FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>アーサー王の宴の踊り(後藤 丹)(G. Piano録音)

先日のグランドピアノ練習の際、シューイチのためにも録音してみました。
今回はその録音をお届けします。
いつものごとく、短くて易しい、子供向けの曲なのですが・・・
グランド効果で、いつものデジピ録音にはないプラスアルファの何かを感じていただけたら嬉しいです。

後藤 丹(ごとう・まこと)という作曲家の「アーサー王の宴の踊り」です。
この曲についての、出版社(カワイ出版)のコメントは以下の通り。
出版社コメント:1990~95年までに出版された日本作曲家協議会の「こどもたちへ」シリーズの中から導入~バイエル43番程度のものを集めた「ペンギンの行進」に収録されたもの。
ええ?そうなの?ということは、この曲、バイエル43番(細かいな〜笑)程度か、もしかするとそれより易しいレベル、ってことですか・・・
バイエル43番ってどんなだっけ?この曲よりはもっと易しいイメージだけどなあ。
あ、タワシはメトードローズ育ちなんでバイエルは習ってないんだった・・・笑 (でもバイエルの楽譜は持ってましたよ)
まあ、どっちでもいいです、そもそも、難易度とかはそんなに気にしないタイプなので。

それではどうぞ〜♪
[広告] VPS

アーサー王の宴の踊り(後藤 丹)

[タグ未指定]
[ 2018/08/04 21:46 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(6)

<DustBox>「ホルベルク組曲」よりサラバンド(G. Piano録音)

スタジオ練習でスタジオに置き忘れてきたICレコーダー(前記事参照)、本日無事に回収してきました。
で、お約束なので、録れていた”練習風景”をアップします。

録音した時点で練習開始から5日目か6日目です、よって「やっと音が並ぶようになった」という段階なのですが・・・
それにしてはテンポが速いです、というか、楽譜の指示に比べて速すぎます〜|わかっちゃいるけど、速くなってしまいました。(アンダンテより遅いテンポで弾くのが苦手です。。。意外とせっかちなのか?)
そして装飾音(特に左手の)がズタボロです、まるまる抜けているところもあります。
言い訳ですが、重音を保持しながら弱い指で装飾音を弾くのはとってもきついです。。。

しかしいつもデジピの貧弱な音にお付き合い頂いてるので、久々に生音で聴いていただける、という点ではこんな演奏でも、アップする価値あるかなあと思いまして・・・
文字通りのお耳汚しですが、どうぞ。







「ホルベルク組曲」よりサラバンド(G. Piano録音)

[タグ未指定]
[ 2018/08/03 18:41 ] DustBox | TB(0) | CM(8)

スタジオ朝練♪からの〜、忘れ物

アンサンブル練習会まであと一週間を切り、その前に一度はグランドピアノに触れておいたほうがいいかなあと思って、出勤前に近所の音楽室(スタジオ)に行ってきました。

グリーグのサラバンド(「ホルベルク組曲」より)、ショパンのマズルカ、そして今度の練習会で初めて合わせる予定のパガニーニ「カンタービレ」の伴奏、さらに今週末のシューイチのネタ仕込み、さらにさらに、アンデスくんもたまにはかまってあげないとかわいそう、というわけでピアノの練習の合間に1曲だけやってみたり・・・と、1時間にしてはかなり盛りだくさんでした。

今日弾いたピアノ、最近弦を一部張り替えたそうで、新しい弦ならではの気持ちよさと不安定さが同時に感じられましたが、全体的に満足のいく練習となりました。
家に帰り、さて録音を聴いてみるか〜と、バッグの中を覗き込むが、
あれ?あれれれ!?
ICレコーダーが、ない!
バッグをひっくり返して中を改めましたが、やはり、ない!
スタジオに忘れてきたようです。
事務所に電話すると、幸いにも無事に回収されていました。
ああよかった〜。
スタジオは自転車で5分なのですが、事務所は離れたところにあり自転車で20分くらいかかるかなあ〜
今日は仕事もありもう無理なので、明日以降取りに行くことになりました。

