<今週の録音> 6つの易しいソナタより 第4番 ハ長調 (第1楽章) (ドゥセック)

今週のシューイチは、ピアノ学習者にとってはソナチネアルバム(1)の第17番でおなじみの、ドゥセック(ドゥシーク、デュセックと表記することもあり) の、「6つの易しいソナタ」より、第4番ハ長調の第1楽章を弾いてみました。
原題は 
Six SONATES Faciles Pour le Piano Forte AVEC ACCOMPAGNEMENT de Violon Ad Libitum
とあるので、ヴァイオリンがアドリブでオブリガートをつけて演奏してもいいということでしょうね

モーツァルトより4つ年下、ボヘミア生まれでイギリスで活躍した古典派の作曲家・ドゥセックは、その美男子ぶりゆえに色恋沙汰のスキャンダルが絶えなかったようで、その生涯も波乱万丈のものだったそうです。
「<易しい>ソナタ」と明記されているとおり、レベル的にも曲のサイズ的にも、ソナタというよりは完全にソナチネという感じです。
その割に、もたついたり、逆に走ったりして、なんとも安定なく初心者っぽい演奏になってしまいました。
(なお、楽譜には4箇所のスフォルツァンド以外、一切強弱記号などはないのですが、自己判断で曲想をつけてみました。
・・・いかがでしょうか?







易しいソナタ ハ長調(Op46-4)第1楽章(ドゥセック)

<追記>
前記事でお知らせした7万アクセスですがありがたいことに記事を更新した当日に達成しました。
皆様ありがとうございました。
今後とも当ブログとタワシをよろしくお願いしたします。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

No title

タワシさん、こんにちは。
おお、ブラボーです。ソナチネアルバムもタワシさんの手にかかると、魅力的な、生き生きとした曲になりますね♪ご自分で、曲想は全部考えられたという事でしたが、とっても自然で素敵だったと感じました^^。
ところで、ドュセックがそんな生涯を送ったとは、知りませんでした。うふふ、ピアノのお教室で、小さな生徒さんが、「この人って、どんな人だったのー?伝記あるー?」と聞いたら…(笑)。

No title

こんにちは!
強弱記号ないんですか???
と~っても自然で素敵でした!
「もたついたり、逆に走ったりして、なんとも安定なく初心者っぽい演奏」

全く、微塵も感じられません!
堂々としてて、もうご自分の曲って感じです!
指もよく回ってますね~
短期間にいつも(しつこいですが)すごいな~

monetさん>

演奏聴いてくださってありがとうございます。
この曲はソナチネアルバムには載っていないのですがレベル(体感難易度)的にはまったく同程度という気がします。
子供のころやったきりのソナチネも、やり直してみたいなあと思うときもありますが、それよりは。どうせやるなら今まで知らなかった曲を新鮮な気持ちでやるほうが、私の性にはあっているかもしれませんね。
曲想、自然に感じられましたか?よかったです。いわゆる「能面演奏」、しようと思ってもできない私なので、ついつい表現が大げさになりがちなのですが。

>ピアノのお教室で、小さな生徒さんが、「この人って、どんな人だったのー?伝記あるー?」と聞いたら…(笑)。
作曲者に興味を持つ生徒さんは少なくとも幼稚園や小学校の低学年くらいではかなり少ないと思います。ショパンやバッハやモーツァルト、ベートーヴェンのよう巨匠クラスはは別としても。でも万が一そんなふうに訊かれたら困っちゃいますよね~

ふくうめさん>

おはようございます!
オリジナルの楽譜は意外とシンプルで、強弱や表現にかんする音楽記号は、後世の人が書き足したものであることが、結構多いようですよ。
音楽記号のほとんどかかれてない楽譜を見ると、どう弾いていいかわからず不安になるという人もいるみたいですが、私はポピュラーピアノやっててメロディーとコードしかない楽譜を見て弾くのは慣れっこなので、シンプルな楽譜はむしろ、すっきりと見やすいから好きです。

曲想とか自然でしたか?そう感じてもらえたのならよかったです。
指は回ってないですよ~
16分音符のところに来るたびあせりますもの。そして実際に指が転んだリ音はずしたりしまくってます。この録音だって何度録り直したことか・・・
こんな初級レベルの曲でこれでは情けないと、正直、しょっちゅう思います。
堂々と感じられるのは、これはもう、開き直り以外の何ものでもないです・・・(恥)

