ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>ソナタ K64 (L58) ( スカルラッティ)

  1. 2014.
  2. 04.
  3. 26
  4. (Sat)
  5. 21:40
今回のシューイチは、珍しく、正統派クラシック路線(?)である、スカルラッティのソナタなのですが、率直に言いましてタワシの演奏は「お遊び録音」です。
というのは、ピアノでも、ハープシコードでもなくギターの音色で録音してみたんです。深い理由はなく、ほんの気まぐれです。

K64(L58)ニ短調、4分の2拍子。わずか1ページの短いソナタです。
冒頭に「GAVOTA」という表記があります。「ガヴォット」のスペイン式の表記でしょうか、スペイン語はまったく習ったことがないのでわかりませんが。

ガヴォットといえばバッハにはフランス組曲や無伴奏ヴァイオリンパルティータのものをはじめ傑作がたくさんありますし、ピアノやヴァイオリンの学習者にはゴセックのが馴染み深いでしょうか。
ギースの「アマリリス」のような有名曲も、ガヴォットの様式で書かれています。
スカルラッティのこの曲はそれらのガヴォットとはずいぶんイメージが違います。
かなりスペインの香りが濃厚な気がします。

この曲にはかなり強烈な不協和音が何箇所も出てきて、ピアノで弾くとぐちゃぐちゃで汚い印象になってしまいます。ひとえにタワシの弾き方が悪いからなのですが。
でもギター音で弾くとそんなに違和感なく、自然にハマるのですよね~
そればかりか、フラメンコギターを情熱的にかき鳴らしている情景まで思い浮かびました。

でも残念ながら、練習が足りなすぎです。
数年前に一度初見でちょっと弾いてみたあと 長らく放置してました。
ファイルから楽譜引っ張り出してきて、再度練習し始めて、今日で4日目です。
短くてもソナタはソナタですから、そんな付け焼刃では弾けなくて当然ですが・・・

最近ちょっとおとなしめの選曲が続いていたので、そろそろ活気のある舞曲系のものを弾きたかったんですよね~
というわけで、録音晒します。







ソナタ K64 (L58) ( スカルラッティ)

COMMENT

タワシさん、こんにちは。スカルラッティ、嬉しいです。自分で弾くのは苦手だけれど、上手な人が弾くのを聴くのは好きなんです〜^^。お遊び路線、いいんじゃないですか♪弦の音(って言っていいのかなぁ…)が、はまっていた気がします。でも、ピアノか鍵盤楽器で、また聴かせてくださいね☆

こんばんは!
スカルラッティ
いいですねー
スペインの香り…なるほど!
バッハともまた違った親しみ易さもありますね
さらっと弾けちゃうところが凄いです(^.^)

(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

おおおおおお!
今週も、またでも演奏のような素晴らしい演奏!!!ほんと、タワシさんの演奏ってリズム感が素晴らしいと思います!
ギターでポロンポロン弾いてるみたいで面白いです♪
最近曲とは違う雰囲気ですねー!

ギターの曲っぽくて、ピアノだったらどんなふうになるのか気になりました!
気になりました、タワシさん・・・・・・

monetさん>

こんなつたない演奏で喜んでくださって恐縮です。
でもワタシはどう考えても上手な人には含まれません。ああ今回もまた、誤解を解くのに忙しいです~苦笑

>弦の音(って言っていいのかなぁ…)が、はまっていた気がします
アルベニスの曲にもそういうものがあるように、スカルラッティの一部の曲も、作曲家自身が頭の中でギターの響きを連想しながら書いたのかもしれないと思います。何しろラテンのひととですからね。

>でも、ピアノか鍵盤楽器で、また聴かせてくださいね☆
ピアノで魅力的に弾くのは結構ハードルが高いかも・・・
特に本文でも触れましたが不協和音がどうしても汚くなりがちなんですよね。でもがんばってみます。

めいもこさん>

コメントありがとうございます。
確かにスカルラッティは、バッハほど威厳というか敷居の高さのようなものを感じさせない面があるように思います。ラテンの作曲家ならではの解放感が、親しみを与えているのでしょうね。
でも私がさらっと弾いてるなんてとんでもないです。この曲だって何度録音しなおしたことか・・・。スカルラッティにはもっと有名な曲がいくつもありますがどれもこれも途中で転んじゃってまともに弾けません。特に音階のところで・・・。モーツァルトとはまた違う意味でだけど。意外とボロが出やすいと思います。

ゆめもりこさん>

こんにちは。
落ち込みから少しは回復しましたか?
もりこさんほど弾けて落ち込んだら、私なんて即刻ピアノをやめなくてはならなくなりますよ~

最近のおとなしい曲とはイメージ違うでしょう?
どっちが似合うかなあ?
ただしっとり系でもノリノリ系にしても、民族色の感じられる作品が好きです。
リズム感はそんなに良くないですよ~はっきり行って人並み以下かも。この前もこの曲ではないんですが自分の録音を聴いていたら、リズム感の悪さにげんなりしました。

ところで「またでも演奏」って何ですか?一生懸命考えたりググったりしたけどわからないのです。今度教えて教えて~!

