<今週の録音>ロッホ・ローモンド(スコットランド民謡)

ああ~今週もあと2時間ほどで終わりますね。
今週は仕事がハードで疲労や筋肉痛に苦しんでおります。
また受難日礼拝のピアノソロも控えています。
今回はそんな状況の中で、シューイチアップはかなりやばかったですが、何とか今回も滑り込みセーフですね。

今週のシューイチは「世界の民謡シリーズ」です。(また歌モノ・・・最近ピアノ曲らしいピアノ曲をあんまり弾いてないなあ)
スコットランド民謡「ロッホ・ローモンド」を弾きました。
ロッホとはスコットランドの言葉で「湖」という意味。
スコットランド最大の湖・ローモンド湖を歌った、作者不詳の曲です。

この曲の歌詞は解釈が難しく、曲の意味には諸説あります。
有力なものは
「恋人同士の別れを歌った曲」という説と、
「ジャコバイトの反乱において、イングランド軍に捕らえられたジャコバイト兵の悲哀を歌った曲」とする説のようです。
参照サイト 
http://www.worldfolksong.com/songbook/scotland/loch-lomond.html
http://www.geocities.jp/ezokashi/english/e_lochlomond.html

タワシの使っている楽譜では、節によって微妙に変化があり、特に最後の節はかなり音が違っています。
ミスタッチと捏造に満ち溢れているので、この違いもそうなのか、と思われるかもしれませんが、ほぼ楽譜に忠実に弾いています。(細かい捏造は、別の箇所でやってしまってますけどね)







ロッホ・ローモンド

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

お仕事お疲れ様です。
本当にハードですね。お体には気をつけて下さいね。

シューイチ聴かせていただきました。
とっても綺麗な音色で寝る前に聴いてよかった~^^
そんなに悲しい意味の曲には私は感じなくて故郷を思うようなイメージで聴きました。
勝手な私のイメージですけどね^^;

やっぱりタワシさんのシューイチに憧れちゃう。
私の目指すところはタワシさんですから。

あ~この曲、なんか聴いたことあるなぁ~
なんだっけ。。。
としばし考え込み、思い出しましたv-21
「ジョニーへの伝言」に似ているところがありますね。
曲の意味、2番目の方が私としてはしっくりくるかなという感じです(^-^)

タワシさんのこういう曲って本当に心に沁みますね。自分がスコットランド人になったみたいに郷愁が湧きました。いいわ~v-10

それにしても、動画見ましたけどその下に書いてある歌詞と全然違いますよね。すごい訛った英語なのでよく聞き取れませんけど。。こういう曲って歌詞もいろんなバージョンがあったり変化したりするんでしょうね。

タワシさん、こんにちは。(あら?文字が大きくなっている?)
この曲、作曲も作詞も不詳なのでしょうか?しんみりと、訴える曲ですね。タワシさんの弾き語りで聴きたい…です!
菩提樹の伴奏なさるのですね。ステキですね。頑張ってください〜♪

(○´∀`)ノ゙オハヨ~ゴザイマス★

朝からいい気分になりました~~
なんかウルッッときてしまいましたよ(T-T)
民謡系、タワシさんとっても素敵に仕上げちゃいますよね~(どんな曲でもですが)
((*゚Д゚)ゞ ハイ!((*゚Д゚)ゞ ハイ!
私もタワシさんに憧れちゃう~~♥
タワシさんみたいに演奏できたら・・・
聴いて聴いて~~ってみんなに聴かせちゃう!
まだまだそんな余裕もつ演奏できないからタワシさんの足元にもおよびませんが(^^;)
タワシさんって好きなピアニストっていますか?

素敵な曲ですね♪

ジャコバイト兵の悲哀の映画を観ているみたいで泣けてきます(;▽;)

なんだか ケルティックウーマンを聴きたくなりましたi-237i-203

湿布を貼って 筋肉痛が良くなりますように!

