FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
今日もほとんど前回(一昨日)の日記と変わらず、伴奏の練習に明け暮れてますが、その合間を縫ってシューイチアップの準備もしてます。 (土曜日は翌日の礼拝で代表祈祷当番が廻ってくるのでその原稿を書かなくてはならないため、できれば今日のうちにできるだけ済ませておきたいところ)
FC2動画の編集をしている途中で譜読みの誤りに気づく・・・「レ」と「シ」を間違えてました(汗) しかもフォルテの、長い音なんで、目立つ~
やり直しか見切り発車か、明日の様子見て決めます。演奏時間1分あまりの、子供向けの小品なんですけどね~

さて、今日は我がブログの記事の「カテゴリ」についての話です。
現在の記事のカテゴリを、見直したいと思ってだいぶ経ちます。

理由その1.
特定の曲に関する記事は、
・クラシック
・タンゴ・シャンソ・カンツォーネ
・ジャズ&ポップス
等に分類し、さらにクラシックが断然多いので、時代別に分けているのですが、
この時代区分はあんまり意味がないなあと思うようになりました。
たとえばベートーヴェンは古典派かロマン派かで悩むところだし、作曲家の年代的には近現代に属しててても、曲の性格は完全にロマン派という作品も多いです。
取り扱う作曲家が数人に絞られていれば、たとえばバッハならバッハ、ショパンならショパンというカテゴリを作るのが一番なんですけどねえ。

理由その2.
最近まったく動いていないカテゴリがある。
具体的にいうと「ピアノを教える」や「アレンジ&ミミコピ」がそうです。
前者は,教会の信徒さん数人にピアノを教えていた時期があったので(一番の目的は、供養会の伴奏者の後継者を育てることで、讃美歌やプレイズソング~ポップス調の、現代ふう讃美歌~を教材に、そのために必要な心構えや、コードの読み方や簡単なアレンジの仕方などを教えてました)そのおぼえ書きという意味もあって書いていたのですが、生徒さんが本国に帰ったり、 就職や結婚で引っ越したり、あとは教会に来なくなってしまったりしたので、タワシ先生はほぼ失業状態です(笑)ごく一部の例外がありますが、それについてはそのうち書きます。
後者は、アレンジの勉強やミミコピの実地練習をする時間と機会がめっきり減ってしまったので、記事にすることもほとんどないんです。特にクラシック曲のミミコピは、中途半端にやってしまうと、あとで楽譜を見ても、間違って覚えた音を修正するが大変なので、極力やめることにしました。編曲の修行のほうは、できるならぜひやりたいという望みは捨てていませんけど。

3、「未分類」の記事をなんとかしたい。
未分類となっているのは、一部のカテゴライズしわすれの記事を除けば、ほとんどが、古い記事です。
これが200近くもあるんですね。

しかし、過去の記事にさかのぼって一つ一つ編集画面に飛び、カテゴリを選択する作業、けっこうめんどいです。
ヒマがあるときじゃないと無理ですね。
来年になっちゃうかも。
思い立ったらすぐ行動、とはなかなかならない、亀の子タワシです~(爆)
先週のシューイチ録音(Anema e Core)に関して、ある方からメッセージをいただきました。
「自分の演奏、いつまでたっても進歩がないなあ・・・何年たっても同じところでぐるぐる・・・いくら独学とはいえ、情けなすぎ!」
と、ネガティヴモードに入っていたときだっただけに本当に嬉しくて、モチベーションを復活させてくれるものでしたので、一部紹介したいと思います。

タワシさん、お久しぶりです。
(中略)
今回のシュウイチ録音がとっても良くて思わずメッセしました。音楽が練られ深く考えられていて、とても自然ですね。こういうの、やっぱり合っているなあと思いました。
大変楽しく聴かせていただきました。運びが良くて素晴らしかったです。
 弾かれるとき、心の中で歌っておられるでしょう?少なくとも私にはそう聴こえます。そして最近、そういうことがとってもとっても大事であると感じています。
次も楽しみにしています。

絶対絶対、過大評価だと思います。
「深く考えられていて」とあるけど、タワシ脳はいつもすっからかんで、気のむくままに弾き散らかしてるだけ、って感じですから。
実は今もバッハを練習してたりするるのですが、真面目にアナリーゼなどしようという発想はタワシにはありません。
(昔々、学生時代に音楽鑑賞サークルに入っていたとき、アナリーゼの基礎の基礎は勉強したので、少なくともどういうものかはわかります)
でも、音の運び=音楽の流れは、これでもだいぶ自然になってきたかなあと思うときがあります。
もちろん、ある程度余裕を持って弾ける曲に限りますけど。

ああ、そういえば以前に比べたら少しは意識するようになったことがあります。
フレーズの入り方と閉じ方。
そして各声部のバランス。
さすがにそれくらいは、思い出したときには(←思い出したときだけ?笑)注意していますね。

それから、「心の中で歌っているでしょう?」という質問、これだけは、自信を持って「YES!!」と答えられますよ。
時には心の中どころか口に出して歌っちゃいます。
いつもはデジピ録音なので雑音が入らないのですが、生ピアノ録音だったらしょっちゅう歌声が混入しちゃうかも?