スカルラッティ!
私にとってバロックの鍵盤曲はちょっととっつきにくいんですけど、何気なく聞いてて、あ、いいな♪と思うバロックの曲はスカルラッティが多いみたいです。曖昧な書き方になっちゃうのは、スカルラッティを全然知らないからなんですけど…

ところでこの音はギターなんですね。チェンバロっぽくも聞こえるし、ひょっとしたらピアノで弾くより合ってるんじゃって思います。
でもピアノだとどんな印象になるのか、私も興味あります~!

もしかして・・・
もり子さんの「またでも演奏」は「デモ演奏」??

スカルラッティのソナタ!
タワシワールドではちょっと珍しい選曲かな?
と思いつつ再生ボタンを押しました。
全く違和感なく聴けましたよぅ~♪素敵素敵☆

強拍のアタックがとても安定していて、踊りやすそうv-352
タワシさんのピアノは、聴く人にいつも優しいですね。

こんにちは(・▽・)

足をトントンしたくなる曲ですね♪

スペインの舞曲ってどんな踊りなのか?
見てきまーす(>▽<)

Σ(゚ロ゚;)

たたたたわしさん!
またでも演奏・・・・・(爆)
ググっても絶対でてきませんから~

また、デモ演奏です(^^;)デモ演奏みたいに素晴らしいリズム感、自然な演奏!ってことでなんとかよろしくお願いしますだ~


やだ~も~~
ここにくると面白いことが起きます
(*^m^*)

メアリーさん>

コメントありがとうございます。お返事すごく遅くなっちゃってごめんなさい!

スカルラッティ 私もまだまだ勉強不足でごく一部の曲か知らないんですよ。でも、明らかにバッハとは違うカラーを感じますね。おっしゃるようにバッハと比べて敷居の高さを感じさせることが少ないような気がします。ラテンの人ならではの親しみやすさ、開放感のようなものがあるからでしょうか?
聴くほうでも弾くほうでも、これからもっと親しくなりたい、と思っている作曲家です。

はい、この演奏は、そのとおり、デジピの音色をギター音に設定して弾いてます。なかなかあっているでしょう?
私のデジピにももちろんハープシコード音はあるんですけど、強弱がまったくつかない上に音がおもちゃっぽくて好きではないのでやめました。
ピアノ音バージョンもそのうちおきかせできたらいいと思ってます。個人的にはギター音のほうが雰囲気出てると思いますが。

やぢまさん>

多忙につき、コメントのお返事遅くなりました。すみません!

今回、タワシワールドにしてはちょっと珍しい選曲でしたか?
いわれてみればスカルラッティで演奏を公開するのは初めてですかね。
スカルラッティといえば一流ピアニストも弾く「クラシックの王道」の作曲家ですものね。もっともこの曲は、彼のソナタの中では知名度低めかなあ。ワタシ有名曲は怖くて弾けない人ですから(爆)

違和感なく楽しんでいただけたようでよかったです。
舞曲とかを好んで弾いているのでリズム感がいいように誤解されてますが、本当はかなりのリズム音痴です。
「踊りやすそう」、「聴く人に優しい」なんてもったいないお言葉で、恐縮しちゃいます。でもうれしい~♪

いもコンさん>

お返事遅くなってごめんなさい。
聴いてくださってありがとうございます。

足をトントンしたくなる・・・
わかりますわかります!そんなタイプの曲ですよね!
スペインの舞曲、情熱的で、弾いてても聴いててもテンション上がります↑
アップテンポの曲が多く、ぶきっちょな私はいつも派手に転ぶので、なかなか録音する勇気がありませんが・・・(汗)
私にいもコンさんのような腕があったら、もううれしくって、たぶん人前でも弾きまくっちゃいますよ~♪

ゆめもり子さん>

もりこさん、今頃、旅行を楽しんでいるでしょうか?
なんと私の故郷の方面へ行かれるとのこと、レポ楽しみにしておりまする♪
食べ物おいしいですよ~特に海の幸が!

さてさて
メアリーさんのコメントを見て「そうだったのか!」と思わず叫んじゃいましたが(!?)、「またでも演奏」の謎が解けました!
デモ演奏・・・いやいやそれはあまりにありえないので、きっとそちらに考えが回らなかったんだと思います。
こんなデモ演奏が入っているデジピやキーボードがもしもあったら・・・いくら安物でも誰も買わないですよ~

それはともかく、ここへくると面白いことが起きますか。光栄です。
ここまで来たら、もはや、笑いをとる路線で突き進もうかしら・・・

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a