ほんと、素敵ですね~
哀愁にみちたような、でも、どこか懐かしさを感じるような、なんて、私の拙い文章では表現できませんが。
とっても魅力的な演奏でした^^
ありがとうございます♪

まんまるお月さん>

まんまるさんもやっといつものペース戻ってきましたか?アップライト来るのも本当にもうすぐですね。
職場は絶対的に人が足りない状態が続いているので、もうこの忙しさに慣れるしかないかなあ~

>そんなに悲しい意味の曲には私は感じなくて故郷を思うようなイメージで聴きました。
勝手な私のイメージですけどね^^;
→私の音色明るくて健康的とよく言われるんですよ。だから暗い曲を弾くのは実は苦手で。
この曲はいろいろ解釈の余地があるんで、もちろんまんまるさんの抱くイメージも間違いではないと思いますよ。

でも
>私の目指すところはタワシさんですから。
これは本当に、目指すところ低すぎです。
まんまるさん思い直して~!




naokoさん>

>「ジョニーへの伝言」に似ているところがありますね
高橋真梨子ですね。いいですよね~。この人ほんとに歌うまい!声も好きです。
でも、「ジョニーへの伝言」と似てるかなあ・・・
私はむしろ、同じ高橋真梨子の「五番街のマリーへ」という曲のほうが似てると思いますが?
http://youtu.be/Ru-63uoM1DI
どうでしょう?

歌詞の解釈は、その人それぞれが心に浮かんだものを信じればいいと思いますよ。
日本語の訳詞も、恋の歌として捉えてるのと望郷の歌として捉えているのがありますからね。

Sleepingさん>

Sleepingさんはこういう、しっとり郷愁系の曲によく反応してくれますよね~笑
Sleepingさん自身がこういう系 好きなのかな?
ベートーヴェンやショパンなどの「王道路線」の練習に疲れたら、合間にこういう曲をサクツと弾くと癒されうと思いますよ~今度やってみて!

歌詞もきっと複数のバージョンがあるのでしょう、私も聴いてみたけれど完全に別の歌詞ですよね。
スコットランドの訛りはかなり強烈なようです。これほんとに英語?って思うくらいに。

monetさん>

monetさん、こんにちは!
字が大きくなっているとのことですが、今月の月初めにブログのテンプレ替えましたがそれ以外は何もしてないですよ。
ブログの左上に、文字を大きく(または小さく)するツールを埋め込んでいますので、そこを無意識のうちにさわったのかもしれませんね。

はい、この曲は作者不詳となっています。メロディも詩も誰が作ったかわかりません。
でも、自分が死んで何百年のちもその作品が歌い継がれる、しかも世界中で、って考えたらすごいことですよね。

弾き語りですか・・・家や、教会(ただし周りに人がいないときのみ)でこっそりやってますが決して人前でお聞かせできるものではないです。
それにこの曲はスコットランド訛りなので、英語ではまともに歌えないと思いますよ。

ゆめもり子さん>

いつも聴いてくださってありがとう~♪
民謡系というか民族色の強い曲は、自分でも好きですし、タワシの民族路線は昔からかなり好評なんですよ~。(←自画自賛?)
某SNSのつぶやきにも書いたけど、たぶん民族色というスパイスが、素材の悪さ(ピアノの実力のなさ)をカバーしてくれるからじゃないかなと思います。

>タワシさんみたいに演奏できたら・・・
聴いて聴いて~~ってみんなに聴かせちゃう!
何をおっしゃるもりこさん!私よりよっぽど上級者さんではないですか。
私がもりこさんほど弾けたらいろんなところで弾きまくってとまらなくなっちゃうかも。
「シューイチ録音」じゃなくて絶対「毎日録音」してると思う。
なんかすごく不思議なんですよ、自分より絶対上手な人に「タワシさんのピアノに憧れる」とか、「近くだったら私もタワシさんにピアノ習いたい」とか、いわれることがあって。謎過ぎる~

好きなピアニストですか?私は演奏家より曲で聴くタイプなのでパッと何人かあげることはできないかなあ。

いもコンさん>

あれからさっそく、ケルティックウーマンを聴いたのですね♪(ブログの記事見ましたよ~)

スコットランド、アイルランドにはなかなか味わい深い民謡が多いですね。有名なのも無名名なのももっといろいろ発掘して弾いてみたいなと思っています。
また聴いてやってくださいね~

今日は仕事休みになりました。
ハードな日々が続いていたのでありがたかったです。
その代わり土曜の休みがつぶれました。ピアノレッスン2マやった後出勤、とかなりタイトなスケジュールになりますが、がんばります。

huku-umeさん>

いつも、つたない演奏にもたちない、暖かいコメントを寄せてくださって本当に感謝してます。

民謡ってこの曲のようにしみじみと郷愁をそそるものがかなり多いですね。
本格的なクラシックの大曲が弾けないのでこういう路線でお茶を濁している、といってしまえばそれまでですが・・・クラシックの王道を離れたこういうピアノライフをエンジョイする人が、たまにはいてもいいかな~と思います。
これからも世界民謡シリーズや賛美歌シリーズは続くと思いますので、あたたかく見守ってやってくだされば幸いです。
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場