FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

10 | 2019 / 11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日の練習メニュー

<11月2日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「信頼」「岸辺にて」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪浜辺の歌(成田為三〜服部隆之編) ♪世界民謡全集・イタリア篇、イギリス篇より抜粋


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





あっという間に、ほぼ1週間後に迫った「おんそうず7」!
コラボタイムでは、のんびりくろねこさんのリコーダーとタワシのピアノで、コブクロの「蕾」を共演します。
過去のおんそうずでは、ピアノと並んでリコーダーでもすばらしい演奏を聴かせてくれた、くろねこさん。
とくに前回のクープラン(「恋のうぐいす」)は絶品でした。
こんな素敵なリコーダーと合わせてみたい!とタワシのほうから頼み込んで今回の企画となったわけです(ちなみに今回の選曲はくろねこさんです)

ああ それなのにそれなのに!
何かと忙しくてこの曲にはまったく手をつけられない状態が続き、やっと練習をスタートしたのが昨日ですよ~
ああ、ほんとうに、スロースターターもいいところです。
昨日ははじめて楽譜をまともに見て音だししてみたという段階、もちろんまともに曲になってはいません。
実はポピュラーピアノを弾くときはほとんどCメロ譜(コード譜で)を見ながら、あるいは適当ミミコピと気ままアレンジで弾くたわしなので、ポピュラー(ポップス)をクラシックスタイルでちゃんと書かれた楽譜のとおりに弾くのはあまり得意ではないんですよね~(汗)
くろねこさんには、いざとなったらコードで適当に伴奏することを許してもらおうと思ってます。

でも一見(一聴?)リコーダーというイメージではないこの歌。
くろねこさんがどんなふうに料理してくれるのか、本当に楽しみです。
さ、しょぼい伴奏で足を引っ張ることだけはないように、これから短期集中でがんばります!!


コブクロ - 蕾 (つぼみ)

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ

Pops&Jazz / 13:28 / TB[0] / CM[2]


古くからの読者の方は覚えてらっしゃるかもしれませんが2011年の7月、「音楽の星座」に弾き参加したとき、会場へと向かう行きの電車の中に楽譜ファイルを忘れてしまい、暗譜の心積もりがなかったのに楽譜なしで弾かざるを得なくなったというアクシデントが発生しました。
そのとき無くしたファイルは、忘れ物として届けられていないか、駅にしつこく電話かけまくったのですが、結局出てきませんでした。ファイル自体は100均の安物ですが、中にはお気に入りの楽譜がぎっちり入っていてタワシ的にはいたい損失でした。
その中にガーシュウィンの「バイ・シュトラウス」というポピュラーソングの楽譜も入っていたのですが、これはタワシの大のお気に入りの一曲だったのです。ちょっとだけ残っている指の記憶、適当ミミコピ、自己流アレンジ、この3つをブレンド(?)して曲がりなりにも弾いていたのですが、やっぱり楽譜があればなあと思うこともしばしばでした。
ところが昨日、部屋を片付けていたら出てきたUSBメモリの中に、この曲を含む大量の楽譜ファイルが保存されていることが判明。
それはもううれしくって、早速プリントアウトして、ソロ演奏(ピアノソロバージョン)と弾き語りの2パターンで楽しみました。
ピアノ以上に歌は、人さまにお聴かせできるようなしろものではないですので、録音なんてありえないのですけど、
すごく楽しかったです。
今日も引き続き「鋭意れんしうちう」です。

↓こんな曲です。

Ella Fitzgerald - By Strauss

ジャンル:音楽 - テーマ:今日の1曲

Pops&Jazz / 23:58 / TB[0] / CM[4]


まず最初に、催促される前に(そんな殊勝な人いるのか?)言っておかなくちゃ・・・「週一録音」の公約はしっかり覚えてます!
でも、昨夜から今朝にかけて何曲か録音してみましたが、どれもこれも簡単な曲なのにミスタッチが何箇所もあったり、表現がうまくいかなくて「許せない」できばえなのでアップできません(涙) (これでもブログ友達の皆さんに比べたらかなり自分に甘いと思いますよ)
今週いっぱいネバってダメだったら 「実情版」ということで何か上げることにします・・・
しかしこの程度のレベルの曲も満足に弾けないとは・・・自分のへたっぴー振りを改めて思い知らされて凹みます~
(梅雨のせいか、このごろプチうつ気味なタワシです) 

