FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

10 | 2019 / 11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





今回のシューイチは 久々のグランドピアノ録音です♫
イングランド民謡の、「君 帰らずや?」(And will he not come again?)という曲を弾いてみました!
解説によれば
歌詞は、シェイクスピアの「ハムレット」第4幕でオフィーリアが歌うことになっているもの。
曲は、リンレイ(William Linley)が作曲したものと言われている。
とのことです。

それでは、どうぞ〜♪

君 帰らずや?(イングランド民謡)

(以下、10/6追記分)
上記の解説に名前の出ている、リンレイ(リンリー)という人物について調べてみました。

ウィリアム・リンリー (1771〜1835)
イギリス・サマセット州出身。
父のトーマス・リンリー、そして彼の7人のきょうだいたちも、それぞれ声楽や器楽、作曲、指揮などプロの音楽家として活躍したといいますから、まさにバッハ一族のような音楽一家ですね!
ウィリアムが師事したのは カール・フリードリヒ・アーベル(Carl Friedrich Abel)というドイツの作曲家で、アーベルは、大バッハが楽長を務めていた時のケーテン宮廷楽団の首席ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者でもありました。

ウィリアムは一時、東インド会社に勤めていましたが、健康上の理由で退職してイングランドに戻ってからは、本格的に音楽(と文芸)の道を歩むようになったようです。
彼について、「コミックオペラ「ハニームーン」と「パビリオン」を書いたが、1816年に「ドラマティックソングスオブシェークスピア」で大成功を収めた。」という記述を見つけました。
1816年に書かれたという「ドラマチック〜」の中に、今回録音した「君 帰らずや?」も含まれている可能性が極めて大きいような気がします。

280px-Lawrence,_Sir_Thomas_-_William_Linley_-_Google_Art_Project
ウィリアム・リンリー、18歳頃の肖像画です。
薔薇色の頬と長い巻き毛を持った彼の容姿は、かなり人目を惹いたのではないでしょうか。まあ、実際より大幅に美形に書かれた肖像画も結構あったようなので、なんとも言えませんが(笑)

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ

短すぎる練習時間で、完成度低いまま見切り発車、ということがしょっちゅうのシューイチですが・・・
今回の曲は、その存在を知ったのが昨日の夜、しかも音源も見つからない(探し方が悪いだけかもしれないが)という状況にしては、かなり健闘したかも?

音楽会用 ピアノ独奏名曲集 初級編  という楽譜に載っていた、
「愛の歌」(ホフマン)
を弾いてみました♪

作曲家については何も〜生没年や国籍はおろか、ファーストネームさえも〜わかりません。
もし情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらご教示願います。

曲は、いかにもロマン派の性格小品らしい曲で、美しく親しみやすい旋律を持っており、メンデルスゾーンの影響が顕著に感じられます。彼の「無言歌」の中にこの曲を紛れ込ませたら、タワシなどは絶対見抜けそうにありません。
冒頭の速度記号は「Andannte Agitato」という、あまり見かけないものです。Agitatoは、恋のときめきに高鳴る胸のうちを表していると考えられます。
そのうちグランドピアノで弾いてみたいなあ。

それではどうぞ〜♫

愛の歌(ホフマン)

※コメントのお返事がまた滞っております。明日礼拝から戻ってから、順次お返事しますので、もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ

シューイチとしては久々の、讃美歌の登場です!
E. E. Hastyという人が書いた Jesus, my Savior, to Bethlehem came(我が救い主イエス、ベツレヘムに来たれり)という曲です。

「インマヌエル讃美歌」に、第94番「ベツレヘムに生まれて」として採用されています。ただしこちらでは作詞、ともに、Anonymous すなわち「作者不詳」として載っています。
またメロディやリズムに数カ所の相違があるバージョンがあります。今回は基本的には「インマヌエル讃美歌」の楽譜に従って演奏しました。

1節の歌詞だけ見ると完全にクリスマス向けの曲ですが、2節以降では十字架上の贖いや、再臨のことなども歌われており、1年通して歌える讃美歌です。
Hastyという人については、海外の讃美歌の専門サイトなど調べてみましたが、「does not have biographical information about this person」つまり「情報なし」という結果です。
シンプルながら音の運びが自然で美しい讃美歌ですね。

今回は「チャーチオルガン」という音色に設定して弾いてみました。
それでは、どうぞ〜♪

Jesus, my Savior, to Bethlehem came (Hasty)

ジャンル:音楽 - テーマ:聖歌・讃美歌

曲が長い!と評判(?)のシューベルトですが・・・タワシのブログの登場するのは、ほとんどが、演奏時間1〜2分という「プチ舞曲」たち。
今回もやっぱりそうなのです。
シューベルトのOp.18, D.145は、彼が数年にわたって書きためた舞曲を集めたもの。
12のワルツ、17のレントラーと9つのエコセーズ から成っています。
今回はその中からエコセーズを弾きました。
エコセーズ5番(ロ長調)と、同3番(ロ短調→ニ長調)を、3番をトリオに見立てた3部形式にして演奏してみました。

こんな短くてシンプルな曲なのに、ミスタッチがなくならないのはなんでだ!?
実はほぼノーミスで弾けたテイクもあるんですが、こっちの方がエコセーズという舞曲の雰囲気がより出せたかなあと思い、こっちを採用。
エコセーズはスコットランドのカントリーダンス(コントルダンス)の一種だそうです。
3拍子系の舞曲が好きなタワシにはやや珍しく、4分の2拍子の明るく軽やかな舞曲です。

それでは、どうぞ〜♪


エコセーズ ロ長調〜D145より〜(シューベルト)

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ

今回のシューイチは、かなり久々のイタリア民謡です♪
と言ってもイタリア民謡といえばこれ、という感のある(?)〈ナポリターナ〉ではなく、トスカナ地方(フィレンツェなどがあり、ルネッサンスの中心地となったところ)に伝わる民謡で、「バルケッタ(小舟)」という曲です。
歌詞の内容は「小舟に乗ってやってくる恋人を、岸で胸をときめかせて待つ」というもの。素直で伸びやかな曲調が、そんな歌詞によくマッチしていると思います。

それでは、どうぞ〜♪

バルケッタ(小舟)(イタリア民謡・トスカナ地方)




ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ


< NEW  +  OLD >