2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月 

TROS Y GARREG (石踏み越えて)いろいろ

2017年03月08日(水)

2月11日のシューイチ録音 http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1385.html でとりあげたウェールズ民謡のTROS Y GARREG (石踏み越えて) ですが、
YouTubeで検索してみたところ、さまざまなアレンジ、さまざまな演奏の動画が見つかりました。
その中からいくつか紹介したいと思います。

まずはウェールズ語による歌唱バージョン。

歌詞の逐語訳も表示されてます。
タワシの弾いた楽譜とは節回しなど多少異なる点もありますし、歌詞に(タワシの楽譜の訳詞には出てこない)[母]が登場したりしますが、「夏」や「弾む心」などのキーワードは共通で、ざっくりいうと「短調ながら明るい曲」となっています。

次に、ギターソロバージョン。

Gerard Cousins というギタリストが編曲、演奏してます。
アレンジは、リョベートによる一連のカタルーニャ民謡の編曲を彷彿とさせる美しいものですけれど、曲の雰囲気は↑の歌唱バージョンやタワシの演奏とはまったく異なり、スローテンポで哀愁に満ちてますね。
演奏者は、この曲を「戦争を終えて帰還する兵士の歌」だとしています。そして、兵士が抱いたであろう複雑な感情~無事に帰還できる喜びと、戦死した多くの同胞を痛む気持ち、そして、未来への希望と過去の忌まわしい記憶が入り混じった~を、このアレンジで表現しようしたそうです。
確かにそんなコメントにふさわしい演奏だと思いますが、
これって、もしかして別の歌詞があるんでしょうか?「ロンドンデリーエアー(ダニーボーイ)」や「グリーンスリーヴス」もそうですから、だとしても珍しいことではないですが。

そして2台ハープバージョン。

ハープの華麗なテクニックを生かした、ゴージャスなアレンジです。アンコール・ピースとして演奏効果抜群ですね!
アレンジャーと思われるJohn Thomasですが、ありふれた名前だけにWikiで検索すると同姓同名の人がずらり。
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Thomas
ま、ここはほぼ確実に
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Thomas_(harpist)
この人のことだと思いますけど。生没年からしても作風に合っていますしね。

以上3つのバージョンを紹介しましたが、YouTubeには他にもさまざまな動画がありました。ほんとに便利な時代になったものです。

テーマ : YouTube動画 - ジャンル : 音楽

09:22  |  World music  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

演奏は撃沈(涙)!でも楽しかった「ピアノバトルおふ」♪

2017年03月05日(日)

かねてよりお知らせのとおり、昨日(3月4日・土)は、西東京市のの「コール田無」で開催された「ピアノバトルおふ」という名のコンサートに参加してまいりました。
「バトル」をテーマに、真っ向からテーマに迫った選曲もあればこじつけもあり、寸劇もあれば映画もあり。
参加者約35名、6部構成の長丁場ですが、あっという間の6時間あまりでした。

タワシの演奏については、どうかそっとしておいてやってくださいまし・・・本人、ひどく落胆しておりますので。
はい、文字通りの撃沈でした。
今までの人前演奏の中でも1,2を争うひどい出来でした。
練習でありえないミスを本番でするというのはタワシにとっはお決まりのパターンですが、それがほぼ全曲にわたって頻発しました。
曲が実力不相応だったというのが何よりの要因ですが、リハの時から、本番で大コケしそうな悪い予感がしてたんですよ~
そしてひとつだけ言い訳するのを許してほしいのですが.2,3日前から風邪気味で当日朝も鼻水やくしゃみが出てたので、「鼻から来る風邪」用の市販薬を飲んだのです。
そしたらその副作用でお昼すぎから頭がぼーっとして、演奏中にもふっと気が遠のいてしまい、練習で一度もしたことがない派手なミスを!それからあとはもう泥沼のようにミスの連鎖にハマり、ぼろぼろでした。
それ以上何も語ることはありません。