No title

(*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆おはようございます☆*:;;;;;:*

朝から清々しい気持ちになりましたよ~

強弱記号無しって難しい~
とっても素敵ですよ。
やっぱり、別れの曲の主題の部分でいいから
タワシさんの演奏聴きたいです。
7月のレコ会のときは、想いだし演奏だったと思うので、
ちゃんと強弱、ルバート等いろいろ考えた演奏
参考にしたい~~~(←っていうかマネになりますけど・^^;)
タワシさんの表現ってすごく自然で大好きです。

2~3日くらいで出来ませんか?←無茶ブリお許しを
けど、主題の部分なんで、タワシさんなら1日もかからず
出来るんじゃないでしょうかね?
ダメ?

こんちはー(・▽・)

↑もり子さんの無茶ぶり 私もぜひ聴いてみたいです♪
きっと素敵でしょうね~i-237 i-178


今回の曲 清々しい懐かしさを感じました(>▽<)♪
ソナチネに出てきそうな雰囲気ですねぇi-190

ドゥセックさんの画像を探してみたら
なるほど! 優しそうな目のキレイな顔のかたですね(☆▽☆)
こりゃーモテモテですね~i-278 


No title

安定してないって感じはしませんよ~。
さすがタワシさん♪ですね。

なんだかタワシさんらしい演奏で爽やかです~。
なんでこんなに生き生き演奏できるんでしょ。
私に全然足りないものです。

私もタワシさんの別れの曲、ちゃんと聴いてみたいです。
表現豊かになるんじゃないかと。
ノク20も弾いてもらいたいくらいです!

ゆめもりこさん>

>朝から清々しい気持ちになりましたよ~
そうですか~ それはどうもです。
強弱記号書いてないと弾きにくいですか?
実は、強弱をつける上で、それなりのルールとか、よくあるパターンとかは、存在するのです。
オショーズなどはそういうルールやパターンが、例外も含めて頭の中にすっかりインプットされているんですけど、私は基本の基本しかわかってなくて。後はもう感覚でテキトーにやってます。本当はもっと勉強すればいいんだけど。

>やっぱり、別れの曲の主題の部分でいいから
タワシさんの演奏聴きたいです。
えええ!?なぜ私の演奏にこだわる?だめよ~だめだめ!自分より下手な人の演奏を参考にするなんてもってのほか。
一流のプロの演奏を聴いて学びましょう。
あとはそっちのピアノサークルでかふぇば~さまたちにアドバイスしてもらうのもいいでしょう。
もちろんこちらに来たときはオショーズにみっちりしごかれてください。

いもコンさん>

ん~、もう~
もりこさんったらわけのわかんない無茶ぶりをするんだから。
いもコンさんもそんなのにまともにのっかってはいけませんよ~
私本当に「永遠のソナチネレベル」なので。
今回の曲なんてレベル的にはたぶん合っているはずです。
それでもなかなか100%納得のいくようには弾けないですね。
別れの曲なんてもうほんと別世界の話なんですよ~

ドゥセックさんはマジでかなりもてたらしいです。
リストやショパンより半世紀前の人ですね。
イケメンピアニストのさきがけというところでしょうかね。
そのせいで映画並みにスキャンダラスな一生だったようですけど。

まんまるお月さん>

わわわわ。ここでもなぜか出る「別れの曲」!
本当に私には実力不相応な曲ですから、もう忘れてください。
ノク20は、以前からいっるように、こっぱずしかしくって人前では弾けないですし。
期待に添えなくて申し訳ないですけど、きっと回りに弾いてくれるお友達もいっぱいいますよ~

演奏さわやかでしたか?
この曲、古典派らしい明るく屈託のない曲なので、あまりいろいろ考えずに弾けるんですよ。
楽譜もバイエル並みに白っぽくて(=音が少ない)すっきり!  
生き生きと弾くのには、潔さというか、思い切りの良さというか、が必要です。
時々元気がありあまって大げさな表現になりすぎ、オショーズにも笑われたりしてますが、でもなんとなく音をおいている演奏よりは伝わるものはあるかもしれませんね。
あ、まんまるさんのワルツだって、表現力ばっちりでしたよ。もっと自身持ってくださいね~♪
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場