ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

今日は伴奏練習のみ。

  1. 2017.
  2. 10.
  3. 11
  4. (Wed)
  5. 00:12
アンサンブル練習会1週間前になり、のん気なタワシも、さすがに、遊び弾きなどしている余裕はなくなってきました。
今日はまじめに(笑)、練習会で合わせる予定の曲の練習に専念。
弾いた曲は以下のとおりです。

♪ドヴォルザーク「4つのロマンチックな小品(第1&第2曲) 第1曲は前回から引き続き。しかしほとんど進歩していないような気がする・・・。第2曲はヴァイオリンもピアノもかなり難しい。指定のテンポより遅くしか弾けないこと、演奏困難な箇所は捏造を了承してもらいたいことを、お相手にメールで伝える。
♪エルガー「愛の挨拶」&「朝の歌」 前者は伴奏を依頼され、後者はタワシのほうからアンサンブルを申し込んだ。曲の雰囲気や伴奏の音型など、共通する要素が多い。練習不足でところどころ詰まったり音をはずしたりするが、それでもドヴォルザークよりはずっといい出来。
♪マスネ「タイスの瞑想曲」 ヴァイオリンの小品のなかでは定番中の定番で、タワシの手持ちのCDでもかぶりまくり。なので食傷気味だったけれど、じっさいに自分で指にあっててみるとやっぱり美しい曲なのは確か。ブロともさんの思い入れのある曲だそうで、気持ちよく弾いてもらえるように伴奏したい。

夜は、(練習会で弾く曲とは何の関係もないけれど、)モーツァルトのヴァイオリンソナタKV304を、楽譜を見ながらCDで鑑賞。
前にも書いたような記憶があるけど、この2楽章は絶品です!いつか誰かと合わせてみたいな~


Mozart - Violin Sonata No. 21, E Minor, K. 304 [Szeryng/Haebler]
タワシのCDとは別の演奏ですが、この動画が楽譜つきで、しかもこれもなかなかよい演奏なので貼っておきます。第2楽章は6分50秒あたりから。

<今週の録音>Wiegenlied(子守唄)(ヘラー)

  1. 2017.
  2. 10.
  3. 07
  4. (Sat)
  5. 10:08
今回のシューイチは、珍しくグランドピアノでの録音です♪
弾き慣れたデジピのほうが、断然気軽にUPできるのですが、ぜひ生ピアノの演奏で聴きたい、という一部(?)の方のご要望に、お応えいたしました~
1ヶ月前にグランド練習に行ったときに録音したものです。

曲は、ハンガリー生まれで、ロマン派の作曲家、ピアニスト、そして教師であったステファン・ヘラー(Stephen Heller 1813-1888)のWiegenlied(子守唄)です。
ヘラーは、ピアニスト、教師として活躍しつつ、ピアノ曲を中心に数多くの作品を残しましたが、現在それらは練習曲など一部を除き、ほとんど忘れられています。
今回お届けするのは、1851年に出版された「3つの小品」(作品73)の第3曲。
バルカローレふう、8分の6拍子の、優しい子守唄です。
それでは、どうぞ~♪
[広告] VPS

Wiegenlied(子守唄)(ヘラー)

リコーダーで、豆を吹いて遊んではいけません。

  1. 2017.
  2. 10.
  3. 06
  4. (Fri)
  5. 11:41
職場の事情で、今日は午後からの出勤になりますので、こんな時間ですがブログ書いてます。
さて、昨日は年休でした。
ひさびさにピアノ弾き篭り、という計画もあったのですが、せっかく気持ちのいいお天気だったので、外に出てリフレッシュすることに。
地元の大学の学食でランチして、大学図書館に立ち寄り、公園のようなキャンパス内をしばし散策。
その後、自転車で教会に行き、無人の教会堂で、笛(ソプラノリコーダー)を一時間ほど、ピアノを10~15分くらい、練習してきました。
リコーダーはまだ若干音程が安定しない箇所があり、要練習ですが、音色はだいぶよくなってきました。
アンサンブル練習会でピアノと合わせる「お菓子と娘」のほか、「椰子の実(大中寅二作曲)」や「びいでびいで(平井康三郎作曲)」など遊び吹きしました。

タワシのMY楽器は、ずっと、これ。

一言で言うと、学校教育用のプラスチック製の中での最上位機種、というとこです。
コスパ抜群!つまり、お値段の割りにはとってもいい音出ます!
(このブログのどこかに、タワシの演奏している音源がありますョ)
でもやっぱり木製のリコーダーほしいなあ。実力相応の、初級者用モデルでいいから。
ウチにもあるにはあるのですが、楽器というよりも民芸品というほうがいいような~(汗)
音は出ますけど音程かなり狂ってて、とてもじゃないがアンサンブルで使えた代物jじゃないのです。

