プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

DATE: CATEGORY:ピアノを教える
今月初めの教会の定期諸職会(役員会議)で、牧師先生の口から発表されたこと・・・
予定の任期(7年間)より半年早いが、子供の進学・転校のこともあり、来年の3月いっぱいでこの教会を去る、という内容でした。
タワシのピアノの生徒さんである牧師夫人のYさんとも、当然お別れということです。
今後の具体的なことはまだわからないけれど、とりあえず関東を離れるのは確実なようです。
うちの教会は牧師は交代制ですから、いつかはこんな日が来るのはわかっていましたが、来年が任期の7年目ということも知らなかったタワシにとってはかなりショッキングなことでした。

Yさん、最近は月1回くらい礼拝のピアノを担当しています。
本人は相変わらず自己評価が厳しいんだけど、信徒の人からの評判も「あれだけ弾ければ十分」という声がほとんどで、タワシの指導の成果も少なからずあるのかなと喜んでいたのですが・・・
牧師夫人という何かと多忙な身で、本当によく努力されていたと思います。
レッスンではどの曲をやっても馬鹿のひとつおぼえ並みにいつも同じことばかり言っているし、教え方も決してうまいとはいえないタワシに、よくぞここまでついてきてくれたなあと、感謝の気持ちでいっぱいです。

ピアノの先生と生徒、という関係を別にしても、Yさんにはお世話になることが多いし(タワシはペーパードライバーなのでとくに送迎に関してはお世話になりっぱなし)、一緒に食事をする機会もけっこうある、大事な友達の一人でもあります。
本当に寂しくなります。
お別れの日にはな泣いちゃうかなあ。

至らぬことの多いタワシ先生ですが、残された半年間、伝えられることを精一杯伝えていきたいと思います。

また、最近、家の新築や仕事の多忙を理由にピアノをずっとお休みしていたKさんが、10月からレッスン再開することになりました。
音楽的才能もあり、練習熱心なKさん、すごくいいペースで進んでいたので、このまま辞めてしまったらああまりにもったいないと思っていたんですが、大変な状況がわかっているので、レッスン再開に向けてあまり頻繁に背中を押すこともできないでいたのですが、昨日の礼拝後に自分から言ってくれてうれしかったです。

このブログの「ピアノを教える」カデゴリー、このごろまったくといっていいほど記事がありませんでしたが、これからはこのカテの記事もちょっとは増やしていきたいものです。
Comment

No title

そうでしたか。
必ず出会いと別れがありますよね。
私も来年にはお別れがあります。

タワシさんはちゃんと残したものがあるので、お別れも少しずつ受け入れられるでしょう。ずっと拒んでいた牧師夫人がここまでになったのですからね。
きっと新たな地に行かれてもタワシさんの教えを思い出しながら活躍なさることでしょう。
お友達でもあったのですね。でも、今はメールとかありますし、このブログをご覧いただければタワシさんの様子も分かりますし。またお会いすることもあるでしょう(*^^)v

…ということは、他の牧師様がいらっしゃるのですよね。
またジャズやる人だといいなぁ…私としては(^_-)

そして、Kさんのレッスンも再開とのこと。
私も生徒になりたい一人として、記事を楽しみにしております。

No title

牧師さん、牧師夫人が転勤されるんですね。
関東圏ではないのですか。
ちょっと寂しくなってしまいますね。

別々の地であっても、同じ日本ですし、
その気になればお会いする事もできるでしょうし
(毎週毎週というわけにはいかないかもしれませんけど)
でも仲が良かった方と頻繁に会えなくなるとさびしいですよね。

次にこられる方が善い方だと良いですね。
別れもあるかもしれないけど、新たな出会いもある!

素敵なご縁がありますように♪



No title

ピアノの先生って・・・・わたしには、天国の人みたいな・・ちがう、雲の上の人?みたいな、なんかすごい位置にいる人で・・・・タワシさんは、すごいなあ~~!と改めて思いました。

友人でもあり生徒さんでもある・・・素敵なご関係ですね。

お別れしても、タワシさんが教えたことは、生徒さんたちのピアノの中に生きていくことでしょうね。
きっと、何度もタワシさんを思い出すと思いますよ。
お別れのときに、1曲何かプレゼントをするのもいいかもしれませんね。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

金魚さん>

金魚さんも来年は、大きなお別れを控えてますよね。
期限があると思うと、やっぱり練習にも熱が入りませんか?
お互い、残された期間でできる限りのことはやりたいですよね。

牧師夫人は、自分に自信が持てないのは今もあまり変わらないのですよ。
レッスンのたびに「あなたは自分が思っているよりずっとできるひとだ」という内容の、肯定的な言葉をかけてはいるのですが。
それでも「私が礼拝でピアノを弾くなんて絶対にありえない!」といっていたのによくぞここまで・・・とも思います。
もちろん、お別れしてもまた会える機会があると信じてますよ☆

4月からこられる先生どんな人でしょうね。
もちろんまだまったく白紙状態です。
ジャズでなくてもいいですが(笑)とにかく音楽を愛し、音楽に理解の深い人だったらいいなあと思っています。
教会は、普通の世間よりはるかに音楽があふれているところだから、あまり案ずることもないと思いますけどね。

ね~み♪さん>

お返事遅くなってごめんなさい。
はい、残念ですが異動は決定的です。
せめて関東圏だったちょくちょくお会いする機会もあると思うのですが、さびしいですね。
幸い、今はネットのおかげで、離れていてもいろんな方法でつながれますが。

次に来る先生はどんな方なんでしょうね~
まさに神のみぞ知る?
もちろん教会にとって一番いい人がこられるように、みんなで祈ってますよ。

ねこぴあのさん>

コメントのお返事遅くなってしまってごめんなさい。

ピアノの先生、といっても私の場合、いわゆる普通のピアノの先生とはまったく違ってて(といってもたぶんよくわからないと思いますが・・・) 私は教会での奏楽者として年季が入っていることもあり(年の功、ってやつですね)「礼拝でピアノを弾きたい」という信徒さんに、そのために必要なコードひきの基本、簡単なアレンジを指導しているだけです。まったくの初心者の方の場合、ピアノの基礎の基礎も教えたりしますが、私自身が基礎がちゃんとできてないのにこれでいいのかなあと思ったりすることもありますよ。
もし、ピアノの先生と書いたことで、タワシさんすごいなあ、と思われたんだったら大きな誤解です~
私はプロフィールにいつも書いているとおり、永遠の初級者でございます。いやほんとに。謙遜抜きで。

>お別れしても、タワシさんが教えたことは、生徒さんたちのピアノの中に生きていくことでしょうね。
きっと、何度もタワシさんを思い出すと思いますよ。
→だといいですね。私も牧師夫人とのレッスンの日々をこれから先何度も、懐かしく思い出すんでしょうね。

カギコメさん>

わざわざご連絡ありがとうございます。
お知らせの件、了解しました。
近々そちらのサイトにまた訪問させていただきますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © ようこそ!タワシワールドへ♪ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