<今週の録音>マズルカ第4番ニ短調(ドヴォルザーク)

今朝、仕事の前に近所のスタジオ(練習室)にグランド練習に行ってきました。
浮気性なタワシも、この期に及んでは、さすがにわき目も振らずに、「星座」の演奏曲に集中しましたよ。笑
一時間の持ち時間のうちソプラノリコーダを10分くらい吹き、残りはショパンとドヴォルザークのマズルカにだいたい同じくらいの時間をかけました。
特に、どうしてもショパンのほうにウエートがかたよってしまい、そのあおりで、なおざりになりがちだったドヴォルザークのマズルカを丹念にさらったつもりです。

今週はたぶんシューイチのために新曲を準備する余裕はまったくないでしょうから、スタジオで録音したドヴォルザークを、<今週の録音>としてアップすることをお許しください。
例によって例のごとく、大量のミスタッチや音抜けがあります。本番直前でこの完成度の低さは・・・(汗)
でもね、ショパンのほうは、完成度の低さ、こんなもんじゃないです。
「耳毒」なんでお聞かせできません、ハイ。。。


ではでは、相変わらずのお粗末な演奏ですみませんが、お聴きください~♪






マズルカ第4番(ドヴォルザーク)

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

No title

何分の何拍子なんだろう・・・と思いながら聴かせていただきました・・・(笑)
ミスは曲がわからないので全然分かりません。
音の並びをひとつの物語にするのがお上手だな~~と思いながら聴き入りました♪

こんにちは(・▽・)

物悲しい感じの曲ですねぇ

暑くて汗が止まらなかったのですが
聴いているうちに 
すーーっとしてきましたi-239i-178
落ち着きすぎて
このまま眠ってしまいそうですi-196

No title

タワシさん、こんばんは☆
早めのシューイチでしたね。今回のシューイチ、タワシさんにしては、長めの演奏でしたね(笑)。ゆっくり聴けて満足♪でした。本番バッチリだと思いますよ!こういう曲想も、タワシさんに合っていらっしゃいますね。

No title

拝聴させていただきました~(^^)

タワシさん、本当にいろいろな曲をご存知ですよねー!!
学生時代のサークルで培った経験が生かされていて1つのことを極めてらっしゃる方は違うな~、と、こちらも勉強させてもらってます。

ドヴォルザーク(新世界よりしか知らない(^^;)ってこのような曲も書いてるのですね~!
マズルカって、ショパンしか書いてないと思っていた無知な私(^^;
(ショパンのマズルカも2~3曲しか知らないし)

音抜けとか全然わからないですが、いろいろな曲を弾きこなせるタワシさんに改めて尊敬いたしております…♪

ショパンの方も是非、お聴かせくださいね!

ねこぴあのさん>

演奏、聴いてくださってありがとうございます。
マズルカは4分の3拍子の舞曲です。もしかしたらごくまれに例外(4分の3拍子以外のマズルカ)もあるのかもしれないけど私は見たことも聴いた事もありません。
マズルカのリズムはかなり変則的で、2,または3拍めにアクセントがくるものが多いです。
なので何拍子かわかりにくいという感想も出てきて当然だと思います。

音の並びをひとつの物語にする・・・
想像力の豊かなねこぴあのさんらしい発想ですね。
私はそういうことはほとんど考えたことがないんです。
子供のころは童話作家になりたいと本気で思っていたのに、いつの間にこんな想像力の乏しいヒトになってしまったのだろう・・・?

いもコンさん>

>物悲しい感じの曲ですねぇ
はい、おっしゃるとおり、短調でメランコリックな要素の多い曲ですね。
マズルカといっても陽気にノリノノリで踊るものばかりではないんですね。
こういう、メランコリック系マズルカは、もちろん本家のショパンにもたくさんあります。

ドヴォルザークのこのマズルカと、活気にあふれて明るいショパンの39番はかなり正確が違うので、そのコントラストを思いっきり表現できたらいいなと思ってます。

monetさん>

星座、終わりました。
これからレポ書きますが、多彩jなプログラムで8時間という長丁場があっという間に感じられました。
本番ばっちりとは、残念ながら行きませんで・・・止まったり弾きなおしたりする場面こそありませんでしたけどミスタッチの多さは相変わらずで、それ以上に悔しかったのは自分の思うような表現ができなかったことです。
でもコンサート自体はとても楽しめたので良しとしましょうかね。

今回の録音ですが4分くらいあるのでたしかに私にしては長いですね。普通の人にとっては短いのでしょうけど。
ほんとに長い曲が弾けない人なんで、われながらあきれます。

ね~み♪さん>

「星座」のため、お返事が遅くなってごめんなさい。

>1つのことを極めてらっしゃる方は違うな~、と、こちらも勉強させてもらってます。
そんな~極めるなんてあまりにも程遠いですよ。私は入り口をちょっとかじったくらいのものです。
私がこういう、めずらしめのレパートリーに手を出すのは、普通にピアノをやっている人ならたいてい手がける、王道の名曲たちが弾けないからと、いう説(?)も一部にありますよ。
ただ、好きなことにかんする限り、好奇心が旺盛でいろいろアンテナ張ってるのは確かです。

ドヴォルザーク、新世界がダントツで有名ですが他にもよく知られた名曲をいくつも書いてますよ。
ただ、ピアノ曲ではマイナーな存在なのは確かですね。一番有名なのは「ユーモレスク 変ト長調」ですが、これならきっとどこかで耳にしたことがあるはずですよ。

ショパンのマズルカも本当は聴いていただきたいですけど、きのうのコンサートでかなり苦い思いをしたので実況録音ははおきかせできないですね。そのうちリベンジできたら、ぜひ!
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場