいと思います。
しかし何でここで「カロミオベン」がでてくるのでしょう(笑)似てるかなあ?

イースター(と、その前の受難日礼拝)についてはこれから記事書きますネ。演奏する曲も決まりつつあるので。

ゆめもり子さん>

>野ばらってアレしかしりません(^^;)
シューベルトとヴェルナーの「野ばら」は、もりこさんもたぶん両方とも知ってるはずですよ。両方ともカラオケにさえ入っていたのだから。

>タワシさんが演奏すると、タワシさんのオリジナルみたいですよね!
タワシ色になる?(カラフルに♪)
→タワシ色ってあの亀の子タワシの茶色ですよね。う~んお世辞にもカラフルとはいえないんじゃ?今は色鮮やかなカラータワシもあるようですけど(mixiの今の私のアイコンみたいに)やっぱり一般的なイメージじゃないですよね。
色彩感豊かな演奏というのは実はかなり目指していたりするので、タワシ色=カラフル、と感じてもらえるのはうれしいですけど。

タワシ色・・・・リアルタワシの色じゃないですってば~も~タワシさんったらん♥
人間のタワシさん色ですよ~

ゆめもり子さん>

バラが、リアルたわし色だったら、悲しいものがありますよね~
「人間のタワシ」色ってのもいまいちよくわからんけど・・・(笑)

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a