何はともあれ、いつも言っていますが、ピアノ曲の王道から外れっぱなしで、ピアノをやる人ならみんなあこがれるような名曲はまったくでてこないタワシブログですが、それでも楽しみにしてくださる方がいるという事実は、なんともなんともありがたいことでございます(感涙)!
これからも楽しんでいただけるようにがんばります♪

ついに今年もあとひと月を切りましたね。
毎年のことなので覚悟はしていましたが、繁忙期に入って仕事は格段に忙しくなり、さらに教会のほうでも慌ただしく過ごしています。
こんな中でもピアノはほそぼそとですが弾き続けていて、最近はメンデルスゾーンの無言歌から何曲か、音を並べてみたりしてます。

さて。
このところ、ブログ記事の拍手数が増えていて、ありがたく思っています。
ひとつの記事への拍手数はこれまでだいたいいつも一桁だったんですが、メンデルスゾーンの無言歌「信仰」に17拍手、グリーグの「ヨルステルの踊り」に16拍手など、かなり多めに頂戴いたしました~♡

拍手はTwitterやFBのイイネ!と同じようなものなので、コメントするにはちょっと敷居が高かったり時間がなかったりするときにも気軽にサクッとできますね。
FC2ブログの拍手では さらに拍手コメントの機能もあるんですよね。
しかし、記事への通常のコメントと違い、コメントがあっても通知メールが来ませんし、普通に記事を開くだけでは表示されませんので、ブログ拍手の管理画面を開かないかぎり、気づかれることないまま放置されてしまう可能性があります。
実はタワシも、せっかくいただいていた拍手コメントを何ヶ月も放置してしまっていたことに、ついこの間ほんとに久々に管理画面を開いて気がつき、慌ててお返事したばかりです。

タワシの場合、ブログランキングの順位と同様、コメントや拍手の数字に、特にこだわっているわけではありません。
でも・・・こんな書きなぐりの拙い文章でも、読んで共感して下さる方がいる。練習不足もいいところ見切り発車でアップしている、それも安物デジピの録音に、耳を傾けて、何かを感じて下さる方がいる。
数字を通してもそれを感じられるのは嬉しいし、また確実に、ブログを続けていくための原動力になっています。
たった今、水曜祈祷会から帰宅しました~
タワシはペーパードライバーですので、教会への送迎は信徒さんにお願いしているんですが、そのクルマの中で突然、
「今日、タワシさんのブログ読みましたよ!」と言われてビックリ!
記事を更新するとFacebookとTwitterの方にも連動して通知が行くようにしてあるんですが、今回Facebook経由でこのブログに来てくれたようです。

今回はたまたま先日の土曜日のイヴェントのレポで、写真あり、ライブ録音(?)ありと盛り沢山でした。
できるだけ目立たぬように、ひっそりと折りたたんで貼り付けた録音も、しっかり聴かれておりました。
しかも中1の娘Sちゃんと一緒に!
さらに言えばSちゃんは、タワシのポピュラーピアノの生徒さんです、
もひとつ言えばクラシックピアノに関してはタワシなんぞ足元にも及ばない上級者で、現在ショパンの木枯らしのエチュードを鋭意練習中なのです!!
「いそしぎ」はまだ<大人の魅力>の曲(?)だからいいとしても、ユーモレスクは初級レベルのピアノ名曲集に載ってます。全音ピアノピースでは、難易度がAからFまであるうちのB(やさしい方から2番目)ですよ。しかもあの録音の通り、ミスタッチ、音抜け、山ほどやらかしてます。もうほんとにほんとに恥ずかしく、顔から火が出る思いとはこのことです。
もちろんショパンエチュードが弾けるからといってコード弾きのアレンジがすぐに自由できるわけではないので、タワシがSちゃんに教えられることはまだたくさんあるのではありますが。
それにしても、これだけ逆レベル差のある人に習うことに抵抗はないのか、Sちゃん?

12月21日はクリスマス主日礼拝で朝から夜まで大忙しでした。
「特別賛美」(ヴァイオリンとのアンサンブル)もとても好評でほっと一息。
午後は24日のキャンドルサービス礼拝に向けての準備と練習、自分の出番(ピアノソロ、リコーダーアンサンブル、オカリナ演奏の三本立て!)以外に聖歌隊やピアノ連弾のアドバイザーもしなくてはならず、結局夜の6時過ぎまで教会にいました。

そんな日に、わがブログが、めでたく、5周年の記念日を迎えました~☆
何事も三日坊主で長続きしないタワシ。それにしては、ピアノももちろんですがこのブログも、奇跡的に(?)長く続いているなあと思います。
そしてそれは、(社交辞令まったく抜きで、)ここを訪問して、タワシのつたない演奏にお付き合いくださり、暖かいコメントで励ましてくださる皆さんのおかげだと思っています。
これからもタワシと当ブログをよろしくお願いします。

5年前のブログをコメント欄も含めて読み返していますと、訪問者の顔ぶれも今とはかなり違っていたんですね~
懐かしいお名前に、思わずブログのURLをクリックしたら、もうそのブログは存在していない、というパターンがいくつもありました。やっぱり寂しいなあ~
元気でやっているだろうか、ブログは閉じても、ピアノは弾き続けていてくれるかな?などと、顔も知らない、今はまったく交流がなくなってしまった相手のことを、あれこれ考えます。

ところどころ自分の演奏が貼り付けてあった形跡がありますが、今は無き「VOON」を使っているので聴くことができません。
(実はVOONにアップした過去録音はほかのツールでアップしなおそうと思い、保存はしたはずなのですが、そのUSBメモリーが行方不明になってしまいました。どこかからひょっこり出てきてくれるといいんですが)
当時よりいくらかは上達したでしょうか?たぶん亀の歩みでも少しは前に進んでいるのでしょう。でもレッスンを受けているお友達のように目立った進歩はないででしょうね、残念ながら。
そんなのろい自分自身の歩みとは対照的に、ピアノ仲間の輪はごく順調に広がっています。
関西や東北のピア友さんともリアルで会う機会があったのは、とてもうれしいことです。
来年も更なる素敵な出会いがありますように♪