本当に忘れ物、落とし物、失くし物が多くって我ながら呆れます。
まあ無事にあったからよかったですが。。。

というわけで今回も録音は載せられませんでした。
レコーダーは明後日に取りに行く予定なので、うまく録れていたら音源公開します。


[タグ未指定]
[ 2018/08/01 23:44 ] スタジオ(Gpiano)練習 | TB(0) | CM(0)

<今週の録音>大はしゃぎ(ヴィルム)

2015〜16年ごろにかけて、このコーナーにしばしば登場したヴィルム(Nikolai von Wilm 1834-1911)の子供向け小品を、久々に弾いてみました。
「24のピアノ小品(作品81)」より第2曲「Hilarity」(大はしゃぎ)です。

このレベルの曲でも、ノーミスで、しかも楽譜に書かれたアーティキュレーションを忠実に守り、さらに、表情ゆたかに生き生きと弾くのは、タワシにとってはかなり難しいです。
今回も、何度も録音を重ねましたが、残念ながらやはりノーミスでは弾けませんでした。
それでも、幼い子供たちが元気いっぱい、遊びに興じている様子は、そこそこ表現できたかなあと思います。

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

大はしゃぎ(ヴィルム)

[タグ未指定]
[ 2018/07/28 21:56 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(4)

古いアップライトで賛美歌伴奏♪〜帰省日記2018〜

かねてからお知らせの通り、この記録的猛暑の中、富山の実家に3泊4日で帰省してきました。

今回は、実家に着く前に富山市をしばらく観光することに。初体験の富岩水上ライン(運河クルーズ)を楽しんだり、去年リニューアルオープンしたばかりの富山県美術館でアートに触れたり、数十年ぶりに路面電車に乗ったりしました。「不要不急の外出はできるだけ避けて!」と言われるほどの酷暑で汗だくになりましたが楽しかったです。
二日目は移動の疲れもあって、ほぼ一日中家でまったり。
三日目は「きときと寿司」で富山の海の幸を堪能!店名の通り「きときと」(新鮮でイキがいいことを表す富山の方言)で、廻る寿司でこのレベルは感激ものですよ!

そして、帰省最終日は、(帰省のたびにほぼ毎回そうしているように)クリスチャンである叔父と一緒に、帰省先の市内にある教会で日曜礼拝を守りました。
礼拝&昼食(牧師夫人作の炊き込み御飯が美味でした!)のあと、教会の信徒さんたちに請われるままに、古いアップライトの前へ。
年一回しか行かないのに、タワシのピアノ伴奏で賛美歌を歌うのを楽しみにしてくださっている方々がいるのは本当にありがたいことです。
一人一人のリクエストにこたえつつ、皆さんのお気に入りの聖歌やプレイズソング(現代風の賛美歌)を弾き、一緒に歌いました。7、8曲はやったでしょうか。ほとんどの曲はタワシもよく知っている定番曲でしたが、1曲だけ知らない曲があり、それは初見でコード弾きしました。
教会のアップライトは見るからに「年代モノ」で、丸椅子に、どなたかの手作りと思われる毛糸編みのカバーがかかっていました。礼拝では電子ピアノを使っていて、こちらの古いピアノは日頃弾く人がいないようです。戻らない鍵盤があるし、調律は狂っているし、弦も張り替えなくてはダメな感じの音でしたが、弾いていてとても温かい気持ちになったのが不思議です。高齢の女性の信徒さんが、感極まって泣いて歌えなくなるという一幕も。
タワシは決してピアノが上手いわけではないですが、それでもこうしてその演奏を喜んでくださる方がいて、そのひと時だけでも誰かを幸せにできているのだとしたら、本当に素晴らしいことだなあと思いました。ピアノと、音楽と、出会わせてくださった神様に、改めて感謝です。

IMG_0588.jpg

暑すぎなのだけが玉に瑕でしたが、いい旅でした〜♪
昨日は仕事から帰ったらさすがにもう何をする気力もなくて、ピアノにも触っていませんが、今日からそろそろ、日々の生活もピアノも、通常モードに戻していきたいです!

[タグ未指定]
[ 2018/07/24 06:51 ] 日記 | TB(0) | CM(14)
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。