笛の話のついでに、図書館で見つけた面白い本を紹介します。
「楽器の絵本 リコーダー 」


子供向けなのですがなかなかマニアックな内容まで網羅しており、リコーダーの歴史や製造工程など、この本で初めて知ったこともたくさんありました。
いっぽう、やっぱり子供向け?とほほえましく思ったのが、楽器の取り扱い&演奏上の注意を記したページ。
リコーダーで戦争ごっこ、というのは、まあ元気のいい男の子だったらやりかねないですけど、
「豆を吹いて遊んではいけません」には笑いました。
あと「ガムをかみながら吹いてはいけません」って?そんな器用なこと、タワシには絶対無理です~(爆)

温かみのあるイラストにも好感が持てますね。
このシリーズ、フルートやヴァイオリンなどいろいろ出ています。もちろんピアノも!
ピアノより先にリコーダーを読みましたが(笑)、他の楽器のも順次読みたいと思ってます。

P.D.パラディエス「ロンド」(練習3日目録音あり)

  1. 2017.
  2. 10.
  3. 03
  4. (Tue)
  5. 09:47
ひさびさ登場!練習3日目シリーズ(そんなの誰も期待してないと思いますが・・・爆)です。
Pietro Domenico Paradisi (またはParadies)(1707 - 1791)の「Rondo」にチャレンジしてみました。
PTNAのサイトによれば、「イタリアの作曲家。数多くのオペラの他、ハープシコードやオルガンのための協奏曲や声楽作品を作曲した。ハープシコードの指導にもあたるなど、教育家としても活動した。」とのことですが、不勉強にして知りませんでした~汗
チェンバロをやる人にはおそらく馴染み深い名前なのでしょうが、ピアノで弾く人は少ないからですかね・・・?
34876.jpg
Pietro Domenico Paradisi

Paradiesというと、タワシはすぐ「シチリアーナ」というヴァイオリン小品が有名な、幼くして失明した女性作曲家を思い出しましたが、そのひととは別人でした。(なお、このシチリアーナも偽作であることが分かった、と聞いてます)

Rondoとありますが、もしかしたら何かのソナタの一部分かもしれないです。
YouTubeちょっと検索してみたところ、 [Paradisi (or Paradies),Rondo] では該当する動画がないようですが、
曲自体はいかにもイタリアの作曲家の作らしく、親しみやすく分かりやすいもので、とっつきやすいと思いました。

タイトルにあるように今日で練習3日目です。
いうまでもありませんが、BEFORE版とも呼べない段階です。
装飾音はかなり端折りました(笑)しかしそれでもすっぽ抜けたりもたついたりしてます。
ミスタッチ、音抜け、言うまでもありませんが たっぷりあります。
その辺ご理解のうえ、文字通り「好奇心」のある方だけどうぞ~






P.D.パラディエス「ロンド」(練習3日目)

<今週の録音>おもちゃの兵隊の行進曲(カルガノフ)

  1. 2017.
  2. 09.
  3. 30
  4. (Sat)
  5. 22:39
今週は、ロシアの作曲家カルガノフ(1858-1890)の「子供のためのアルバム(作品50)」の第1曲、「おもちゃの兵隊の行進曲」を弾いてみました。
タワシが初めて弾く作曲家です。
このひとの名前、表記がいろいろあって(Gennari Ossipowitsch Karganow、Génari Karganoff、Gennary Korganovなど)、どれが一般的なのかもわかりません。
生涯についても詳しいことは知られていないようですが、ロシアに帰化したアルメニア人で、カール・ライネッケの弟子であり、ピアニスト、作曲家、教育者として活動するも、若くして亡くなったとのこと。
YouTubeで、彼のピアノ曲のいくつかを聴くことができました。
作風はチャイコフスキーによく似ていて、叙情的で流麗なロマン派らしい音楽の中に、時々ロシアの土の香りが漂う、という感じです。

「ユーゲントアルバム」といえば、シューマンや、そのチャイコフスキーのものが有名ですが、カルガノフのそれも、親しみやすく愛らしい作品ぞろいでなかなか楽しい曲集になってます。
シューイチでも今後、このアルバムの中の他の曲を紹介する予定です。

今回弾いた第1曲「おもちゃの兵隊の行進曲」は、おもちゃならではの可愛らしさと、軍隊行進曲らしい勇壮さを併せ持つ小品です。
特に、左手が主旋律を堂々と歌う中間部は、スーザのマーチのイメージで弾きました。
が、今回も練習不足&生来のリズム音痴ゆえ、満足いく演奏はできず、時間切れ・・・
タワシの体内時計は、絶対に8分の6拍子で時を刻んでいると思うので、4拍子系の曲はリズムやテンポをキープするのが実は結構苦手だったりします。汗
そのあたり、広~い心で目をつぶってくださるとありがたいです。
それでは、どうぞ~♪
[広告] VPS


おもちゃの兵隊の行進曲(カルガノフ)

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a