プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

DATE: CATEGORY:今週の録音
昨日は受難日(イエス・キリストが十字架上で処刑された日)でした。というわけで、1931年版の「讃美歌」に「十字架にかかりて」というタイトルで収められていたグノーの曲を弾いてみました。
(タワシ、久々のクラシック(笑)!でもピアノ曲じゃないですが・・・)

グノー(Charles François Gounod、1818-1893)は、バッハとの時を越えたコラボの傑作「アヴェマリア」や、オペラ「ファウスト」で知られたフランス・ロマン派の作曲家です。親しみやすい旋律と美しいハーモニーにあふれた曲を書く人で、タワシの好きな作曲家の一人でもあります。
いっぽう Ave verum CorpusといえばなんといってもモーツァルトのK618ですが、実は他にもいろいろな作曲家が書いています。
アヴェ・ヴェルム・コルプス(Wikipedia)
Ave verum Corpusは元来はカトリックの「聖体祭」用の曲だったようですが、K618などは現在はクラシックの名曲としても定番になっていますね。
また歌詞の内容的に、受難日に歌う、あるいは聴くのにもふさわしい曲といえると思います。
(というわけで、昨日アップするつもりで準備したのですが、夕べ寝落ちしてしまいました。朝6時からの受難日早天祈祷会に出席したら、早い時間から睡魔が・・・)

いつもにも増して練習が足りておらず、お聴き苦しいと思いますが、寛大な心で聴いてやってくださいませ。
それではどうぞ~
[広告] VPS

http://blog-imgs-104.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/110324_002.mp3

DATE: CATEGORY:今週の録音
先週に続いて、質・量ともにゆたかな、ナポリ地方の民謡の中から、1曲弾いてみました。
「Duorme(眠れ)」というタイトルの、優しくおだやかな子守歌です。
ナポリターナといえば、情熱的な恋の歌が圧倒的に多いイメージですが、
どの国にもどの地方にも、必ずと言っていいくらい、子守歌というジャンルは存在していて、(ここでも、ついこの間、ウェールズ地方の子守歌を紹介したばかりですよね)ナポリ地方にももちろん子守歌はあります。

ナポリ地方のこの子守歌は、8分の6拍子のゆるやかなリズムが、実に心地よい曲です。ちょっとカノンふうの雰囲気もあります。
実は左手の伴奏は終始、主音と属音を交互に演奏するのみなのですが、
楽譜には
imitando la zampogna (ツァンポーニャを真似て)という指示があります。
zampognaはバグパイプのようなイタリアの民族楽器だそうです。
詳しく知りたい方は、↓のサイト英語ですが参照してください(写真も載っています)
Zampogna
真似ろといわれても正直なところ、具体的にどうやったらいいかまったく分からず、普通に弾いております(汗)

それでは、どうぞ~♪
[広告] VPS

http://blog-imgs-104.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/110319_005.mp3
DATE: CATEGORY:今週の録音
今週のシューイチですが・・・(今回で数えて250回目です!) またまた世界民謡シリーズに戻りました~
今回は、イタリア・ナポリ地方の民謡「ピエディグロッタの祭り」という曲をお届けします。
考えてみたら先週も「世界民謡シリーズはお休み」といいつつも、結局カンツォーネだったので、最近どっぷりと、この路線につかっていることになりますね。
いつになったらピアノ曲らしいピアノ曲、クラシックらしいクラシックをまた弾きたくなるのでしょうか?
まあ、成り行きに任せるしかないですね。ピアノの王道から外れてはいても、タワシ的には日々楽しくピアノに向かってますので、良しとしましょう!