さてさて昨日は(録音とか人前演奏とは関係なく)、久々に
「ムーランルージュの歌」
という映画音楽を弾いてみてました。
パーシーフェースオーケストラの演奏などで、すっかりイージーリスニングといいますか、ムード音楽といいますか、としてのイメージが定着しているこの曲ですが、これを書いたジョルジュ・オーリックというひとは「フランス6人組」の一人にも数えられる、れっきとしたクラシックの作曲者です。
(6人組にはプーランクやミヨーなどの比較的知られた人もいますが、ルイ・デュレなんていう人気の薄い(?)人もいたりして、なかなかとっさに全員名前を言うのは難しかったりしますね)
クラシックの作曲家が、芸術音楽より映画音楽の部分で成功するというのは、本人の気持ち的にどうなんだろう?などとつらつら妄想したりもしますが。

それはともかくとして、記憶を頼りに適当に暗譜で弾いていて、途中から記憶のおぼつかないとこがあったので、楽譜を探したのですけど、見つからないんですよ。
どこかで拾ってきたコピー譜(いまや出典も不明・・・)が確かにあったはずなんだけど、ファイルを次々ひっパリ出してきて探しまくるも見当たらない。
やがてハタと思い当たりました、楽譜の行方。
去年の夏、「音楽の星座」というコンサートに出演したとき、行きの電車の中にファイルを置き忘れてしまうという事件があったのですが
楽譜ファイルの行方・・・ (←CLICK!)

そのファイルの中に確かこの楽譜もあったなあ、と・・・。
つくばや秋葉原の駅に何度も問い合わせるも、結局出てこなかったファイルです。
というわけで怪しい箇所はミミコピででも対応しようと思います・・・
それにしてもほんとに落し物、無くし物が多すぎるタワシ~
現在も、性懲りもなく(爆)図書館の貸し出しカードが失踪中なんです。


ムーラン・ルージュの歌

ジャンル:音楽 - テーマ:今日の1曲

Pops&Jazz / 10:24 / TB[0] / CM[8]


明日から教会はアドベント(待降節)に入ります。
アドベントとは、クリスマス(降誕祭)の4つ前の日曜日から、クリスマス前日までの、主イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のこと。
いよいよ本格的にクリスマスモードに突入ですね。

というわけでタワシの演奏で、Jazzyなアレンジのクリスマスソングをどうぞ♪

が、残念なことに(というかタワシが不注意だっただけですが)ICレコーダーの容量がいっぱいになって、あと数秒で終わりというところで録音が切れちゃいました(泣)
まあ 演奏も会心の出来というわけでもないですし これもビフォー版ということでそのうち録り直します。

なお、タワシはこの曲の楽譜もコード譜も持っておりません。100%ミミコピと適当アレンジの所産です。
しかもここのところ軍ポロの練習に明け暮れているので、クリスマスソングなんてほとんど練習してる暇なし。
それゆえ至らぬところはいっぱいありますが こういう曲を弾いていると、やっぱり必死にがんばっているクラシックの世界と比べてやっぱりこっちの世界が自分のホームグランドなんだと、正直思いますね(笑)



Have yourself a merry little christmas

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ

Pops&Jazz / 21:22 / TB[0] / CM[22]


ピアノ愛は、熱ーく燃えてはいるものの、音楽に関しては重症の浮気性のタワシ・・・
またまた出ちゃいましたよ、浮気の虫が。
今日はクラシックではなくポップス路線です。しかも昔のアメリカの。
1925年出版の曲なので、日本で言えば「懐メロ」のような存在なのでしょうか。もっと古いかな。

本日の脱線曲は・・・
ロシア生まれのアメリカ人 Irving Berlin (アーヴィン・バーリン)が作詞・作曲したスタンダードナンバー
「ALWAYS」です。
実はここ2,3日、この人や、彼と同じくアメリカン・ポピュラーソングの大家、コール・ポーターの曲を、あれこれ弾きあさっています。
この曲はタイトルのとおり、「人生いい日ばかりじゃないけど、そんなときこそ僕は君のそばにいる。1持間だけじゃなく、1日だけじゃなく、1年だけじゃなく、いつも(ALWAYS)」と、愛する人へのラブラブな思いを切々と歌い上げた名曲です。

楽譜は一応あるのですが、クラシックではないので譜面どおりに弾く必要がないためほとんど見てません。適当にアレンジしてます。
が、練習をあまりしていないので、途中コードが頭から飛んじゃって、ごまかしまくっております。
あくまでビフォー版ということでご理解お願いします。
とはいえ、やっぱりクラシックよりは、くつろいだ気分で、さらっと弾けますね。

しかし7月に入ってまだ脱線とは・・・
モー様は、ショパン(マズルカ)は、ヘンデル(メヌエット)はどうなる???

まあ気分転換ってことで、よしとするかナ・・・



ALWAYS

ジャンル:音楽 - テーマ:ピアノ

Pops&Jazz / 22:39 / TB[0] / CM[18]



< NEW  +