自分の演奏がこんな悲惨な結果に終わったのに、コンサート自体はとっても楽しくて、心満たされた一日となりました。
もともと今回は自分の演奏は期待できないので、さっさと終わらせて(幸い出番も早いことだし)客席でみなさんの演奏を楽しもうと思っていたので(爆)、その目的は存分に達したわけです。
生ピアノの音のシャワーをいっぱい浴びました!
心に残る素晴らしい演奏がいくつもありましたが、とりわけOさんの「半音階的幻想曲(スウェーリンク作曲)」は圧巻でした。
そして幕間幕間に演じられる寸劇がまた最高!久々に大笑いしました~

そうそう、受付や会計、アナウンス、ステマネ、二次会幹事などお手伝いをした人には毎回、コアスタッフのセンスあふれる楽しいプレゼントが贈られるのですが、今回タワシは録画係(各部の最初と最後にビデオのスタートボタンを押すだけ!)をさせていただき、こんなアイマスクをいただきましたよ~
早速ありがたく使わせていただきます!


主催のオショーズはじめスタッフの皆様、参加者の皆様、そして聴きに来てくださった皆様、お疲れ様でした&本当にありがとうございました!
次回も楽しみにしています♪

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

20:03  |  オフ会&練習会  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

<今週の録音> ひわ(イタリア民謡・ナポリ地方)

2017年03月04日(土)

ウェールズ民謡シリーズはさすがに3回連続で一旦休止しますが、世界の民謡シリーズはさらに続きます!
今回はイタリア・ナポリ地方の民謡(純粋な民謡というよりは、民謡風の歌曲といったほうがよいかも)で「ひわ」という曲をお届けします。

「ヒワ」とは、事典によれば
スズメ目アトリ科などの種子食で,嘴の太くがっしりした小鳥の総称
だそうです。
とりわけゴシキヒワは、容姿も、さえずる声も美しいことから愛玩用としてももてはやされてきました。ヴィヴァルディのフルートコンチェルトにも「ゴシキヒワ」という曲がありますね。

さてこの曲の歌詞ですが、
一人の乙女に恋焦がれる男が、自分の手元で飼い慣らしたヒワを、「恋のメッセンジャー」として彼女のもとに送り込もうと妄想(?)する内容です。
「もし彼女が眠っていたら天使と見間違うな、彼女の眠りを覚まさないように羽ばたきも控えよ。
窓辺の彼女を、バラと見間違えて嘴でつつくな。
もしも彼女がお前に(ひわ)くちづけするなら、私はお前に変身して喜びのうちに死にたい。」
などと、ひわに託した男の思いはエスカレートします。
とりわけ、「もしも彼女に恋人があるなら、密かに隠し持った刃でその胸を突き刺し、その血を持ち帰れ」というくだりには、さすがに、あまりの激しさにドキッとしました。
もし全くの片思いだったラ、完全にストーカー以外の何者でもないですよ、これは(笑)

そんな情熱的な歌詞を持つこの曲ですが、結構有名な曲らしく、YouTubeでもいろんな演奏がありました。
スローテンポでねっとりと歌っている動画もありましたね。
今回タワシは楽譜のAllegretto con brio という指示に従い、わりと速めなテンポで生き生きと弾くようにしてみました。
自分もそのほうが弾きやすかったので。
間奏と後奏は、軽やかなスタッカートと装飾音で、ヒワのさえずりをなかなかうまく表現していると思います。

本番(イロモノおふ)直前の2日間で、足りな過ぎる練習で強行にアップしたので、何とぞ寛大な心で聴いてやってくださいませm(_)m
それではどうぞ~♪
[広告] VPS


http://blog-imgs-104.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/110210_007.mp3
↑動画が視聴できない方はこちら(MP3ファイル)

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

06:51  |  今週の録音  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

【告知】ピアノバトルおふ

2017年02月27日(月)

ブログ記事でも既に案内のとおり、来る3月4日(土)開催される「ピアノバトルおふ」に参加します!
プログラムが発表されましたので、こちらでもシェアしますね♪

2017年3月4日(土)
コール田無 多目的ホール(地下2階)

入場無料!

