FC2ブログ
{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
いつかは弾きたいバッハの・・・。
2019年01月31日 (木) | 編集 |
来月の某所での練習会で久々に会う予定のピア友さんと、ラインで会話。
「タワシさん、(練習会で)なに弾く予定?」
「あ?なにって・・・。なにも考えてない!」
「何か希望曲ある?」
「バッハ!!」
「バッハかぁ〜じゃあ弾いてみるか」
「わあい」
「練習しときます」
タワシはバッハ、あんまり、いや、全然、得意じゃないんですけど〜(汗)
彼女(ピア友さん)自身がバッハ大好きなんだよね〜

というわけで、小休止中だったバッハ祭りがまた始まりました。
あれこれ弾き散らかしております。

バッハといえば。今度の練習会には絶対に間に合わない確信があるのですが(^_^;)、いつかは弾きたい曲。というか、コソ練中の曲(ブログで書いたらコソ練にはならないか・笑)があります。
平均律第1集第4番、BWV849。
フーガはまず一生、無理だろうからプレリュードだけでも弾けるといいなあ。


Sviatoslav Richter plays Bach Prelude & Fugue BWV 849
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
教会のアップライト・調律&修理
2019年01月30日 (水) | 編集 |
タワシの定休日だった昨日、お友達の調律師・Iさんに、電車を乗り継いでお越しいただき、教会のアップライトピアノの調律と修理をお願いしました♪
IMG_1031.jpg
(サムネイルをクリックしていただくと大きな画像で見られます)

修理というのは、欠けた白鍵(8箇所)
IMG_1023.jpg
の貼り替えです。

破損した鍵盤を取り外し、
IMG_1037.jpg
⇧取り外した後の「歯抜け状態」

アイロンで加熱して、柔らかくなった上の部分を剥がし
IMG_1035.jpg
新しい白鍵上面を貼り付けて
IMG_1034.jpg
乾いてからヤスリをかけて元に戻す、という作業でした〜
修理の様子を間近で見るのは初めてで、なかなか興味深かったです!

調律の方は、いろんな人が弾くピアノなので、ピッチも、鍵盤の重さも、基本的に今まで通りということで。
指を離しても音が鳴り続ける、という、きわめて気になる症状の鍵盤が一つあったのですが、もちろんそれも直してもらいました。
さらに、鍵盤に付着した原因不明(?)の汚れもキレイに落としてもらい、音も見た目も、見違えて美しくなった、ピアノ君なのでした♪
東日本大震災(例の白鍵の破損もこのときにメトロノームが落下した際のキズです)や、雨漏り事件
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-171.html
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-172.html
を乗り越えてきたサバイバーなので、これからもまだまだ元気で頑張ってほしいですね!

Iさん 遠いところから、どうもありがとうございました!
じっくり時間をかけての、丁寧で細やかな仕事ぶり、そしてとても良心的な料金で、教会員一同、感謝しています。
次回からもぜひよろしくお願いいたしますm(_ _)m
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
<今週の録音>いたずらっ子のプレリュード(奥村 一)
2019年01月26日 (土) | 編集 |
先週のシューイチがバッハのプレリュードだったので、プレリュードつながりで選曲した・・・というわけではなく、たまたまプレリュードが続いただけですが、同じプレリュードといってもバッハのそれとなんと違うことでしょう!(そりゃそうだ・笑)
今回の曲は、これがシューイチ4度目の登場となる、奥村 一 氏の「いたずらっ子のプレリュード」です。

もう何年も会っていませんが、甥っ子(弟の子供)が小さい頃は、この曲の、そして動画の画像のイメージそのものの、いたずらっ子でした。
今はどうしているかな〜

それでは、どうぞ〜♪


<今週の録音>いたずらっ子のプレリュード(奥村 一)




テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
大学図書館で借りた、ペーパーバックの楽譜
2019年01月24日 (木) | 編集 |
以前にこのブログでも話したことがありましたが、地元の大学の図書館は、学外者(一般の市民)でも自由に閲覧できるのはもちろん、利用証(貸出カード)を発行してもらえば館外貸出しもOKで、タワシもカードを持っています。
先日、なかなか興味深いものを借りてきました♪

take-me-out-to-the-ball-game-and-othe-favorite-hits-1906-1908-v.jpg
and Other Favorite Song Hits, 1906-1908 という、ペーパーバックの楽譜です。
タイトルになっている「Take Me Out to the Ball Game 」はメジャーリーグの試合で7回表終了時にスタンド中が立ち上がって歌う曲として非常に有名ですが、この楽譜にはそれと同じ時代に作られた23曲のヒットソングが収録されています。
伴奏は、ほとんどの曲で、歌の旋律もフォローするスタイルで書かれているので、そのままピアノソロ曲として弾くことができます。

https://books.google.co.jp/books?id=4se1_8vwswAC&pg=PA88&hl=ja&source=gbs_selected_pages&cad=2#v=onepage&q&f=false
クリックすると、一部のページを「なか見検索」することができますよ〜♪

嬉しかったのは、以前から大好きな、(レハールのオペレッタ『メリーウィドウ」でヒロインのハンナが歌う)「ヴィリアの歌」が入っていたこと!難しすぎず、易しすぎのアレンジで、気持ちよく弾けます。
記事の最後に、「ヴィリア」の動画を貼っておきますね♪
他に、名前も初めて聞くようなマイナーな作曲家の、なかなか魅力的な曲もあったので、いずれシューイチで紹介したいと思っています。

テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
<今週の録音> プレリュード第9番ホ長調 BWV854
2019年01月19日 (土) | 編集 |
ついこの間イギリス組曲第3番のガヴォットをアップしたばかりですが、なんと(!?)今回もまたバッハ様の登場です!
珍しい曲に期待してくださっている方、ごめんなさい。次回は、ほとんど知られていないような曲を取り上げる予定です・
タワシは去年の暮れからずっとバッハ熱が高まっていて、毎日何かしらバッハの曲を弾いてます。いつまで続くかな?笑

その中から今回は、平均律第1巻の、プレリュード第9番ホ長調を・・・。
この曲、ソナチネアルバムにも収録されている第1巻第1番のハ長調のプレリュード(BWV846)に次いで、易しい(=難易度の低い)曲だそうです。
それでも、ここまで弾けるようになるまで(というほど、完成度高くないですが^^;)かなり練習しました。
やっぱりバッハはムズイ〜

なお、動画の画像は、平均律クラヴィーア曲集第1巻自筆譜の表紙です。
洒落た書体で大きく「プレリュード」と書いてあるのが目を惹きますね。

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

Prelude No. 9 in E Major BWV 854
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