ピエディグロッタの祭りというのは、毎年9月8日の夜から翌日にかけてナポリ近郊のピエディグロッタの祠(ほこら)に男女が着飾って参拝し、歌ったり踊ったり、恋をささやいたりする楽しい行事なのだそうです。
この曲は、毎年親に反対されてピエディグロッタ祭に行きたくても行けない箱入り娘が、今年こそは行きたいと懇願するが、今年もやっぱり親のお許しが出ないのを嘆く、という内容。
華やかなフェスティバル(と、それにつきもの?恋のアバンチュール!)への憧れ、親の束縛に対するもどかしさ、そして今年も行けないという落胆・・・
そんな若い乙女の揺れる思いを、いい年こいたオバサンが、想像(妄想)力をたくましくして表現しようとつとめましたが・・・今回もまた練習不足で(練習2日目で録音・汗)不本意な出来です。
でもとりあえず、大きなミスなしに最後まで通りましたので、妥協してアップします。

それではどうぞ~
[広告] VPS

http://blog-imgs-104.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/110311_006.mp3

あ。祭りといえば このあいだ、冒頭部分だけ録音した「マストアンドレアの祭り」ってのもあったな~
あれもそのうちアップできるようがんばります!
DATE: CATEGORY:今週の録音
最近のシューイチは「世界民謡シリーズ」が続いていましたが、今回は、同じ歌モノながらちょっと趣を変えて「カンツォーネ」を弾いてみました。
「愛の歌 La canzone dell’ amore」 (C.A.Bixio 作曲、 B.Cherubini作詞)という情熱的なラブソングです。
タイトルは「愛のカンツォーネ」と訳されていることも多いですが、(カンツォーネ=シャンソン=「歌」の意)、手元の楽譜の表記どおりに「愛の歌」としておきました。
音符の数は決して多くはないですが、歌と伴奏のパートを一人二役で演奏してますので、それゆえの弾きにくい箇所がところどころありました。
全体的に練習不足なのがバレバレの演奏ですが、お許しください。
それでは、どうぞ~♪
[広告] VPS

http://blog-imgs-104.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/110304_005.mp3

さてと・・・これからまた、聖歌隊の伴奏、練習するといたしましょう!
聖歌隊 大改革!
の記事で書いた曲、明日が本番なので!
DATE: CATEGORY:今週の録音
最近のシューイチは「世界民謡シリーズ」が続いてますが、今回もまたしても・・・なのです。
実は、クラシック弾く気になれない状況は、なんとまだ続いてるのですが、弾きたいときに弾きたい曲を弾くのがモットーのタワシですから、そのうちまたクラシックやりたくなったら、その時にやります。

先週に続いて、エスパニア(スペイン)のカタルニア(カタルーニャ)地方の曲をお届けしますが、今回は二本立てですよ~♪1曲ずつが、非常に短いのでね~(^▽^;)
1曲目は、「糸紡ぐ乙女」。
有名な曲なのでたぶん「聴いたことがある」というかたも多いでしょう。
リョベートのギター用の編曲、は広く知られていますし、モンポウもこの曲を題材にしたピアノ独奏曲を書いています(「歌と踊り Canciones y danzas」第8番)。
今回タワシが弾いているのが、その原曲です。
[広告] VPS

http://blog-imgs-104.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/110225_004.mp3
糸紡ぐ乙女(mp3ファイル)

2曲目は、「しゃこの羽根」という曲です。
娘三人が編み物をしているところへ王子がやってきて、編み糸をほしいという。
糸で網を作り、しゃこ(キジとウズラの中間のような鳥)を捕らえるための網を作り、その羽根をペンにして可愛い娘に手紙を書くのだと。
歌はもともと9節まであり、王子と娘たちの会話で進んでいきますが、歌詞の大半は
ロムベル・ビフティ、ビフティダ・ドンetc.
という、意味のない囃子詞(はやしことば)で埋められています。
動画の画像は、この曲の楽譜の表紙絵らしいのですが、御伽噺の絵本の1ページのようでもありますね。
これも「短調だけど暗くはない曲」のひとつです。
[広告] VPS

http://blog-imgs-104.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/110226_003.mp3
しゃこの羽根(mp3ファイル)

copyright © ようこそ!タワシワールドへ♪ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