第1部(13時~)
オープニング
てふてふ バッハ/パルティータ第5番 ト長調 BWV829より 前奏曲
七海    和泉宏隆/TAKARAJIMA
ねこぴあの チェルニー/技法の練習曲 より 第23番
   シューマン/子供の情景より トロイメライ
きーちゃん カバレフスキー/騎士、戦士のおどり
   ギロック/まぼろしの騎士
いっとく ショパン/夜想曲第8番
YUMI ドビュッシー/ベルガマスク組曲より 月の光
   バッハ/ゴールドベルク変奏曲 BWV 988より 第26変奏

第2部(13時50分~)
私はタワシ グラナドス/ゴイェスカスより間奏曲
でご    ショパン/バラード2番
norisan アルベニス/カディス
   グラナドス/わら人形
udurann ロワイエ/スキタイ人の行進
くさぴあ クープラン/神秘の障壁
   バッハ/平均律第1巻23番 BWV868
artomr+鳥目 ヤナーチェク/シンフォニエッタより 第4楽章

第3部(15時~)
夜毎屋+shig バッハ/前奏曲とフーガ BWV541
かなこ 羽田健太郎/渡る世間は鬼ばかり
ゆかとー 植松伸夫/FF VIIより 闘う者達
misae 崎元仁/FF XIIよりTo The Place Of God
   ショパン/夜想曲20番(遺作)
アンダンテ アルカン/ファ
ねこ    ベートーヴェン/ソナタ第21番「ワルトシュタイン」 第1楽章
いもコン シューベルト/ソナタ第19番 第2楽章

第4部(16時10分~)
clala   J.ウィリアムズ/スターウォーズより
ともみ ショパン/英雄ポロネーズ
shig    クープラン/凱旋
   ラヴェル/クープランの墓より メヌエット
ふぅ チック・コリア/スペイン
neko チック・コリア/スペイン
sister mimi リスト/メフィスト・ワルツ1番

第5部(17時20分~)
アンダンテ+鳥目 モーツァルト/復讐の火は地獄のように胸に燃え
☆ぶぃ☆ モーツァルト/幻想曲ニ短調
ごえ    シューマン/交響的練習曲 Op.13より 遺作変奏曲 III,IV,V
mari    ベートーヴェン/ソナタ第17番「テンペスト」 第3楽章
ぴあ    スクリャービン/練習曲 Op.8-2

第6部(18時10分~)
Syuka ハイドン/アンダンテと変奏曲
ベルク 梅林太郎/Yuri on ICE
おゆき スウェーリンク/半音階的幻想曲
ふろど ヨハン・デ=メイ/交響曲第1番「指輪物語」より 魔法使いガンダルフ

多彩なプログラム、趣向を凝らした演出で、楽しめるコンサートです!
ご都合のつく方は、是非いらしてくださいね♡

1479421229_47.jpg

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

10:17  |  告知・連絡  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

<今週の録音>ねんねねんね(子守唄)(ウェールズ民謡)

2017年02月25日(土)

1週間後に迫った本番(イロモノおふ)、そして本格的に始動した聖歌隊の伴奏・・・
いずれも、この期に及んで、信じられない完成度の低さです。(聖歌隊の曲の関して言えば、最後の2ページは曲がりなりにも弾けるとは言えない段階・・・)あう~。
それでも、もちろんシューイチは休みませんよ!
いつもにもまして短い(わずか1ページ、1分強という短さ!)ですけど。
そして、3週連続のウェールズ民謡で、またか、とお思いの方も多いでしょうが。
何しろ、こういう状況なのでご理解くださいませ。
(イロモノが終わって余裕が出来たら、もうちょっとシューイチのためにも時間を割けると思います)

今回の曲はウェールズ地方に伝わる、非常に素朴な子守唄です。
実は、旋律には、階名にすると「ド」と「レ」と「ミ」という、たった3つの音しか使われていないのです!!
今回はほぼ楽譜のとおり弾いていますが、余裕があれば自分でさらにアレンジを膨ませてみたかったです。

それでは、どうぞ~
[広告] VPS


動画が視聴できない方はこちら(mp3ファイル)↓
http://blog-imgs-104.fc2.com/w/a/t/watashiwatawashi/110204_005.mp3

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

21:03  |  今週の録音  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT